スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】機動戦士ガンダム00 2ndシーズン 第23話「命の華」

いやぁ盛り上がってまいりましたね。
今作も残り3話となる中、良作といっても過言ではない展開になってきましたよ。
個人的には、当初の予想よりも随分と面白くなってきたと思っています。


では、今週の感想です。


やっぱり影武者でした

リジェネの謀反によりリボンズは射殺されたかに見えたが、
やはりそのようなことはありませんでしたね。
というか、ここでリジェネ死亡か。
もう少し頑張って欲しかったかなぁ。
もう一度でいいからティエリアとの邂逅があっても良かったんじゃない?
なんだかんだで、リジェネも状況をかき回して死んだだけだったな。
王留実みたいに残念な死に方だったかな。

というか、リボンズはこの展開を読んでいて、
あえて影武者ってか分身を用意しておいたかな。
リジェネの謀反は予想済みだったし、射殺展開も予想済みだったのかな。
それにしても、わざわざ影武者を用意してまでリジェネを驚かせたかったのか。
リジェネが銃を構えた時に、サーシェスに殺させても問題ない気もしたが、
展開としてはこっちのほうが盛り上がるし、まぁいいか。


アロウズ艦隊壊滅

グッドマンが死んで指揮官がいなくなった艦隊。
その後も、トレミィ、ガンダム、マネキン軍、カタロンによって残党狩りが進んでましたね。
で、超破壊兵器かつ衛星母艦の「ソレスタル・ビーイング」の攻撃でほぼ壊滅。
アロウズ艦隊がヤバイとわかると、さっさと見捨てるあたりリボンズらしいです。
というか、当初からそういった計画だったんだろうけどさ。
で、何気に気になったのが、すでに21隻以上沈んでんじゃね?ってこと。
先週のグッドマンの話だと、戦艦21隻、MS108機の部隊だったから、
先週から今週までカウントすると21隻くらい沈んでそうだな。
少なくとも今週だけで10積は沈んでると思うんだ。
アロウズ撤退って言ってたけど、せいぜい残っていても1~2隻な気がする。


イオリアの真の目的

姿を現した衛星母艦・ソレスタルビーイング
もう感想を書く上でややこしくて仕方ない。
リボンズ曰く、「人類を救済する箱舟」。
イノベイターが産まれた理由は、人類の救済だったんだな。
地球外生命体との対話を考えていたイオリアが、
脳量子波によって会話することの出来る存在、イノベイターを作ったってことか。
仮に、脳量子波によって会話することが出来ない可能性もあるだろうけど、
きっとこれくらいしか思い浮かばなかったんだろうな。

そして、会話が成立せず地球外生命体と戦う事態が発生した場合の
脱出策が衛星母艦である「ソレスタルビーイング」なんだろうな。
きっと、内部には自給自足が可能な設備があるんだろうね。
一方で、人類が地球外生命体と戦うことが出来るように、
刹那たちのソレスタルビーイングによって戦争を起こさせ、
各国の技術レベルを引き上げ、兵器開発を活発化させる。
と同時に、ソレスタルビーイングという各国共通の敵を作ることで、
3つに分かれていた世界を一つに纏め上げ、人類の意思を統一
その上で、ソレスタルビーイングのみが抱えていた技術である
GNドライブであったり、トランザムシステムのノウハウを
順次、人類に提供していくことで人類軍の兵器のレベルを向上させる。
そのために、刹那たちソレスタルビーイングには、
人類全体の敵として犠牲になってもらう。

こうやって考えると、物凄く理に適った計画だよな。
地球外生命体との対話を試みる方法としてイノベイターをつくり、
地球外生命体と対決することになる事態に備え、
ソレスタルビーイングによって分裂した世界を纏め
兵器レベルを向上させることに努めさせる
さらに、イノベイターにはMSを操るうえで超人的能力を与え、
対話、対決のいづれの事態がおきても
イノベイターが人類を統べることができるようにしてある。
対話なら唯一、地球外生命体と対話できる存在として、
対決なら超人的なMS操作術でエースパイロットとして戦うことが出来る存在として。
確かに、イオリア計画は地球外生命体との遭遇に備えた
非常に優れた計画
と言ってもいいかもしれない。

マブラヴ オルタネイティブ』ってPCゲームがあるけど、
あの世界では、人類が地球外生命体と戦うことになるんだよ。
で、その戦いの中でユーラシア大陸がほぼ占領され、総人口も5分の1まで減少。
男性が戦争初期でかなり死んでしまい、現在の兵士は女性がメインという
人類としてはかなり追い込まれている状況
そんな人類滅亡が迫る状況でも、世界の意思が一つに纏まっていないことで、
地球外生命体と戦いながらも、人類同士でも戦ってしまう事態が起きている。
国ごとによって自国の利益を優先する政策や兵器開発をしているから、
国同士が足の引っ張り合いを起こしているんだよなぁ。
マブラヴ オルタネイティブ』の世界のようにならないためには、
イオリア計画は非常に優れた計画だと思えるんだよ。


イノベイターの無駄使い?

無駄話が過ぎてしまったかな。
ヴェーダ奪還のためソレスタルビーイングへの突入作戦を敢行する刹那たち。
ソレスタルビーイングの砲塔を破壊しているときに現われたのが、
ガガという新兵器に搭乗した量産型・鮎置イノベイター
先週のリボンズの後ろに大量にいたのはこいつらかな。
しかも、戦うためではなくトランザムによって加速をつけての特攻
そのトランザムシステムを解析したビリーさんもいつの間にかリボンズ側に。
その数は明らかに108機は越えているだろうと思えるんだよ。
アロウズ艦隊以上の戦力をすべて特攻させるとは・・・・。
しかも、量産型とはいえイノベイターを108人も犠牲にする攻撃。
リボンズはイノベイターを無駄使いし過ぎだと思うんだ。
イオリア計画が↑で予想したような計画だとしたら、
イノベイターは一人でも多く生かしておくべき存在だと思うよ。
リボンズは、イオリア計画を若干誤解している気がしてきたよ。
あの数なら、普通にトランザムで戦わせた方が楽に勝てると思う。
敵はせいぜい5~6機なんだし。


不死身の男・コーラサワーの死

そんなピンチにやっぱり駆けつけてきてくれたカタロンとマネキン軍。
ガンダムとトレミィがソレスタルビーイングに突撃する中、
マネキンの母艦にガガが突撃を試みるが、

俺の大佐にぃぃぃ 手を出すなぁぁぁぁぁ!

大好きです カティ

・゚・(つД`)・゚・ 

この作品を支えてきた男がまた一人死んでいったよ。
こいつはこいつでいい奴だったよなぁ。最後に告白までしやがって。
でも、なんか生きてそうな気がするのは俺だけかな?
1stシーズンの最後もあの爆発なら死んだろ?
って思ってたのに、ちゃっかり生きてたし、
今回も戦後に、「大佐~」とか言いながらカティに駆け寄ってきそうだな。
不死身の男の名は伊達じゃないと思うんだ。


それぞれの戦いへ

ソレスタルビーングに散会して接近したガンダムたち。
そこに立ちふさがったのは、リボンズ軍の精鋭勢
刹那&沙慈 VS ルイス&アンドレイ
ライル VS サーシェス
ティエリア VS ヒリング&リヴァイヴ
アレルヤとマリー、そしてオーガンダムに登場したラッセがトレミィの防衛をする。

マリーがガガの突撃を直撃されたようだけど、
予告を見る限りでは生きてるみたいで安心しました。
トレミィ内にはオートマトンが進入
しかも、ビリーが指揮を取っているようで、
オートマトンの防衛に出たスメラギさんと対面しましたよ。

ライルはサーシェスに圧倒されてますね。
ニールの仇であるサーシェスですが、白兵戦ではケルヴィムは相性が悪いよな。
もともと射撃メインの機体だし、ライルも射撃の方が得意だろうし、
ライルはサーシェスに勝つのはちょっと難しそうだな。

ティエリアはヒリングとリヴァイヴによって即撃破
あまりにもあっさり過ぎた撃墜だけに驚いたけど、
ティエリアにとっては好都合だったようです。
運よく撃墜された場所が入り口の近くだったのか、
あっという間にリボンズとの対面を果たしていましたね。

刹那と沙慈はアンドレイ機を無力化すると、ルイスと対峙
沙慈によるルイスの説得が始まりました!
頑張れ!沙慈!
ルイスを説得して、二人で幸せな未来を築いてくれ!
そして、アンドレイはもう二人の邪魔するなよ!
なんか、立場的にすげぇアンドレイが邪魔してきそうなんだよな。


総括

次週、いろんなことが解決しそうです。
残り2話ってところでは、凄く盛り上がってきたと思います。
スメラギとビリー沙慈とルイス(+アンドレイ)あたりは来週で終わるかもしれない。
サーシェスはきっと刹那と対面するだろうから、ライルが生き残るかどうかだな。
アレルヤにはまだハレルヤの問題があるし、マリーもソーマのままだし。
きっと、トランザムライザーによる粒子の散布によって、
いろんな問題が解決するんだろうな。
ここまで見ただけでも、この作品は良い出来になってると思います。

まったく話は変わりますが、今週の感想で本作との比較対象にした
マブラヴ オルタネイティブ』はマジで面白いです。
というか、『マブラヴシリーズが面白いです。
もとは18禁ゲームなのですが、全年齢版も発売されており、
個人的に、凄く大好きな作品の一つです
全年齢版なら問題となったグロいシーンもかなり緩和されているみたいですし、
ロボットものが好きな方は、是非プレイすることをオススメします。
その辺のロボットアニメより確実に面白いと断言しても良いと思ってますから。
ただし、プレイ時間は『マブラヴ』シリーズ通して60時間くらいになります。

とまぁ、どうでもいい宣伝は置いといて、今週の感想はここまでです。
拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
ついでに、↓のこれも1クリックしてくれるともっと嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

では、また来週!
 
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第23話「命の華」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第23話を見ました。第23話 命の華リボンズの指示に従わず独断で動いていたリジェネが、ついにリボンズへ造反の意思を示し、リボンズの額をリジェネは銃で撃ちぬく。「フフフフフハハハハハハ!!これでイオリア計画の全てが僕のものに」「...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第23話

「命の華」 リボンズを撃ったリジェネ。だが、上位種というリボンズは、それでは終わらない。そして、その頃、旗艦を失ったアロウズごとな...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第23話「命の華」

炭酸は死んでいない、そう信じることにした(マテ

機動戦士ガンダム00 2nd season 第23話「命の華」

リボンズを撃ったリジェネ! 「これで、イオリア計画のすべてがボクのものに・・・」 なんてなるワケなかったー! 当然のように生...

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第23話 「命の華」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/12更新>前回(第22話 「未来のために」)の感想をポットキャストにて収録! 「スメラギは戦術予報士ではない?」、「00に一番欠けているもの」、「きたるべき対話とは誰と行われるべきものなのか?...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第23話 「命の華」 感想

1期ではちょうど先代ロックオンことニールがサーシェスと相討ちになったあたりですね。結局サーシェスは生きていましたが。今週は今週で微妙だったなぁwアバンからいきなりリジェネはあっさり殺されるわ、リボンズは普通に生きてるわでなんだかシュールでした。サーシェ

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #23『命の華』

残り2話でオシマイでしたっけ、これ。 「自分が思う程、代わりの利かない存在なんか無いんだよ」 ウッカリそんなメッセージを受け取りそうになった 機動戦士ガンダム00 2ndSeason『命の華』。 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [Blu-ray]宮野真守, 三木眞一郎,

機動戦士ガンダム00 2nd season「命の華」

アニメガンダム00感想。[:hide:] キラ・ヤマトの時も殺しても死なないのかとよくネットでも言われてたなあ。 と今日のリボンズとリジェネを見て思いだしました。 ガンダム00を見ていて前作の種や種運命を思い出す事は自然な事なのか、 うちの

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。