スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年10号 感想(追記完了)

私の住んでるところが東京から離れてるためか、
コミックスの発売が基本的に1日遅れて発売されるんですよ。
ですが、その中でも人気作だけは発売日当日に販売されます。
つい昨年の中頃までは、
『ONE PIECE』『NARUTO』『BLEACH』『HUNTER×HUNTER』の4作品
だったんですけど、ここ最近は
『リボーン』『D.Gray-man』の2作品が当日発売されるようになりました。

こういった作品は人気が出ているってことなんでしょうね。
そういえば、星野先生は大丈夫なんでしょうか?
体が弱いのかよく休載してますが、人気漫画ですし
早く良くなって頑張って欲しいですね。

では、今週の感想です。


【巻頭・トリコ】
野生の暴走。
「パトレフ」を100分の1の薄さに薄めた状態でも、
トリコは野生を抑えるのに苦戦していたな。
四天王のように強い人間ほど強い野生を持っているのかな?

そしてこれは、後々何かの伏線になるのかもしれないな。
強大な敵を倒すために「パトレフ」による強化を行い暴走。
って展開がいつか起きるのかもしれない。

それにしても、リンは面白いな。
鬼が出現する状態のトリコにすら襲われてもいいってのは、
トリコになら殺されてもいいって表現にもなりえるぞ。
ある意味、本当にトリコのことを好いているんだな。
でも、島袋先生が恋愛を真面目に書くとは思えないから、
リンの想いはギャグとして存在し続けるんだろうな。


【ONE PIECE】
案の定、ルフィたちがいなくなった後、
バギーが解放した囚人が暴れだしたね。
これで少しは内部をかく乱できるから時間稼ぎにはなるかもしれない。

一方で、ルフィのインペルダウン進入がセンゴクの耳に伝わる。
相変わらずガープはルフィの出来事を笑って済ましてるけど、
センゴクは本当に苦労が耐えないよな。
そのうち、心労で倒れるんじゃないだろうか?

そして、センゴクの口から語られた20年前の脱獄事件。
空を跳ぶ海賊"金獅子"がインペルダウンより脱獄したと。
おそらく、"金獅子"は四皇の一人だろうな。
20年前ってことは、ちょうどロジャーが死に、
大航海時代が幕開けした頃だし、
白ひげやシャンクスらとも争っていても不思議ではない。
空を跳ぶってことから、飛行能力を持つ能力者かな。
世界で5種しか確認されてない飛行能力の一つってことだね。
くまの嘘もばれたけど、白ひげとの決戦が控えている以上、
戦力の減少は避けたいだろうから、何かあるとすれば戦後かな。

そして、遂にMr.2ボンクレーが登場!
この3人の中では一番ルフィに協力してくれそうなやつが来ましたよ。
個人的に23巻におけるボンクレーの散り様シーンが大好きなので、
再登場してくれて本当にうれしいですね。
まぁボンクレーに巻き込まれてバギーもMr,3もLEVEL4に行くんだろうな。
あぁでも灼熱地獄にMr,3が入ったら本当に溶けてしまいそうだな。
LEVEL4にはMr.1かな?
正直、Mr.1をどうやって協力させるのかが気になるところだ。

※拍手コメントによって指摘されましたが、
金獅子は次回のワンピ映画に出てくるキャラクターらしいです。
よって、四皇ではないのかな?よく調べてないので分からないんですけど。



【NARUTO】
こうやって見ると影分身ってスゲェ便利な技なんだな。
経験値だけでなく仙術チャクラも蓄えることが出来るし、
本体の力を分割する必要もない。
天津飯の四身の拳が凄くしょぼく見えてしまうな。
そして、仙術パワーを補給しつつ仙人化を繰り返して戦う。
本当にナルトに付け入る隙がなくなってきたな。
時間切れによる仙人化解除を狙っても、すぐに補給されてしまうんだし。
まぁ口寄せをしている蛙を狙うってのが一番早い方法かな。
あとは、2回まで使える補給を尽きさせることかな。
3回の仙人化を防いでしまえばいいわけだから。
それにしても、最近のナルト感想はどうも批判的になってしまうな。


【バクマン】
エイジ、福井、サイコーの組み合わせはなかなか面白いですね。
というか、斬新なんだな。
それぞれが全く違うキャラの個性を持っているから、
それを巧く絡ませることでこんなにも面白くなるんだな。

エイジも福井、サイコーの話を聞いて直感で書くのではなく、
打ち合わせとネームを実行することを決意。
さらに、背景をアシスタントに任せることでストーリーを考える時間を持つ。
これによって漫画の人気が上がっていくのか、それとも落ちるのか。

で、個人的に注目したいのが中井さん。
今週は愚痴を言ってたしイメージがどんどん悪くなっていくけど、
きっとそのうち若者の姿を見て覚醒してくれると信じたい。
あわよくば、エイジやサイコー達と同期連載する漫画家になってほしいですね。

シュージンは今頃何をしているんだろうか?
本当にミホと遊んでばかりでだらけてる展開になってしまうんだろうか。
色んな人の今後が気になって仕方がない。


【家庭教師ヒットマン!REBORN】
あぁジャンプにありきたりな展開だなぁ。
これまでの6弔花は偽者で真6弔花が出てくる・・・か。
まぁ王道って言えば王道の展開なんだけど、
こういった展開を繰り返した果てに待つのは、
止まらないパワーインフレと蛇足的な戦闘ストーリーだと思うんだ。
なんか、今でさえ未来編が長すぎる感じがあるのに、
これ以上、敵を増やして一体どれだけ未来編をやりたいんだ?
正直、もうボスと戦っても良かったと思うんだ。
いい加減、飽きてきたよ。
この漫画の戦闘シーンは。


【PSYREN】
アゲハは一体どんな夢を見ていたんだ?
まさか、裸エプロンか?
その寝言を本人に聞かれてしまうってのは、
中学生のアゲハにとって羞恥の極みだと思うんだよな。

で、案の定、カイルとアゲハは無事だったと。
影虎が瓦礫の中から助けてくれて、ヴァンに治療されたんだね。
そして、エルモアの未来予知を破るミロク。
案外、エルモアの未来を破ってるのはミロクじゃなくてアゲハかもしれない。
まぁ根拠なんてないただの予想ですけど。

そして、影虎によって救われたランとハルヒコ。
ついでに妹のチカまで救われて、これは仲間になるフラグか?
たぶん、影虎のピンチにいきなり現われたりするんだろうな。

一方、いつの間にか未来から持ち帰っていた
DVDの内容が今回の事件によって変わっていた。
これを見る限り、かなり近くに、しかも顔出ししているあたり、
カブトの叔父、霧崎塔二はW.I.S.Eメンバーへの直接接触に成功したのかもしれない。
まぁ集会の日に自分達の顔を隠すことなく現われた可能性もあるけど。
過去を変えれば、未来も変わる。
SF世界のストーリーではよく使われる手法だけど、ここでも出てきたね。
そして、ミロクの左右にいる二人は
右の人物が第二星将のジュナス。
左の人物が第五星将のドルキではないかと思う。
顔の形状が似ているしね。
ということは、PSYREN世界は2009年から
それほど時間が経過していないことになる。
長くても10年くらいじゃないのかな。

最近のPSYRENはだんだんと面白くなってきているな。
一時期、下位を停滞してた頃から見ると随分躍進したと思うね。
この調子でこれからも頑張って欲しいです。


【特別読切・めだかボックス】
これは面白かったなぁ。
原作が西尾維新、漫画が暁月あきらが書いているんですね。
暁月あきらはジャンプの漫画家の中でもエロ枠の漫画家になるんでしょうか。
今回のめだかボックスもそうですが、女の子の書き方が巧いです。
今は『ToLoveる』がエロ枠占領してますが、次は暁月先生ではないかと考えてます。

さて、本編ですが
生徒会長・黒髪めだかと幼馴染・人吉善吉による学園コメディですね。
個人的にはこのまま連載が始まって欲しかったってくらいに面白かった。
内容云々より漫画としての雰囲気が好きだったな。
「私には善吉が必要だ。もし嫌でなければこれからも一緒にいてほしい」
こんなセリフを実際に言われてみたい。
あと、個人的には不知火がお気に入りだったりします。

それとどうでもいいことですけど、
めだかの性格といい、本来取れない赤帯を取っていることといい、
おそらくは物凄い金持ちで親は凄い権力を持っていると思ってます。


【ToLoveる】
まぁ予想通りの展開でしたけど、
いつもよりエロくなかった気がしたのは私だけ?
今週は比較的抑えめのほうじゃなかったかな。
来週は来週で凄いことになりそうだけど・・・・。


【SKET DANCE】
ついにきましたキャプテンのキャラ付け。
何気に1巻から登場しているキャプテンですけど、
なかなかこれといったキャラ設定がつかなかったんですよね。

ヒメコの過去編で脚光を浴びてから人気が急上昇したキャプテン。
そんなキャプテンの大食いの話。
実は凄い大食いということで、消えるかのように物を食べることができる
という凄い特技の持ち主だったんですね。
そして、ボッスンがあっけなく敗退したジャンボラーメンへ挑戦して、
結果としてリバースか・・・・・・。悲しいな。
まぁ結末は悲惨なものでしたが、面白かったなぁ。


【ぬらりひょんの孫】
これ順位大丈夫か?
まさか次の打ち切り候補なんてことになってないよな?
ぬらりひょんの孫には個人的に期待しているので、
長期に渡って連載して欲しいところなんだが・・・。

さて、本編では他の妖怪軍団の決着がついていたようで。
黒田坊、青田坊、河童、首無とリクオと盃を交わしたメンバーが大活躍してましたね。
まぁ黒田坊の扱いはなんか悲しかったけど。
こいつはこれからこういった扱いをされていくのかな。

で、玉章の刀の力が遂に発動。
いやぁ、まさか味方の犠牲の上に力を得る刀とは思わなかった。
だから、牛頭丸がやられた周りには敵の死体もあったんですね。
でも、これって正直使いにくいよな。
結局、力を使うためには味方を犠牲にしているわけだから、
すごく燃費が悪い武器ってことになる。
正直、リクオ相手ならまだしも
牛頭丸程度の相手に使うのは勿体無かったと思うんだ。
まぁ仲間の犠牲の分だけ力が増大するんだろうけど。

今回、味方のうちほぼ全ての犠牲の上になりたった力だけに、
リクオを倒すだけの力を持っているかもしれないですね。
はたして、これをどうやって倒すのか見ものです。


【総括】
順位変動がおきましたね。
『マイスター』のランクが下位集団に落ち、
『ぬらりひょんの孫』『ToLoveる』の順位が下位固定されてきました。
『マイスター』はなんとかしないと、このまま打ち切りでしょう。
次の打ち切りが迫る中、おそらく編集会議は終わったのかな。
はたして、どの漫画が打ち切りになるのか。
その代わりに入ってくる漫画は何なのか。
今から楽しみだったりします。

というわけで、今週の感想はここまでです。
拍手&コメントして頂けると、モチベーションが上がり
やる気がでるので、是非、拍手&コメントをしてください。


では、また来週!
 
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。