スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年9号 感想


そういえば、今年はジャンプにとって
ひとつの変革期になりそうですね。
『魔人探偵脳噛ネウロ』と『アイシールド21』は今年中に終わりそうですし、
『ToLoveる』が連載終了するのでは?という噂も聞きます。
いづれも漫画もジャンプを支えてきた漫画だけに、
これらが終了した後のジャンプがちょっと心配だったりします。

では、今週の感想です。


【巻頭・アイシールド21】

早!

もう決勝進出ですか!
これは予想してなかったな。
てっきり、一つ一つの試合に2~4話はかけるだろうと思ってたけど、
まさか、たった1話で2試合を終わらせてしまうとは・・・・。
シュルツが「俺が相手するしかないようだな」って言った時には、
VSドイツ戦は3~4話はあるだろうなぁ
なんて思ってたら、今週で終わっちまったよ!!!
なんか、出てないキャラがむなしすぎる。

それにしてもこれは、巻いているのだろうか?
残り1試合とエピローグがあるわけだから、
夏の改変期あたりで終了すると思ってたけど、
案外、春の改変期で終了するのかもしれない。

『アイシールド21』が連載終了すると、
ジャンプのスポーツ枠の要が消えることになってしまう。
まぁそれを補うために、2008冬の改変で
『マイスター』『黒子のバスケ』の2作品を投入したんだろうな。
編集部としては、この2作品のうちのどちらかが
スポーツ枠を支えてくれれば・・・。って考えてるのかもしれないね。
はたして、どうなることやら。


【ONE PIECE】
ジンベエの口から語られた白ひげ海賊団と魚人島の意外な関係。
大航海時代に突入した世界で、魚人島は荒れたんだな。
海賊が必ず通る島、それ故に犯罪が横行し、治安が悪化した。
そこに白ひげが現われ、
「この島は、俺のなわばりとする」
の一言で魚人島を救ったんだな。
ジンベエは海賊というよりも、魚人の長なのかな。
それで、ジンベエは戦争を止めようとしたんだな。

ここで気になったのは、アーロンの存在とジンベエの七武海加入。
ジンベエは七武海に加入する条件に、
「アーロンを東の海に解き放つこと」としていたけど、何故だろうか?
魚人島は白ひげの一言で救われたから、
「九蛇」のように七武海の威光によって島を守る必要はなくなった。
だが、ジンベエは七武海に加入した。
私は、強硬派を抑えるためでは?と考えている。
魚人島の荒廃により、人間を怨んだ魚人を抑えるために、
自ら海賊の長となり、人間と海賊への攻撃を開始したのではないだろうか。
それを問題に抱えた政府から、七武海への加入を薦められ、
それに反対したアーロン一派を東の海に解放することを条件にした。
おそらく、東の海だけでなく、北、西、南にもそれぞれ
強硬派の部下を解放することを条件に加えたんじゃないのかな。

さて、本編では久しぶりにクロコダイルが登場したね。
そして、"ロジャー"や"白ひげ"にただ勝てなかっただけで涙をのんだ
「銀のメダリスト」が山ほどいると。
LEVEL5にも大量の海賊がいることから、
かつて大物だった海賊が捕まっているのかもしれないですね。
クロコダイルのように元・七武海だったり、自然系能力者だったり。
なんか、本当に凄いことになってきたな。

で、ルフィはバギー、Mr.3とともに行動中。
監守たちは未だに状況を把握できていないようで混乱してますね。
というか、Mr.3もまともに戦えるんだよな。能力者だし。
そして、LEVEL3へと落ちていった3人。
LEVEL3では一体誰が仲間になるのか。順番に行けば、ボンクレーだろう。
バギーたちとは違って、ボンクレーは最後までルフィと一緒に居そうだな。


【NARUTO】
「 仙術を身に付けたということはもうレベルが違う。
 足手まといにならないことが今あいつにしてやれるチームワークだ」

って断言しちゃったね。うん。
まぁ分かってたけどさ。
仙術ってそこまで変わるものだったんだな。
あれだな、『ドラゴンボールGT』のスーパーサイヤ人4みたいなノリだな。
あそこまで行くと、スーパーサイヤ人4になれないサイヤ人は
戦っても無意味みたいな状況になったけど、
仙術もそういうことなんだろうな。
おそらく、ナルトとサスケ以外の忍者は戦っても無意味な時代が
すぐそこまでやってきてると思うんだ。
でも・・・できれば・・・そんな時代は来ないで欲しいな。


【PSYREN】
一時期の人気低迷期を乗り切ったのか、
それとも1周年記念の人気投票があるためか順位が高いですね。
個人的な1位は雨宮ですね。もうあの可愛さは反則的です。

そして本編では、WISEの創設者"アマギミロク"が本性を表す。
PSYREN世界のビデオで移っていた"生命の樹・峻厳"を使ったことからも
PSYREN世界のエルモア・チルドレンを殺したのもこいつでしょう。
残りの二人はおそらくハルヒコとランかなぁ。

で、カイルを倒し、シャオを畏れさせたアマギミロク。
建物全体を"生命の樹"で覆ったってことは、
PSYを発動しなければアゲハもカイルも助かったでしょう。
カイルは重体みたいだけど、ヴァンも居るしなんとかなると思う。
おそらく"生命の樹"は、アゲハの"暴王の月"と同じ性質がある
と考えているので、PSYを使わなければ攻撃されないと思ってます。


【バクマン】
サイコーはエイジのアシスタントとして活動することをシュージンに報告。
シュージンも夏休み中に面白いネームを書き上げることを約束。
ミホは自分がシュージンの障害になってないか心配になってるってことは、
おそらく、シュージンの目を覚ますのはミホなんじゃないかな。
個人的に、この後はシュージンがちょっと堕落すると思うんだ。
それを救うのはサイコーではなく、ミホなんじゃないかと。

で、エイジの仕事場でいきなり新キャラ"福田"。
いきなり小物臭を漂わせてたけど、そうでもない感じでしたね。
これからはサイコーと良いライバル関係になるのかもしれないですね。
「俺達がジャンプを変えていくんだ」
なんてセリフを言うキャラが小物のわけがないって。
この3人が協力している風景が何気に楽しかったな。
案外、これって大場先生の実話を元にしてるのかもしれない。

そして、個人的に気なるのは中井さん。
このパターンだと若手の勢いを見て脱落するか、
刺激を受けて覚醒するか、なんだけど個人的には後者に期待したい。
ここで、中井さん覚醒して、顔も変わって再登場みたいな展開してほしいな。

で、もしそうなったとしたら
かつて小畑先生が連載した『ヒカルの碁』の人間関係と似た構図が出来上がる。
主人公:ヒカルとサイコー
裏方的存在:佐為とシュージン
天才ライバル:搭矢アキラと新妻エイジ
一般ライバル:和谷と福田
年上ライバル:伊角と中井
なんか似てるんだよな。意識してるのかな?


【読切・トリガーキーパー】
思ってたほど面白くなかったかな。
結末がどうなるか気になったけど、特に目立った点はなかった。
根に関しては、一部の人間による犯行ってことで、
シュバインを含めほとんどのトリガー人が気づいてなかったって
展開は良かったけど、印象としてはそれだけかな。
前作の『ROOM303』は面白かっただけに、
ちょっと残念。次回作に期待したいです。


【SKET DANCE】
ボッスンとツバキの1対1の話は初めてじゃないだろうか?
この二人って事あるごとに対立してきたけど、
1話全て使って絡んだことはこれが初めてだろう。
ボッスンは意地張って拳法使いとか言って、
それをまともに信じるツバキが面白かったなぁ。
最後まで、バレンシアの存在を信じてるあたりがなんとも。


【魔人脳噛探偵ネウロ】
イレブンがこれまでの犯罪者に変身してネウロを攻撃。
シックスがこれまでの五本指の能力を使ってネウロを攻撃。
実質、これまで戦ってきた全ての敵の能力と戦うことになっているんだな。
さらに、未知数の力を持つシックスが本格的に加わると、
一体、どうやってネウロは彼らを倒すのだろうか?
けっこう、絶望的な状況にも見えるけど、何か秘策があるのかもしれないな。
でも、この漫画だけは本当に先が読めないからなぁ。
何が起きても不思議じゃないのがネウロなんだぜ。


【ぬらりひょんの孫】
雪女カッコイイなぁ。
「未来永劫守ります・・・・盃を交わしたお方ですから」
この一言は本当にカッコよかった。
互いに目が見えてない(雪女は片目だけ見えてたわけだが)状況で、
窮地に立たされているときにこの言葉はカッコよすぎる。

そして、雪女に自分の背中を預けたリクオに対し、
玉章は夜雀に対して
「お前は本当に役に立つ女だ。だがあくまでお前は僕の下部なんだ」
と、部下を下部と見ている。
部下を信頼できるかできないか。
この二人の状況が、戦いの行方を左右するんだろうな。
あとは、玉章の剣を誰が伝えにいくかだな。
なんか、凄い力らしいけど一体どうなることやら。


【総括】
『アイシールド21』と『魔人脳噛探偵ネウロ』がラストパートに入り、
ジャンプは本当の変革期を迎えようとしているのかもしれません。
これまで、幾度か人気作が終わることがあったけど、
終わった後は、面白みに欠ける状態がしばらく続くことがある。
その状態を抜けるためにも、新人漫画家の方には頑張って欲しいものです。
今週の『バクマン』の福田みたいに
「ジャンプを俺たちで変えてやる」って意気込みで頑張って欲しいです。


というわけで、今週の感想はここまでです。
拍手&コメントして頂けると、モチベーションが上がるので嬉しいです。


では、また来週!
 

スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。