スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年20号 感想

FFⅩⅢの体験版がFFⅦのアドベントチルドレンの
Blue-ray版に付属されるらしいですね。
私は、PS3をまだ持ってないので買う気はないんですが、
プロモーションムービーを見ていると、
本当に綺麗だなぁと感嘆してしまいます。

FFⅩⅡの時もあまりの映像の綺麗さに購入したわけですが、
ⅩⅡはどうもストーリーが微妙だったからなぁ。
システムやモブなどは斬新で良かったと思うんですけど。
ⅩⅢの雰囲気がⅦと似ていそうなので、
ストーリーも名作と言われるものを用意して欲しいですね。


では、今週の感想です。


【巻頭・BLEACH】
「だったら、俺の左腕と左脚も斬れ!」
って言葉が出た瞬間、え?って思ってしまったのは私だけ?
こいつら、当初の目的を完全に忘れてないですか?
なんで乗り込んだかって、織姫を助けるためなんですよ。
いまの黒崎の目的は完全にウルキオラと勝負をつけることになってますよね。
正々堂々と勝負したいって気持ちは分からんでもないが、
そのためにわざわざ自分の左脚と左腕を斬れって言うのはどうかと。

だって、ウルキオラ倒しても藍染やギンが残ってるわけですし、
再生能力が完全に使えるわけでもないのに、
ウルキオラとの勝負のためだけに左腕と左脚を斬って戦い、
仮に勝てたとしてもその後の戦いはどうするつもりだったんだろう。
確かに、織姫の修復能力や今週見せた超速再生を使えば
腕や脚の一本や二本は簡単に再生できそうだけど、
そのためには、能力を使うことによる疲労もあるわけで、
その隙に戦闘になって負けたとなれば本末転倒じゃないか?
それに左脚と左腕斬ったら、普通バランス取れなくて戦いどころじゃなくなりますよ。
ウルキオラが立ってられても、黒崎はどうやっても立てないですよ。
まぁそんなわけわからん事態になる前に、
ウルキオラが限界を迎えて散っていったわけですが、
正直、これでよかったと思うんだ。
さすがに、今週の黒崎の行動(というか発言)は理解できなかった。

で、これで虚園に残っているエスパーダは居ないわけで、後は脱出するだけなんだが、
普通に藍染の居る戦場に向かいそうだな。
次週からは、またカラクリ町の戦いになるのかな。
そろそろ、山本総隊長が本気で戦い始めそうですね。


【ONE PIECE】
イワさんは革命軍の幹部だったんですね。
ドラゴンとも同胞と言ってることから旧知の仲なのかもしれない。
幹部ってポジションを考えると、結成時から参加していた可能性もありそうです。
そのイワさんは、白ひげ海賊団VS海軍という世界的な危機でも動くつもりはなかった。
ドラゴンが軍を率いて動く時、イワさんも動くというが、
これは、やはり囚人をも巻き込んで脱獄するつもりだったのかな。
ドラゴンの援護に向かうために、インペルダウンの凶悪な囚人を一斉に解放し、
その囚人を仲間にするなりして強力な味方とする。
って考えがあったのかもしれない。

ですが、ルフィがドラゴンの息子ということを知り、
同時にそのルフィの兄貴であるエースもドラゴンの息子であることも知る。
何気にイワさんに言われるまで気づかなかったんだけど、
エースを処刑するとなれば、ドラゴンの軍が動いてもおかしくはないですよね。
一応、自分の息子なんですから。
海軍にしてもイワさんの言うとおり、白ひげとドラゴンを同時に相手にするという
ことは危険が大きいと思いますし、メリットもない。
しかし、幹部であるイワさんにドラゴンが動くという情報が入ってない以上、
おそらくドラゴンの軍は本当に動いてないと思われる。
息子のためだけに軍を動かすつもりはないだけだと思うんだが、
軍が動いてなくてもドラゴンが一人だけ動いている気はするなぁ。
かつて、ローグタウンでルフィを助けたように、
何気に一人だけでインペルダウンに向かっていそうです。
本当にこの場にドラゴンが現れると、物語が盛り上がるだろうなぁ。

そして、遂にルフィたちが脱獄を再開。
ボンちゃんが倒れたけど、イワさんとイナズマという心強い味方を得た。
イワさんもイナズマもLEVEL5以上の囚人ということなので、
予想以上の戦力となってくれそうです。
ですが、ニューカマーランドの人達はイナズマ以外付いて来なかったのか。
それとも、別のところで作戦をするために動いているのだろうか。
どちらにしろ、エース救出に向かったのはルフィ、イワさん、イナズマの3人ということですね。
イナズマも革命家だったところを見ると、ドラゴンの同志なのかな。
南の海の活動でもLEVEL5だと言うことは、そうとうの実力者なのかもしれない。

一方で、インペルダウン側も事態の深刻さを知り、
マゼラン、ハンニャバル、ドミノ、サディとLEVEL6での総力戦になりそうです。
また、外で待機している中将5人の動きも気になりますね。
中の騒ぎを知ったら制圧に現れるかもしれないです。
こんなに盛り上がってきたのに、次週休載か。残念。


【家庭教師ヒットマン!REBORN】
最近のバトルで目立ってなかった女性陣が活躍してます。
リボーンで今回のようなサービスカットが出てくるのは珍しいかもしれない。
家事をボイコットされた女性陣に変わり、自分達で家事を始めるわけだが、
さすがに洗濯を上手くできないってのは中学生としてどうなんだろう?
いくら中学生でも洗濯くらいは出来るだろう。
しかも、4人も中学生が居るんだから何とかなる気もするが。
まぁ彼らがあまりにも不甲斐なかったってことにしておこう。

で、最終的にツナは京子やハルに真実を話したわけだけど、
これはもしかすると京子やハルがこのバトルに参戦する可能性も出てきたぞ。
なんか、こういった展開を見ると彼女達もボックス兵器で戦いだしそうで。
特に、治療系や戦闘補助系のボックス兵器ってのはまだ出てないと思うし、
彼女達がそういったボックスでツナたちのサポートに入りそうだ。


【べるぜバブ】
アシッド君の持ってる銃はなんで溶けないんだ?
コンクリートを溶かしていることから、硫酸かなんかだと思うんだけど、
わざわざ硫酸を入れても溶けない銃を作ったんだろうか?
なんか、脇役にしては手の込んだ武器だったのに驚いたなぁ。

まぁアシッド君のことは置いといて、
ヒルダさんは薬で痙攣させられていたんだな。
いきなりの襲撃の後に薬でおとなしくされたから、反撃する暇もなく捕まったのか。
それにしても、先週から古市が結構活躍してますよね。
今週もヒルダさんを助けようとして飛び出したシーンはカッコよかったなぁ。
案外、彼の存在は今後のストーリーに大きな影響を与えそうです。

そして、男鹿は姫川の電話を聞いた後、
とりあえず、近くにいた姫川の部下を蹴散らしたんだろうな。
で、その後、アランドロンを利用しての敵陣突入。
う~ん、アランドロンの使い方を心得ているなぁ。
確かアランドロンは次元転送悪魔だったと思うんだが、
どういった原理で移動しているんだろうか。
どこかに入り口があって、そこに入るとアランドロンから出れるのか、
アランドロンから入って、アランドロンから出るのか。
まぁその辺りのことはおいおいわかっていくのかもしれない。

次週は、姫川が男鹿に対してどういった戦い方をしてくるのかが気になるなぁ。
買収には男鹿は応じないだろうし、実力もおそらく男鹿には及ばないでしょう。
となると、やはり人質を盾にした作戦をするのかなぁ。
まぁ最後はベル坊の電撃で終わるんだろうけどね。


【バクマン】
先週から今週にかけて編集会議の中身が公開されてますね。
編集長、副編集長、班長たちがメインとなり次期連載漫画を決定する。
最初に、会議メンバーが作品を読んだ講評を書き、
その講評を全て読んでから編集会議に入る。
編集会議では、「あり」と「なし」の二つに作品を分け、
「あり」が定数内だとそのまま連載、定数以上なら再度選考という流れ。
そして、今回、その一部始終が語られましたが、
おそらく実際の連載会議もこういった雰囲気なんでしょうね。
なんか漫画と分かっていても、本当の連載会議を見ているような感じになりましたよ。

ついでに、担当のことも話されましたね。
漫画家の発掘者=担当者とは限らないわけで、
抱えている漫画の数によっては、他人が担当者になることもあると。
実際に、担当者は連載が続けば変わっていくわけだし、
服部さんから別の人に変わるって可能性も高いですね。

そして、結果的にベテラン2本、新人2本の連載に決定。
新人が2本のうち、1本は天才型の平丸一也の「ラッコ11号」かなぁ
編集長の受けも良かったし、他の議員からの批判も少なかった。
もう1本は蒼樹&中井の「hideout door」だと思います。
個人的な予測ですが、亜城木も福田も練り直しになったと思うんですよ。
何気に、両作品とも酷評が多かったしね。
トリック物を書くとなると『DEATH NOTE』並みのトリックが必要になると思うし、
確かにジャンプで探偵物っていうのは難しいかもしれないですね。
ですが、マガジンには『金田一』シリーズ、サンデーには『名探偵コナン』があるだけに、
ジャンプの推理漫画はこれ!って作品が欲しいですね。

それは置いといて、
金未来杯受賞作が即連載にはならず、ある程度時間が空いてから連載ってことは少なくない。
『ぬらりひょんの孫』も受賞したが、『MUDY』の方が先に連載されている。
おそらく、亜城木と福田には練り直して挑戦する連載ではなく、
中期、長期連載を狙える作品に仕上げてから連載させようとするのかもしれないです。
『MUDY』の位置になるのが、『hideout door』になるのかな。
まぁ勝手な予測ですけどね。


【PSYREN】
シャオが瞬間移動に読心、アンチサイキック能力まで持っているとは。
かなりの万能になりましたよね。
そんなシャオと雨宮が協力してシャイナをフレデリカの射線上に誘導。
同時にフレデリカの溜まりに溜まった炎がシャイナに直撃。
と思われたけど、間一髪で逃げていたようですね。
シャイナは今後、どういった行動を取るつもりなんだろうか。
シャオの予想では大軍で攻めてくるらしいが、案外今回は手を出してこないんじゃないかな。

今回は、このまま根でエルモアと再会して、クリアすると思うんだ。
ヒリュウは落ちただけだからなんとか助けれそうだけど、
朧はほぼ敵陣に捉えられた状態だから救出は難しいだろうね。
次週は遂にエルモア・ウッドの子供達が生き残った理由が明らかになるのかな。
ついでに、ヴァンの性格の変化についても語られるんでしょう。
はたして、なぜエルモアチルドレンが生き残ったのか。気になりますねぇ。


【SKET DANCE】
今回助けた子供ってたぶん椿だよね。
前回登場したときも、なんとなく目の辺りが似ていると思っていたけど、
本当に椿だとは思わなかったからなぁ。
今回の格闘技(空手)を習っていることや、
髪を切ってコンタクトにしてみようということからも、
おそらく、後の椿となるんだでしょう。

今回のボッスンに助けられたと言う記憶はあっても、
その助けてくれた相手の顔が見えてないだけに、
誰が助けてくれたかも分からないんでしょうね。
皮肉なことに、後にライバル同士になったわけですが、
互いの名前も知らず、顔も分からなくなって記憶と一致しないんだろうな。
そして、ボッスンがスケット団を結成することに至ったきっかけ、
椿が悪を憎み強くなっていったきっかけは、同じ出来事だったんですね。
ある意味、ボッスンも椿もリョウスケによって人生を変えられた人間なんだよな。

そして、ボッスンは人を助けて生きていくことを決意するわけですが、
次週もボッスン過去編になるのかな?
流れ的にこのまま通常の話に戻りそうな気もするが、
スケット団結成までやるのかな?
この辺りで前編終了になって、スイッチの後編やってから
ボッスンの後編に入ると思うんだけど、どうなるかなぁ。


【魔人脳噛探偵ネウロ】
次週は最終回ですかね。
案の定、ゼラの繋がっているという部分から魔界へ帰還したネウロ。
そして、ヤコたちの世界に来れたのは単なる偶然であることが分かる。
ただ単純に人間界に行こうと思い、着いた先がヤコの居る世界だったわけだ。
次に人間界に踏み込むときには、全く違う世界へ着くかもしれない。
遥かなる未来かもしれないし、平行世界の可能性もあるとネウロは語る。
そこには、既に人類が絶滅した可能性もあるわけで、
謎が生成される世界かどうかもわからないと。
そこに、ヤコは「早く帰って戻って来い」と声をかける。
ネウロの謎は自分達人間が守ってみせると。
そして、ネウロが戻ってきた時にすぐに自分を見つけられるように輝くと。
その言葉を聞いて、ネウロは安心して帰っていったんだろうな。

そして、いきなり3年後に跳ぶわけですが、
何やら自衛隊の集結している場面にヤコが居ますね。
はたして、ヤコはどうなっているんでしょうね。
探偵として一大地位を築きあげているかもしれませんし、
国家に影響を及ぼす存在になっているのかもしれません。
一瞬、総理大臣か!とも思いましたが、年齢的に無理だしなぁ。
3年間の間でどのような活躍をして輝いたのかが気になります。
次週はいよいよ(おそらく)最終回!
ネウロは戻ってきたのか、ヤコはどうなったのか。
非常に気になりますが、4年に及びジャンプを支えてくれた
名作漫画の最後を楽しみにしましょう!


【ぬらりひょんの孫】
ゆらがリクオを信じた結果、ゆらと兄がバトルすることに。
しかし、修行中のゆらが一人前の陰陽師として活躍している兄にかなうわけもなく、
あっという間に撃破されてしまいましたね。
兄のいう技名ですが、確かにこれは正論ですよね。
ゆらの名前は如何にも中二っぽい命名ですが、
兄の技名は、それすら戦略の一つであり、勝つための作戦なんですね。
まぁ少年漫画である以上、技名をある程度叫びながら攻撃するのは仕方ないんですが、
わざわざ敵の目の前で技名をいう必要もないんですよ。
相手がその技が何かを知っていれば、技名を聞いただけで対処法がわかるわけですから。

そういえば、『ぬらりひょんの孫』では、
技名を言っているシーンはゆらちゃん以外ほとんど見ないですよね。
特に、妖怪が使う技はアオリ文で表記されてるだけで、
実際のキャラクターが技名を叫ぶことは少ないんじゃないかな。
椎橋先生は意識して技名を叫ばせなかったんでしょうね。

ゆらのピンチにリクオが妖怪化してしまうけど、
陰陽師2人相手にどう戦うのかが気になりますね。
兄の方はどうにかなりそうですが、ゆら以上の才能を持つまみるがどう動くか。
まみる相手には、リクオも苦戦を強いられそうだな。
そして、この戦いを凌げたとして、
リクオはゆらにどういった説明をするつもりなんだろうか。
目も前で変化してしまった以上、誤魔化すことはできないし、
ゆらの"人間"だよね?の問いかけに嘘を付いたことになる。
今回の出来事がゆらとリクオの関係に大きなヒビを入れそうです。


【総括】
『フープメン』、『ぼっけさん』あたりが打ち切り候補かなぁ。
先週辺りからだんだんと順位が下がってきています。
『フープメン』は何気に面白そうだったんですけど、
『黒子のバスケ』の人気に食われてしまったのかなぁ。
『ぼっけさん』も興味深い話でしたが、この順位はちょっとキツイでしょう。
おそらく、編集会議も終わっているだろうし、次の新連載は2~3本でしょうね。
『魔人脳噛探偵ネウロ』、『フープメン』、『ぼっけさん』の3本が終了し、
新連載2本+『HUNTER×HUNTER』かなぁ。
ハンターの復活がなければ、新連載3本でしょうね。
まぁ、次の連載作家に期待したいところです。


というわけで、今週の感想はここまでです。

拍手&コメントしてくれるとモチベーションが上がるので嬉しいです。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると幸いです。
にほんブログ村というサイトのランキングに影響するみたいです。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村

おかげさまで現在、
アニメブログランキング 336位(7359サイト中)
アニメ感想ブログランキング 35位(668サイト中)
漫画ブログランキング 374位(6609サイト中)
ジャンプ感想ブログランキング 28位(1033サイト中)
となっております。


では、また来週!



スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

No title

>SKET DANCE
いろんな感想読んでると、意外と椿だと気付いている人が少ない気がするw
名前「つ…」って言ってたしw

Re: No title

コメントありがとうございます!
椿だと気付いてる人が少ないのは確かに意外でしたね。
意外と気付きそうで気付かないんでしょうね。

エスパーダ

まだヤミーが…

Re: エスパーダ

あ!ヤミーが残ってた!
完全に忘れてましたよ。
そういえば、先週登場してましたよね。
ルキア、恋次、チャドの3人とのバトルかぁ。
でもまぁ、一護と合流する前に3人で倒してるでしょう。

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。