スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】機動戦士ガンダム00 2ndシーズン 第14話「歌が聞こえる」

いやぁOPとEDが変わりましたね。
OPは、ステレオボニーの「泪のムコウ」。
EDは・・・・
マリナ・イスマイールと子供達の「TOMORROW」でしたね。
EDのほうは、今週だけの特別版かな。

OPで気になったのは、ラストシーン。
刹那と手を取り合っている相手が登場しなかったのが気になる。
これまでの展開からいけば、マリナなんだろうが・・・。
もしかすると別のヒロイン候補でも考えているのか?

それと、沙慈とルイス!
もうこの二人が幸せそうに過ごしている一場面があったけど・・・
良かった。本当に良かった。この二人は幸せになれるんだね。
まぁそう思わせといて欝展開って手法もあるけどさ。
そんな展開はないと信じたい。


では、今週の感想です。

トレミィ地球落下

なんじゃこりゃ~~~~~~~~~~!

もうね。今週はこの一言で十分楽しめた気がする。
復帰したイアンの様子が色んな意味で楽しくて仕方なかった。

それはさておき、
トレミィはメメントモリ撃墜作戦完遂後にイノベイターによる強襲を受け、
スメラギさんの機転で地球へ降下したということか。
その際に、刹那と別れてしまい、
その刹那はネーナの取り計らいによりトレミィの地球落下を知ると。
なんか、ネーナはいつも損な役回りをしている気がするなぁ。

そういえば、スメラギさんがマリーを戦闘に参加させたって言ってたけど、
あれか?前回の戦闘でブリッジでオペレーターをさせたことか?
これに対してアレルヤが
でも・・・もう二度としないで下さい
って言ってるけど・・・・ちょっと自分勝手すぎるんじゃないか?
なんかひっかかるんだよな。このアレルヤの態度は。
アレルヤが嫌いではないんだが。

平常時に身の回りの世話をしているとは言え、
戦闘時になれば戦艦内のどこにいても危険なのは変わりないなら、
スメラギさんと同じブリッジでオペレーターさせた方が
生き残る可能性も上がるんじゃないのか?
まぁマリーもいずれパイロットになるんだろうけどさ。
GNアーチャー」っていういかにもなファイターがあるし。
アレルヤの機体と合体するっていうし。

さて、アニューの存在も気になりますね。
何気にライルの様子を偵察しているようですし。
というか、単純にライルに気があるのか?
はたして、故意的なスパイなのか無意識のスパイなのか
個人的には、無意識なスパイだから単純に女性としてライルが
気になっているってのが良いと思うんですけどね。



クーデターとカタロン

さて、連邦軍の中でクーデターが起きようとしているようです。
アロウズのやり方に不満を持った一部の軍人が、
アロウズの傀儡になった連邦政府に対して、
クーデターを起こす計画が始まったということかな。
早速、その一部の軍人がセルゲイさんを説得に来てましたね。
セルゲイの性格上、クーデター参加はないと思うんだが、
何かトラブルに巻き込まれて、軍を追われるんじゃないかと心配になりますね。

というか、クーデターもイノベイターによる計画なんだろうな。
既に予定されている出来事で、クーデターを起こすことで
アロウズに歯向かう人物を一掃する。
セルゲイが無事でいてくれればいいのだが。

で、クーデター首謀者がカタロンと接触を図っていると。
そのカタロンもクラウス自らが代表となり、会談に応じるとしている。
カタロンの行動も含め、全てイノベイターの計画だとすると、
クーデター参加者と反政府組織を一網打尽にしようとしているのかもしれないな。
そうなると、カタロンも壊滅、クーデターの心配もなく、
イノベイターの障害はCBだけとなるか。


オーガンダムのパイロット

刹那はトレミィ探索中にサーシェスのガンダムを発見。
そして、探索は無視して単独でサーシェスを追う。
ちょっとこの行動は早計過ぎる気もするが、
まぁ仕方ないっちゃ仕方ないか。

そこに現われたのはリボンズ・アルマーク
で、なにやら長い説明の後に、いきなり自分は
オーガンダムのパイロットだったと宣言する。
そこからは、もう色んなことを暴露しまくるリボンズ。

クルジスの戦いはオーガンダムの性能実験だったこと。
刹那はリボンズによって見逃されていたこと
リボンズによって刹那はガンダムマイスターになれたこと。

そして、いきなり
そろそろ返してもらおうと思ってね・・・それは本来僕が乗るべき機体なのだから
って、オイ!!!
いくら未知の技術がダブルオーにあったからって、
それは昔自分が使ってたから、返して。
ってガキじゃあるまいし、無理な話にも程がある。
まぁ、これで返してもらえるとは思ってないだろうけどさ。
でも、リボンズがラスボスってのは無い気がしてきたよ。
で、断ったら撃たれると。
そっからはいきなりの戦闘突入!


それぞれの攻防

トレミィにもイノベイターが近し、
ティエリアとアレルヤが迎撃にはいる。
同時に、刹那もサーシェスとの一騎打ちに突入。

刹那 VS サーシェス
アレルヤ VS リヴァイブ
ティエリア VS ブリング

ここからは目にも止まらぬ攻防が始まりましたね。
刹那はダブルオーの性能をフルに活用し、
負傷しながらもサーシェスと互角に渡り合う。
アレルヤとリヴァイブもほぼ互角
が、ティエリアはブリングに圧倒される。
まぁティエリアの機体そのものが1対1に向いてないんだけどね。
アレルヤとティエリアが逆の相手だったら同じタイプ同士の戦いになったのに。

が、そのティエリアも
ブリングの機体を隠し腕によって補足!
そして、いきなり登場したセラフィムガンダム
まさか、セラヴィーの後ろにくっついているとはな。
セラフィム = セラヴィー + ケルヴィム
ってことなのかな。
どうせならデゥナメスととくっつけてセラメスとかにすれば
ニールの意思を継いで!みたいなことも言えただろうに。

まぁそれは置いといて、
セラフィムガンダムの登場によって、ブリングが撃破
GNフィールドを手で突き破り、ゼロ距離からの射撃とは。
というか、ブリングの退場早いなぁ。
置鮎ボイスだから、けっこう頑張るキャラかと思ったが・・・・。
即死だったね。イノベイター初の死亡者か。
ついでに、本名が全部出たのも初めてじゃないのか?
発表はされてたけど、作品内でブリング・スタビティの名が
登場したのはまさに死の瞬間だったというわけだ。

で、刹那とサーシェスは刹那のトランザム発動によって
機体が粒子化し、サーシェスを後一息のところまで追い詰める。
そして、トドメの瞬間に聴こえた「TOMORROW」。
粒子化した影響だろうけど、周囲への影響力が物凄いよな。
歌が聞こえる」ってものこのことかぁ。
先週の特番で土田が「タイトルの付け方が絶妙」と言ってたけど、俺もそう思ったわ。

その歌により、トドメを刺すことができなかった刹那だが、
何気に「TOMORROW」が今後重要な役割をするのだろうか。
歌がストーリーに影響を与えるのは最近のロボットアニメでは、
頻繁に行われているが、いい加減飽きた気もする。
「TOMORROW」はこれまでにない形でストーリーに関わって欲しいな


エピローグブリッジ

あっという間に死んだブリングに変わって登場したイノベイター
ディヴァイン。おそらくブリングの対になる存在。
しかも、こいつも置鮎ボイスとは・・・・。やってくれるぜ。
そして、ディヴァインの口からルイスに
いずれ、あなたのものになる機体のプロトタイプです
と語られた。

うわぁ。完全にルイスが大型MAのパイロットにされるパターンじゃん。
精神制御されて、薬物飲まされて、強化されて・・・・。
これまでもガンダムで散々出てきたように。
Zガンダムのフォウやロザミア、ZZガンダムのプル、プルツー、
ガンダムXのカリス、SEEDデスティニーのステラのように。
まさにそんな役回りになりそうなルイス
でも、ルイスだけは・・・ルイスだけは救われて欲しいな
新しいOPのように、二人幸せに暮らして欲しいんだ

で、最近出てこなかったミスター・ブシドーですが、
カタギリから新機体を受け取ったようです。
まぁ今後、大きな壁となって現われるんでしょうが、期待しておきましょう。
カタギリの今後も気になるしね。



というわけで、今週の感想はここまでです。
拍手&コメントしていただけるとやる気がでて嬉しいです。

では、また来週!
 
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第14話

「歌が聞こえる」 激戦の末、メメントモリを撃墜したトレミー。だが、そこへと新手が現れる…。合流ポイントへと向かった刹那が目にしたの...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン Second Season 第14話 歌がきこえる

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン Second Season 第14話 歌がきこえる アフィリエイト

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第14話「歌が聴こえる」

博士「♪We are the world~」助手「関係無ぇだろ、その歌はwww」...

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第14話 「歌が聴こえる」

刹那、宇宙ひとりぼっち。 「合流ポイントは・・・このあたりのハズだが・・・ トレミーはどこに?」 すっかり迷子です(ノ∀`*) ...

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #14『歌が聴こえる』

イキナリですが、やはりココはっ!! ブシドー&カタギリ、久しぶりーーぃ!!! ブシドー専用機《マスラオ》ってば名前も機影もビミョウな気分だけど そこらは今後の活躍次第だから置いておくさぁああ!! フラッグへの拘りを忘れて無かったのは嬉しかったが・・・面影

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第14話「歌が聞こえる」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第14話を見ました。第14話 歌が聞こえる離れつつあるプトレマイオスから最後のチャンスにケルディムが狙い撃つ。「はぁ…はぁ…あれが電磁場光共振部、チャンスは一度、その名の通り狙い撃つぜ!!」ロックオンの一撃が決まり、メメントモ...

カラオケ機動戦士 マイクマリナ 00第14話

 00ナビ「たまたま見逃した人に捧ぐ」でしたっけ?あれは・・・・まぁ見返す気力もなく放置。なんていいますか、こういうのはちょっと萎...

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第14話「歌が聴こえる」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る イノベイターからの猛攻を受け、破損しながらも、地球へと降下するプトレマイオス。地球へと向かいプトレマイオスを探す刹那だったが、そこにサーシェスの乗るアルケーガンダムが現れる。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第14話 「歌が聴こえる」 感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)クチコミを見る年明け初めの回ですね。新OPになったということでそれにもちょっと触れてきます。噂のステレオポニーに変わりましたが映像良いね。思ってたよりも良くて少し一息つきました。これは拾い物ですが。蝶相...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第14話

「歌が聞こえる」 新年一回目の00。 まず、OPが新しくなりました。歌はまあいいとして…絵がちょっとアレかなあと感じた。 ルイスと沙慈の未来みたいなのが描かれていてその点に関しては良かったのですが。 本人の意思に関係なく戦いに巻き込まれた二人ですから、最後は...

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。