スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】機動戦士ガンダム00 2ndシーズン 第21話「革新の扉」

なんか、ルイスがぶっ壊れそうで怖いです。
今週は、ルイスの件も含めいろんな伏線を回収しましたね。
今週を含め、残り5話(?)くらいだからペースは良い感じです。


では、今週の感想です。


イノベイターと革新者

いきなり、目が光っちゃった刹那
これってイノベイター同士が通信する時になってる状態だよな。
リボンズの語る「人類の革新」ってのは本当に人類のイノベイター化なのだろうか?
今週は、なにかとイノベイターと革新に関する話題があったな。

アニューの一件の戦闘でリヴァイヴとヒリングを一撃で倒したことから、
リヴァイヴは刹那を「純粋種」ではないかと推測してる。
生まれながらにして革新者(=イノベイター(?))としての素質を持っているってことなのだろうか。
とすると、現在のイノベイター(リヴァイヴやヒリング)は
リボンズによって作られた存在って言ってたから、
人工的に生産されたイノベイターってことなんだよな。

刹那が人類初の革新者ってことは、人類初の純粋種って考えると、
リボンズも作られたイノベイターってことになる。
となると、リボンズを作ったのはイオリアってことかな。
リボンズを作った後に、イオリアは死亡してしまい、
リボンズが他のイノベイターを作って計画を続けていったのかもしれない。

で、そうなるとルイスの革新に関しても気になるな。
リボンズ曰く、ルイスを人類初のイノベイターにするって言ってたことから、
イノベイターとして革新をしているんだろうけど、
おそらく、薬による強制的な革新だろうな。
なんか、上手に利用されているとしか考えられないしな。

生まれながらにしてイノベイターとしての素質を持っている刹那の「純粋種」。
イオリア計画のために作られた存在であるリボンズらの「人工種」。
リボンズによって強制的にイノベイター化しているルイスの「強制種」。
の3タイプがイノベイターとして存在することになるな。種の呼び名は適当です。


今作のテーマは「復讐」なのか?

ということで、今週はやたらと「復讐」に関する出来事が多かった気がする。
というか、『機動戦士ガンダム00』という作品全体を通しても、
復讐」というキーワードが多く関わってきていることから、
今作のテーマの一つは「復讐」なのかもしれない。

アニューの復讐を果たそうとしたライル
セルゲイの復讐を果たそうとするピーリス
両親の復讐を果たしたルイス
兄弟の復讐を果たそうとしたネーナ
仲間の復讐を果たそうとするグラハム

今週だけでもこれだけの復讐というキーワードを見ることが出来た。
グラハムに関してはちょっと違うかもしれないけど、
グラハムがちょっと壊れ始めた原因ってのは仲間の復讐が原因だと思うんだ。
これ以外にも、これまでに多くの復讐が起きてきた気がするな。
アンドレイもセルゲイを討った原因は、母親の復讐って気持ちがあったのかもしれないし。

今週は、王留美紅龍ネーナ・トリニティと死人が多かったな。
特に、王留美と紅龍なんか生きてたよ!って思わせておいて、
即退場という悲しい立場だったな。
彼女の目的は、自分の人生をやり直すために世界を変革させることだったようです。
紅龍に当主としての器がなかったから留美が当主にさせられ、人生が台無しになったと。
その人生をやり直し、自分だけの未来を手に入れるために世界を変えると。
でも、正直よくわからなかったな。
それだけの理由で世界を変えようと願うほどのことなのだろうか?
王家ってのは、世界にとってそれほど影響が大きな存在だったのかな。
それならば、世界を変えない限り自分の人生を変えることはできないって考えるかもな。
一応、刹那にヴェーダの場所を伝えることが出来ただけでも、
ストーリー上の役割は果たすことが出来たのかもしれないけど、
なんとか生きてたのに、そのまま退場するとは思わなかったぜ。

そして、ついでにネーナも退場したか。
そもそも、ネーナはリボンズ側ではなくリジェネ側だったんだな。
まぁそんなネーナもリボンズが手配したルイスによって撃墜されてしまい、
こいつも、たいした活躍をすることなく死んでいったキャラだったんじゃないかな。
1stの終了時には、唯一生き残ったトリニティだけに、
それなりに活躍するのかなぁって思ってたけど、
結局、王留美とイノベイターの間で利用されて死んでいったのが残念だったかな。
もう少し、ネーナや王留美には活躍の出番が欲しかったね。

で、リジェネの目的はリボンズでもなくイオリアでもない
自分だけの計画を実行しようとしていたんだな。
もうリボンズに悟られていようがお構い無しに行動し始めましたね。
リジェネの目的としては、CBをヴァーダ奪還に向かわせて、
イオリアとリボンズの計画を狂わせようということなのかな。
だが、ネーナや王留美が死んだため、リジェネの手足がなくなったよな。
リボンズにはアロウズを抜きにしても、サーシェスという傭兵が居るし、
リボンズと戦うには不利な状況にあるよな。
もしかして、CBと協力でもするつもりなのだろうか


グラハム・エーカーとの宿命

ハム「もはや、愛を超え、憎しみも超越し、宿命となった! 」
刹那「宿命? 」


なんか1stのときも同じような展開を「」という言葉で見た気がするな。
刹那はグラハムのセリフを理解しているのかしていないのかはわかりませんが、
グラハムも自分達の行動によって歪められた人間の一人ということは認識したようです。
確かに、CBによって人生を歪められた人物は数え切れないほど居るだろうな。
そんなグラハムはマスラオの改良機・スサノオに乗ってきたな。
真剣対決だったはずが、ルイスとネーナの戦闘によって邪魔されたし、
この二人の結末は、この後にでも語られるんでしょうね。


ルイスがやばいです

アニュー時の戦闘の影響か、薬の服用が多くなっている
というか、発作が酷くなっている気がするルイス。
ルイスの精神状態が酷くなってきている原因は、
やはり、新しい機体であるレグナントの影響だろうな。

アンドレイが尋ねてきた時にも、「黙れ!私に構うな」と一蹴。
アンドレイにはルイスを助けるために頑張って欲しいのですが、
これまではほとんど何もできてないよな。
ルイスを救うことが出来るかどうかは、
沙慈だけでなくアンドレイの働きも重要になってくると思うんだ。

そして、今週、ついに両親の復讐を果たしたルイスですが、
あの最後のシーンは悲しかったな・・・・・・。
なんか、あんなシーン見せられるとルイスを救える気がしなくなるよ。

「やったよ・・・ママ・・・パパ。敵をとったよ。ガンダムを倒したよ」
「ママ パパ どこ? 私やったよ。やったんだから・・・・」
「だから・・・褒めてよ。 よくやったって・・・言って・・・」


もうルイスの精神がいつ崩壊してもおかしくない状態だよな。
沙慈よ・・・はやくルイスを助けないと取り返しのつかないことになるぞ
アンドレイよ・・・もっと頑張れ!いまルイスを支えられるのはお前だけだ
このルイスの復讐劇によって、復讐というものが
何も生み出さないというメッセージを伝えようとしているのかもしれないな。
なんか、ルイスを見てると本当にカテジナさんを思い出して仕方ないんだ。
恋人が生きているから、カテジナさんみたいな結末にはならないだろうけど、
脚本が黒田洋介ってだけで、何をしてくるか分からないのが怖い。


その他と総括

何気にマリナと子供達の歌が世界の市民に伝わっているようです。
というか、また歌ですか・・・・。
歌による平和を訴えることは別に悪いとは言いませんけど、
SEEDシリーズ』でも歌での平和を唱えたし、
歌による平和ってのは『マクロス』の分野でしょうに。
正直、歌による展開は飽きてきました
まぁいまのところ、マリナの存在がかなり薄いし、
一応ヒロインだしなんとか活躍させたかったのかな。

一方で、刹那は革新していることを自覚
と同時に、イオリアの計画に気づき始めていることをグラハムに語りかける。
もしかしたら、グラハムが協力者になるという可能性も出てきたな。
個人的には宿命を貫いて欲しかったが、協力者となると
大きな戦力になるし、展開としても面白いかもしれない。

次回、「未来のために」。


というわけで、今週の感想はここまでです。
拍手&コメントしていただけるとモチベーションがあがるのでうれしいです。


では、また来週!
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第21話

「革新の扉」 アニューは何かに取り込まれていた。そして、ルイスも…なぜかはわからないが確信する刹那。沙慈は、そんな刹那の変化を感じ...

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第21話「革新の扉」

アニューは刹那の手によって散り・・・ ライルに殴られた頬はまだ腫れていました・・・(ノД`) ほかに方法はなかった。。。 「あの時...

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第21話「革新の扉」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第21話を見ました。第21話 革新の扉「他に方法はなかったの?」「なかった。あの時、彼女は…アニュー・リターナじゃなかった」「どうしてそう言い切れるんだ?」「何故だろうな。だが俺には確信があった。あぁしなければ、ライル・ディ...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話「革新の扉」

裁く者、裁かれる者。

[ガンダム00]変革、革新・・・保守はどうした? 2nd season 第21話

 最終回をダラダラと予想する。一体どういう感じで〆るつもりなのでしょう?  無難かなと思うのは、3期作る作らないは別にして「まだ続...

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第21話 「革新の扉」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [DVD]クチコミを見る ☆<2/26更新>前回(第20話 「アニュー・リターン」)の感想をポットキャストにて収録! 「なぜアニューの死に感動出来なかった?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話 「革新の扉」 感想

※画像は後で追加。かなり久々の00感想。セカンドシーズンも残すところあと3、4話になったわけですが、お世辞にもあまり良い感じではありませんね。留美もここに来てやっとイノベーターになりたかった理由などを話していましたが今更感が拭えなかった気がするなぁ。なりか...

機動戦士ガンダム00 2nd season「革新の扉」

アニメガンダム00感想。[:hide:] 沙慈は何だか他人を責めるポジションになってるよーな。 刹那がおかしいのは……、いや、おかしくなかったときっていつだろう。 暗闇の中で刹那の目が猫の目のように光っていました。 これが変革なのか。 じ

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。