スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年13号 感想

今週から2週にわたって新連載が始まります。
『べるぜバブ』と『フープメン』の2本ですね。
個人的には『べるぜバブ』に期待したいです。
金未来杯でも別格だったので、是非とも活躍して欲しいものです。


では、今週の感想です。


【新連載・べるぜバブ】
以前、金未来杯で堂々の1位を獲得した作品ですね。
金未来杯作品では、『ぬらりひょんの孫』が連載されてますが、
この作品にも期待していきたいです。

さて、内容ですが基本的には読切時と同じでしたね。
河原で流れてきたおっさんから出てきた赤ん坊になつかれてしまい、
魔王の親として生活するという始まり方は変わりませんでした。
相違点としては、友人の古市がけっこう話に絡んできたりしてましたね。
あと、おっさんに関する話がなかったかな。
今後、古市は頻繁に絡んでくるのかな?
男我の家族も登場するだろうし、いろいろと楽しくなりそうですね。

それにしても、ベルゼバブの可愛さはもうたまりませんね。
なんというか、赤ん坊にこれほど癒されるとは思わなかった。
この漫画の売りのひとつがベルゼバブの可愛さと愛くるしさですからねぇ。

そして、設定上、そのうち問題になってくるのが、
男我が育てるベルゼバブの最終目的が人間の滅亡であること。
自分達を滅亡させるための存在を育てなくてはいけないんですよね。
きっと、この設定が最後の最後で問題になるんだろうなぁ。
いまの魔王 VS 男我&ベルゼバブ
っていう展開になるのかもしれませんね。
で、この漫画ってこのように、
いつでもバトル路線に移行できるような設定なんですよね。
もしかしたら『世紀末リーダー伝たけし』みたいにギャグの合間にバトルという
展開の仕方をしていくのかもしれません。
『リボーン』のように完全にバトル漫画になるのだけはやめてほしい。

どちらにしても、今後の展開に期待したいですね。


【NARUTO】
ペインの正体が明らかになったのかな?
ペインの本体が死体を操作しているってことか。
で、その死体には黒い杭が打ち込まれているということかな。
そして、ペインの目的も明らかになりましたね。
自来也の平和を望む願いを継承して"暁"を結成し、
九尾の力によって他国を滅ぼし、その恐怖心から一時的な平和を手に入れる。
ナルトがペインに対して語った平和とは、
あくまで木の葉だけの平和であり、世界全体の平和ではない。
一方で、ペインが語る平和とは、
世界に一時的ではあるが平和を手に入れるための手段であるが、
そのためには、大きな力による犠牲が必要になってしまう。

ここで、ペインが語っている平和ってのは、
現在の世界情勢に似ているんだよね。
九尾の力が核兵器に切り替わっただけであって、
岸本先生はナルトを通して何かを伝えようとしているのかもしれないですね。

もし、ナルトがペインに出会うことなく成長していたら、
ナルトもペイン(というより長門)と同じ考えにたどり着いた可能性もあるんですよね。
ここでナルトが長門の話を聞くことによって、長門とは違う方法で
平和を掴み取ろうとするのでしょう。
なんか、ナルトの今後が凄く気になる展開になってきましたよ。


【ONE PIECE】
四皇同士の小競り合いが起きているんですね。
といっても、白ひげを討とうとしたカイドウをシャンクスが防いだ形らしいですが。
確かに、白ひげが海軍と激突するということは他の海賊にとって
これ以上ないチャンスでしょうからね。
白ひげが勝てば、弱ったところを討てばいいし、
海軍が勝ったとしても白ひげは新世界から消えるでしょうしね。
しかし、シャンクスがそれを防いでいるってことは、
シャンクスには何か思惑があるのかな。
同盟を組んでいるわけでもないし、義理ってわけでもないだろう。
シャンクスにとって白ひげはまだ死んで欲しくない奴ってことか。

というか、こいつらはどうやって相手の海賊船を突き止めるんだろうか?
偉大なる航路という不安定な海域で、
シャンクスはどうやってカイドウの動きや位置を知ったんだろう?
以前も白ひげと普通に対面してたし、何か新世界にしかない技術があるのかな。
はたまた、能力者の仕業かもしれないし、相手の覇気を感じ取っているのかもしれない。

さて、ミノタウロスを4人の連続攻撃で倒したルフィ一行ですが、
バギー砲の威力によって地面が崩壊し、またしても落ちてましたね。
というか、こいつらまともに階段では降りてない気がする。

そして、やはりというかLEVEL4ではMr.1ことダズ・ボーネスが居ましたね。
彼が一番ルフィとも接点が無いんだよなぁ。
アラバスタ編でもMr.1とルフィが対面したことないと思うんだよ。
Mr.1が協力することは無いかな。
Mr.3が手錠をはずすことはあるかもしれないけど、Mr.1が協力するとは思えんな。
もし協力するとなると、理由はクロコダイルの救出かなぁ?

で、そんな中、LEVEL4に集結したインペルダウンオールスター。
その中でも一番強力なマゼラン署長が一番初めにルフィと対面したよ!
これには、驚いたな。まさか初っ端からマゼランとは・・・。
周囲には、ルフィとMr.2しか居ない状況でどうやってマゼランと戦うんだろうか?
それとも、おとなしく逃げるのかな。
おそらく、後者だろうけどルフィのことだから毒のダメージを受けそうですね。
それにしても、Mr.3ってやっぱり知能派だったんですね。
けっこう冷静な判断をしているってことに驚いたぜ。


【魔人脳噛探偵ネウロ】
先週、イレブンに自分の中のサイの記憶を見て、
本当の自分を思い出して欲しいと脳への進入を許したヤコ。
食べ物しか脳内に存在しないってのは実にヤコらしい。
サイとの記憶ですらリンゴになってるあたりその執着がすさまじいな。
一方で、ネウロは想像以上に弱っていたんだな。
演技?とも思っていたけど、残りの魔力を全てつぎ込んだ一撃を
隙の出来たシックスに叩き込まなければ勝てないほど弱ってのか。

そして、解析を終えたイレブンがヤコに襲い掛かる。
脳内では、サイの記憶が蘇ったような演出もあったけど、
本当にシックスを蘇らすことは出来なかったのだろうか?
サイに戻ったイレブンに、脳内でヤコが作戦を伝えて、
シックスを倒すためにネウロに協力するってシナリオか?とも考えたけど、
松井先生ってこういう時に意外性を出すから困る。
本当に、ヤコが負けているって状況も有り得るからなぁ。松井先生の場合。
でも、そうなると話が終わらなくなるしなぁ。
何かもう次週が楽しみで仕方ない。


【バクマン】
やはり、シュージンのネームは間に合わなかった。
これにより、サイコーはシュージンとのコンビ解消を決意するが、
見吉との関係が決して悪影響でないことを説明したシュージン。
サイコーが亜豆のために頑張るように、シュージンも見吉のために頑張ると。
サイコーには、二人の関係に対する嫉妬もあっただろうし、
その辺の誤解は解けたようでそれはそれで良かったのかな。

しかし、コンビ解消の決意はそれなりに高かったようで、
「亜城木夢叶」を「亜城夢叶」にし、シュージンの名前をはずすというサイコー。
で、その二人の仲をなんとか復活させたいと願う服部さん。
サイコーのコンビ解消の発言を受けた時には、服部さんびびっただろうね。
服部さんのクビがかかっているかもしれない期待の新人が
いきなり消えてなくなる可能性が出てきたんだから。
で、それを防ぐためにもなんとか二人のコンビを復活させたいようで、
サイコーと話しながらシュージンとも連絡を取ったりしてますね。
そして、互いの描きたいものが一致していることを知る。

で、何かを企んだようだけど、
そのサイコーにはストーリーキングの原作者と組まないか?
という話が飛び込んでくる。
その中で、自分にはまだシュージンへの未練があることを知ったんだな。
ここで、服部さんが描きたい物が一致していることを話すのかどうか・・・・。
それによって今後の展開が変わってくるんじゃないかな。


【PSYREN】
飛行機墜落阻止、エルモアの死の阻止、未来を変えるためには
逮捕されることさえ厭わないという雨宮。
なんか、物凄い覚悟ではあるけどこの強い覚悟が後々障害になりそうだな。
まぁ、仮に逮捕されそうになっても能力使って逃げるんだろうけど。

そして、ネメシスQにエルモアの阻止を妨害されるアゲハ。
と思っていたけど、ただ単純にPSYREN世界へ呼び出しのために現われたのかもしれないな。
それとも、未来を変えようとするアゲハの阻止のためにPSYREN世界へ飛ばしたのか。
そんなアゲハはなんとかエルモアの搭乗を止めようと、
荷物の強奪をするが、結局PSYREN世界へ飛ばされてしまったか。
これによってエルモアが止まったわけでもないし、
アゲハたちにもどうすることも出来なくなってしまい、エルモアの死が確定したかな。
なんかこれを見ると、宣戦の儀でアゲハ達が居なかったのも、
PSYREN世界への呼び出しがあったからではないか、と考えてしまうな。


【ぼっけさん】
メケがマジで死んだ!
いや、まさか本当に死んでしまうとは予想しなかったな。
先週の最後のメケが物凄くカッコよかったから、もしかしてマジで死ぬのか?
と思ったけど、本当にここで死んでしまうとは。
アベルとデモンが何とか救出に入り、逃げることは出来たのか。
で、今週は南区の目的が明らかにもなりましたね。
南区のぼっけ純血主義者が北区の人間を殺しに来たってことか。
ってことは、南区には既にぼっけしか生きていないってことになるよな。
さすがに、自分達の足場を固めずに他に侵略するってことはないだろうし。
それとも、北区と南区の同時進行で行なっているのかもしれないな。
そして、その目的を聞いたヒノはメケが守ろうとした人間を守るために、
南区のぼっけを倒し、人間を守ることを決意する。
味方が少なそうな状況でどうやって戦うのか。
これからが、『ぼっけさん』の本当のスタートになりそうですね。


【ぬらりひょんの孫】
なんか、本当に順位がやばそうです。
個人的には、VS四国編は凄く面白かったと思うんですが、不人気だったのでしょうか?
そのVS四国編も無事集結。
玉章はリクオによって許され、二度と逆らわないことを誓う。
これは四国勢がぬら組の傘下に入ったと考えていいんだろうな。

そして、この対決の集結と同時に、
玉章をたぶらかしていた黒幕が明らかに。
夜雀を玉章の元へ監視として送り込んでいた存在。
しかも、ぬら組の最高幹部の一人である「三つ目八面」として忍び込んでいた。
名前が、「山ン本五郎左エ門」と物凄く人間臭い名前なのが気になるな。
というか、「三つ目八面」が「山ン本五郎左エ門」なのか、
「山ン本五郎左エ門」が「三つ目八面」に化けているのかで変わってくるだろうな。
前者なら、相当以前からぬら組転覆を狙っていたとも考えられる。
後者なら、すでに本物の「三つ目八面」は死んでいることになる。
はたして、どちらなのかな。
玉章は一人で佇んでいたけど、いづれリクオの窮地に助けに現われそうだな。
よくある展開だけど、そういった展開はキライじゃないんだぜ。


【総括】
来週号からは『フープメン』というバスケ漫画が連載開始。
『黒子のバスケ』と比較されそうだけど、はたして大丈夫なのだろうか。
また、『ぬらりひょんの孫』、『SKET DANCE』、『ToLoveる』の順位低迷が気になるな。
次の打ち切り候補にリストアップされているのだろうか。
個人的には、どの漫画も打ち切って欲しくないなぁ。
いまのジャンプの状態ってのは駄作が少ない非常に良い状態だと思うんですよ。


というわけで、今週の感想はここまでです。
拍手&コメントして頂けるとモチベーションがあがるので嬉しいです。


では、また来週!
 
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

コメントありがとうございます!

ってホントだ!『バクマン』の感想で見吉がミホになってる!
いやぁすいませんでした。こういったツッコミはむしろありがたいので、
今後も発見されたらどんどんつっこんで下さい。

そして、是非これからも本ブログを拝見してください!
指摘して頂きありがとうございました!
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。