スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】鋼の錬金術師 FA 第17話「冷徹な焔」

先週から、新シリーズの第一幕が始まりました。
ヒューズ准将の死から始まったこの事件が
マリア・ロス少尉を巻き込み、大きな一つの事件へと発展します。

他にも、バリー・ザ・チョッパーが重要人物となり、
ジャン・ハボックやラストなどが活躍します。
このメンバーに他のホムンクルスや
マスタング、アル、ホークアイなどが絡まり、
物語は大きく動き始めることとなります。


では、今週の感想です。


バリー・ザ・チョッパーの妙案

これは私だけなのかもしれないが、
原作を読んでいてもこの妙案になかなか気づけなかった。
それほどまでに巧い策だったのかもしれまい。
今回のバリー・ザ・チョッパーの行動には、
妙案ともいえる行動があったんだよね。

牢獄を襲撃したバリー・ザ・チョッパーが
なぜマリア少尉だけでなく、リンも解放したのか。
詳しくはネタバレになるため伏せるが、
私がこの行動の意図に気づいたのは、
原作を3回くらい読み返したあとだった。
いま確認したら後でしっかりと理由が書かれてたわけだが・・・・。

以下、ネタバレ(反転して読むことが出来ます)

というのも、リンを解放することは計画に含まれてなかった。
ではなぜ、バリーはリンを解放したのか。
それはシン国から密入国してきたと言う経緯があったからだ。
密入国するルートを持っているということは、
密出国することも可能であると言うことだ。
当初、マスタング大佐がマリア少尉を解放する作戦を提案したんだが、
このときに死体をでっち上げた後のマリア少尉のその後までは、
ほとんど作戦に含まれて居なかった。

しかし、バリーが牢獄内でリンを解放したことにより、
リンとバリー、そしてマスタング大佐の思惑が一致し、
早急なシン国への密出国が可能となったというわけだ。
バリーがリンを解放していなければ、
マリア少尉が早急な出国をすることができず、
なにかと危険な状況が作られてしまったかもしれないのだ。
そう考えると、あの場面でリンの状況を知り、
即座にリンを解放することを判断したバリーは賞賛に値するかもしれない。


以上、ネタバレ

とまぁネタバレ満載で今週の感想は書いたわけですけど、
私はバリー・ザ・チョッパーがお気に入りキャラの一人なので、
こういった行動をして活躍してくれたことが嬉しいんですよ。


というわけで、今週の感想はここまでです。

拍手&コメントしていただけると非常に嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
こちらはにほんブログ村のランキングに影響されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

【アニメ】鋼の錬金術師 FA 第15話「東方の使者」

第2章に突入しましたね。
東方からの使者ということで、
今後の展開で重要人物となる4人+1匹が新登場。
詳しくは、感想部分にて。

そして、累計20000アクセス有り難うございました。
正直、今年中に2万行ければいいほうかなぁと思ってたので、
想定より随分と早い達成に感激です。
読んでいただいた皆様、有り難うございました!

で、連絡になりますがこれまで感想のタイトルを
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』としてましたが、
以後は『鋼の錬金術師 FA』と略称させて頂きます。
というのも感想をアップした後、
タイトル部分が切れてしまうので短くするためです。


では、今週の感想です。


東方からの使者

新キャラ登場!
第2章に突入したところで、シン国が絡んできます。
前作『鋼の錬金術師』では未登場だった重要人物が
いよいよ物語に登場しましたね。
シン皇帝の第十二子、リン・ヤオ。
その部下、ランファンとフーじいさん。
この3人がエドやアルと行動を共にします。
同時に、スカー側にもシンからの使者が。
シン国の第十七皇女、メイ・チャン。
メイはスカーやヨキと行動していきます。
いづれも今後の物語に重要な人物になりますね。

メイがスカーと合流するのは原作より随分早いですね。
原作通りなら、もう1~2回戦いがあった後での合流となり、
コマンチじいさんとの戦いも早かったですね。
このメイが早めにスカーと合流したことで
何かオリジナルの展開があるのかもしれません。

声優OK
このシン国からの使者たちの声が気になってましたが、
非常にマッチングしていて良かったと思います。
イメージどおりの声でした。
誰がやってるのかを見逃してしまったので、
詳しくはわかりませんが、個人的にはOKですよ!

今後は・・・・
いま軽く単行本を振り返ってたのですが、
今後はやや鬱展開が続きますね。
人が死ぬってことはあまりないんですけど、
鋼の錬金術師としては重い話が続きます。
ヒューズ准将の死にも関わってきますし、
マリア・ロス、ジョン・ハボック、バリー・ザ・チョッパーなどが
大きくストーリーに関わってきますね。
ここからは面白い展開が続いていきそうです。


というわけで、簡単ですが今日の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると非常に嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
こちらはにほんブログ村のランキングに影響されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

【アニメ】鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第14話「地下にひそむものたち」

先週は所用で視聴することができなかったので
感想書けませんでした。申し訳ないです。

どうやら、今週で第1章が終了するようで、
次回からは第2章が始まるようですね。
シン国というアメストリス以外の国の人物が絡み始め、
物語としてもここからが大きく動き出します。


では、今週の感想です。


ブラッドレイ凄いなぁ

漫画ではいまいち伝わりにくかったんですが、
アニメとして見ると、どれだけブラッドレイが
凄かったのかがわかりますね。
グリードも最強の盾ということで体の硬化ができますが、
ブラッドレイの動きが硬化するスピードを遙かに上回ってました。
つうか、本当に動きが速かったなぁ。
一応、歳を取るホムンクルスらしいから老化もしてるんだろうけど、
けっこうな歳なのにこれだけの動きをするブラッドレイは凄いわ。

そして、アニメしか見ていない視聴者としては、
ブラッドレイがホムンクルスというのが判明したのは初めてなのかな。
最強の盾がグリードで、最強の矛がラストで、
ブラッドレイ(ラース)は最強の目を持っているということです。
残りのホムンクルスで登場していないのはスロウスとプライド。
どちらも中盤の後半から登場するからしばらくは出てこないでしょうね。
ついでに、お父様と呼ばれる存在が登場するのも初めてでしょうか。
今回は顔がちょっとだけ現れただけで、
全体像まではわからなかったですが、3章くらいでわかるでしょう。

そして、アルが遂に覚醒!
アルが真理の扉を思い出すのってこんなに早かったのか。
てっきり中盤以降だと勘違いしていたんだけど、
アニメでいう第1章の最後で真理を思い出しましたね。
第2章からはアルも練成陣なしでの練成が可能になり、
戦力的にも大幅にアップしたことになります。

次週からは、第2章ということで、
1クールごとに1章、2章と変わっていくようです。
ついでにOPとEDも変わるみたいですね。
ということは、24~26話前後で第3章に突入するのでしょうか。
第2章はブリッグスに行く直前くらいまでやるのかもしれないですね。
これまでは、日常のエピソードも多かったですけど、
これからは毎回が目の離せない展開になりそうです。


では、今週の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると励みになります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村のランクングに影響されるようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

では、また来週!!!

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

【アニメ】鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」

今週は修行時代がメインの話になってましたね。
原作ではコミックス第6巻くらいの話でしょうか。
ですが、なんか、いろいろとカットされてましたね。
ここまで原作の話を切り詰めたのも初めてなのか?
話そのものをカットすることはあっても、
話の中身をこれほどカットしたのは初ですね。


では、今週の感想です。


二人の師匠、イズミ・カーティス

イズミさんとエドたちの出会いはリゼンブールでの洪水事故。
ここで弟子入り志願してから修行に入るわけですが、
アニメではその間のやり取りが省かれてましたね。
漫画版では、イズミさんとピナコのやり取りや
ウィンリィとの約束などなどあったわけですが、
さくっと修行内容の無人島生活が始まりました。
時間的な問題もあるんでしょうけど、

無人島生活の中でも邪魔者の登場がカットされてますね。
漫画版ではメイスンという肉屋従業員による妨害があったんですよねぇ。
この妨害者とのバトルを通して体力的に鍛えてたはずですが、
まぁその辺はサクサクっとカットして進んでいきました。

ん~リゼンブールでのやり取りをカットするのは仕方ないとしても、
メイスンさんの登場までカットしたのはどうだろう?
あそこで妨害者が居てからこそ鍛えられるものもあったろうし、
ちょっとメイスンさんのカットは意外でした。

錬金術を一切使わない精神面、体力面を鍛えるための修行。
そして、無人島生活を通じて世界の理を理解するための修行。
それだけに、メイスンさんの未登場が惜しまれる。
その代わりに、エドが飢餓の極地に達してしまい、
周囲のものを御馳走(?)と勘違いして食べてしまう描写がありました。
この出来事を通して、自分達が生き物を殺して食べて生きてることを感じ、
食物連鎖の成り立ちと世界の成り立ちを学習したわけですね。
今回のタイトルになっている「一は全、全は一」という言葉に、
自分と世界を合わせた答えを導き出したと。

そして今週は、なんだかんだでイズミさんの真相まで行きましたね。
なぜ、イズミさんが練成陣なしで練成ができるのか。
エドも同じ状況になっているだけに予想は出来ていたようですが、
イズミさんも自分の子供を救う為に禁忌を犯し、
内臓を代償にして真理を見ることが出来たというわけか。
エドたちが行なった練成とはやや異なり、
まだこの世に産まれていない存在を練成するつもりだったようで、
おそらくですが、成功率が低いことも自覚してたんでしょうね。
それでも、わが子のために練成を行い、
非常に大きな代償を支払わざるを得なかった。
その結果はまた後の物語で語られることでしょう。

それにしても、イズミさんの声がイメージ通りでよかった。
また、高い声の人が採用されるんじゃないかと思ったけど、
逆にちょっと低すぎるくらいの声でしたね。
あぁというか前作から変更されてないんですね。
どうりで違和感があまりなかったわけだ。
シグさんも前作と変更されてないようですね。

あれ?そういえば、破門されましたっけ?
ちょっと最後の方、しっかりと見てなかったんですけど、
イズミさんから破門されたところありました?
破門のストーリーも削られてしまったのだろうか。
私の勘違いかもしれないですけどね。

次回は、物語序盤の大舞台。
VSグリード編に突入ですよ!
何気にこのグリード編は重要だったりしますので、
今週みたいにカットを満載しないでほしいなぁ。
2~3話くらいかけてじっくりやってほしいところです。



では、今週の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると励みになります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村のランクングに影響されるようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

では、また来週!!!

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

【アニメ】鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第11話「ラッシュバレーの奇跡」

今週は原作に比べて大きく物語りがカットされてましたね。
銀時計を盗まれる前の腕相撲対決であったり、
パニーニャとの街での戦いも移動中の戦いとなっており、
1話で綺麗にまとめてくれました。
ラッシュバレー編はコミックス第6巻の半分くらいを占めてるんですけど、
確かに、ラッシュバレーで2話もかけるわけには行かないでしょうし、
かといって出産の立会いをカットするわけには行かないとなると、
なかなか上手い纏め方だったと思います。


では、今週の感想です。


生命

本作の大きなテーマとなっている『生命』。
今回のラッシュバレーの物語にはその大切さと尊さが
実際の誕生を体験することによって学ぶという
何気に重要な要素が含まれていました。
もともと、エドとアルの旅は、人体練成から始まっていますが
人体練成が人を創るということに対し、自然の出産に立ち会ったことで
生命の大切さをエドとアルは学んだわけですね。

オートメイルの聖地、ラッシュバレーに辿りついたエドたち。
色々と話はカットされてましたが、非常にオートメイルが盛んな街で
オートメイル同士による腕相撲大会が行なわれたりします。
そんなゴタゴタの中、パニーニャという女の子に銀時計を盗まれ、
ウィンリィの興味本心からドミニクという技師の下へ・・・・。

そこで立ち会った生命の自然からの誕生。
「肝心なとき俺は無力だ・・・」
生命の誕生という神秘の前に錬金術師の無力さを感じたエド。
錬金術師は何百年もかけて人を創ることを研究してきたが、
それはあくまで理論上のもので自然の誕生では、
まったく何の役にも立たなかった。

自然と産まれてくる生命と人によって創られる生命。
どちらも同じ生命だけど、自然な誕生を体感し、
その神秘性や尊さに触れることで、今後の二人の行動に
少なからず影響を与える出来事になったと思う。
賢者の石の材料は人の生命だということや、
自分達が作り出してしまった一つの生命、
多くの人の命を犠牲にして産まれたホムンクルス
などなど『生命』というキーワードが重要な本作。
これからも色んなところで『生命』が絡んでくるけど、
エドとアルには頑張ってもらいたいです。


というわけで、ちょっと短いかもしれませんが今週の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると励みになります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村のランクングに影響されるようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

では、また来週!!!

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。