スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テレビ】M-1グランプリ優勝予想

いよいよ明日に迫ったM-1グランプリの予想をしてみたいと思います。

ちなみに、決勝参加者は以下の8組+敗者復活1組だそうです。

1.ダイアン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
2.笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
3.モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
4.ナイツ(マセキ芸能社)
5.U字工事(アミーパーク)
6.ザ・パンチ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
7.NON STYLE(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
8.キングコング(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
9.敗者復活戦勝者

昨年の優勝はまさかの『サンドウィッチマン』だったのを記憶している。
ほとんど、無名だったのに漫才としてのレベルが高く、
敗者復活から一気に優勝をさらっていった感じだった。

正直、『キングコング』が「敗者復活制度やめません?」って言ってるのも
納得できる。それほどまでに昨年の『サンドウィッチマン』は衝撃的だった。

一方で、『サンドウィッチマン』『トータルテンボス』『キングコング』以外のネタが
期待はずれというか、それほど面白くなかったのも覚えている。
特に、『笑い飯』はそれまで見てきたネタの中でも
最も面白くなかったという散々な結果だった。

そんなことを踏まえながら、今年のM-1グランプリの優勝予想をしていきたいと思う。
なお、私はお笑いに詳しいわけでもないので、たいしたことは言えません。
以下の文は、完全な主観で書いていることを了承ください。


優勝はキングコング?

結論から言うと、優勝の大本命は『キングコング』と考えています。
ネットでは、西野の調子に乗った発言等々で批判を受けまくっている彼らですが、
人間性はおいといて、個人的には彼らの漫才が大好きです。

昨年のM-1でもスピードのあるボケとツッコミは、
心から楽しくさせてくれる内容だったと思っています。
なんというか、彼らの漫才は物凄くツボにはまりましたね。

正直、『サンドウィッチマン』が敗者復活で現われなければ、
『キングコング』が優勝していたかもしれません。
少なくとも私の中では優勝していました。

今年も昨年同様、それ以上の面白さを出すことが出来れば、
十分に優勝を狙うことが出来ると思います。
順番も8番目なので特に問題もないでしょう。

ちなみに、オリコンの調べでも大本命は『キングコング』のようです。
一人につき複数回答可能ってのが気になりますが・・・・。


ベテランの笑い飯

M-1グランプリにはほぼ毎年決勝進出できている『笑い飯』。
初回の2001年大会を除き、毎年決勝にいます。
それ故に、マイナスイメージを持たれがちです。

毎年出場しているからそれなりに面白いだろうけど、
優勝できるほどの力がないということを示唆させてしまう結果です。

それでも、彼らの漫才は面白いものも感じています。
ダブルボケという新スタイルを編み出したことは賞賛に値しますし、
毎年、決勝に進出できているだけでも凄いことです。
中には、毎年決勝進出できないコンビも多数いるでしょうから。

しかし、それでも昨年の『笑い飯』のネタが酷かったのも事実。
ダブルボケが空回りし、弱点であるスロースターターも重なり、
1番手ということもあってか、これまでの『笑い飯』の面白さがほとんど伝わらなかった。

今年は、以前のような力を出すことができるのかが鍵になるだろう。
順番は2番目とちょっと微妙であるが、今年こそは優勝をさせてあげたい。


決勝初出場者の行方

さてさて、今年の決勝進出者の半分以上が初である。
しかも、それなりに名が売れたコンビが多い。
今年は『爆笑!レッドカーペット』や『イロモネア』があったために、
若手コンビが頻繁にテレビにでることができたためだろう。

そのため、一般人の認知度が高いコンビが多い。
ナイツ』、『ザ・パンチ』あたりはレッドカーペットやイロモネアでも
盛んに見かけるコンビであり、漫才を主体にしている。

ナイツ』のネタは個人的には好きでもなく、
嫌いでもないのだが、一般評価は高いようだ。
オリコン調べの予想でも、『笑い飯』を抜き2位に位置している。

しかし、漫才のネタのパターンが固定されているイメージがあり、
たいていはヤホーから始まる。あとは、勘違いをつっこむパターンとなる。
M-1でも同じパターンでネタをやるとなると、優勝はちょっと難しいかもしれない。
これまでとは、違うパターンの漫才を期待したい。

また、このことは『ザ・パンチ』にも言える。
『ザ・パンチ』はボケの気持ち悪さをつっこむという形が多いが、
固定された漫才のパターンを行うのではなく、これまでテレビで
あまり見せたことのないネタを行った方が良いと思う。

テレビで頻繁に見せているネタを行うと、
ウケはするだろうが、優勝は難しいと考えている。
昨年の『ザブングル』や『ハリセンボン』の二の舞になりやすいだろう。
面白いが点数が平均点近くで伸び悩んでしまう傾向にある。

ダイアン』に関しては、昨年も出場していたが、
正直、印象に残らなかったため、よく覚えていない。
今年は昨年と違い、印象に残る活躍をしてほしいが、
1番手というのがいかにも残念である。
島田伸助が言うには「1番手は必ずスベル」らしいので、かなり辛い戦いを強いられるだろう。

モンスターエンジン』、『U字工事』、『NON STYLE』は
名前を聞いたことはあるのだが、あまりネタの内容を覚えていない。
彼らのファンには申し訳ないが、予想ができない。
個人的には、彼ら3組の中にダークホースが居ることを期待したい。


敗者復活は誰か?

で、注目したいのはやはり敗者復活者だろう。
前回の例もあるし、十分に面白いコンビが出てくる可能性は高い。
また、無名の候補者が上がってくる可能性もある。

さて、候補としては以下が挙げられるだろう。

1.過去の決勝進出経験者
『麒麟』(第1回、第3回、第4回、第5回、第6回決勝出場、最高3位)
『スピードワゴン』(第2回、第3回決勝出場、最高6位)
『タイムマシーン3号』(第5回決勝出場、最高7位)
『千鳥』(第3回、第4回、第5回、第7回決勝出場、最高6位)
『東京ダイナマイト』(第4回決勝出場、最高8位)
『南海キャンディーズ』(第4回、第5回決勝出場、最高2位)
『ハリセンボン』(第7回決勝出場、最高4位)
『POISON GIRL BAND』(第4回、第6回、第7回決勝出場、最高6位)

これらのコンビは敗者復活者となる可能性は低いだろう。
これまでの傾向では、有名どころはワイルドカードとして敗者復活しにくい。
これらのコンビで可能性があるとすれば、
東京ダイナマイト』や『タイムマシーン3号』だろうか?
個人的には『千鳥』が好きなのだが、どうも一般受けしないようだ。
麒麟』は常連といわれているが、ホームレス中学生のヒット以降、
田村が漫才を真面目にやらなくなったと川島が語っていた。
そのためか、常連と言われてたが昨年から準決勝敗退している。

2.有力若手芸人(主に『レッドカーペット』などで有名なコンビ)
『オリエンタルラジオ』
『アジアン』
『オードリー』
『ジャルジャル』
『Wエンジン』
『天津』
『とろサーモン』
『ハイキングウォーキング』
『髭男爵』
『藤崎マーケット』
『マシンガンズ』
『我が家』

これらが挙げられるだろうか。他にも居るかもしれないが、私が知ってたのはこれくらいだ。
この中から、敗者復活者が選ばれる可能性は十分あるだろう。
個人的には、『オードリー』、『我が家』あたりが好きなので注目したい。
オリエンタルラジオ』は選ばれれば面白いだろうが、乗り遅れた感が否めない。
髭男爵』や『ハイキングウォーキング』などキャラが強すぎる漫才は、敗者復活戦の審査員受けしにくいと思われる。

もちろん、これらの有名なコンビ以外も敗者復活の可能性が高く、
むしろ無名なほど選ばれやすいかもしれない。
だが、今年あたり有名なコンビが選ばれると面白いかもしれない。
昨年の『サンドウィッチマン』の例がある以上、面白ければ
誰でも選ばれるのが敗者復活戦である。
誰が来ても面白くなることは確かだろう。


まとめ

個人的な最終予想としては、
優勝は『キングコング』かな。
批判云々は置いといて、面白いことに変わりはないと思う。
昨年以上の面白さを期待したい。

他にも、決勝初出場者たちにも期待したい。
特に、ネタを見たこと無いコンビもあるので、
彼らがどういった展開を巻き起こすのかが気になるところだ。

『笑い飯』には、是非とも復活してほしい。
昔のような面白さを取り戻し、スロースターターを解消できれば
優勝もできるだろう。

ダークホースはやはり敗者復活者。
誰か来るかはわからないが、昨年のような逆転劇を巻き起こせるかが注目される。

まぁ、結果がどうなるかは正直わかりませんが、
今年は今年で楽しめると思います。

というわけは、以上で予想を終了します。

明日の本番の感想も書きたいと考えてますので、
読んでいただけると幸いです。
コメント&拍手をいただけるとうれしいです。

では、また明日!

スポンサーサイト

テーマ : M1グランプリ
ジャンル : お笑い

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。