スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】機動戦士ガンダム00 2ndシーズン 第5話「故国燃ゆ」

ついに登場しましたね。アリー・アル・サーシェス
おそらく、本作のラスボスはリボンズではなく、
こいつではないかと私は考えているんですよね。

では、今週の感想です。

リボンズの策略

ソレスタルビーイングの行動を利用してアロウズの権力を拡大するリボンズ。
そこに、リヴァイヴ・リバイバルの登場と
ディバイブ、リンク(録画状態が悪く名前聞き取れず)なる人物。
まぁ、ディバイブ、リンクもリボンズの仲間でしょうね。
ガデッサという(おそらく)機体名も発表され、彼らの専用機体となるのかな。

そして、アリー・アル・サーシェスの復活!
リボンズにして
ある意味、人間の粋を超えている」と言わしめる存在。
彼は、なんだかんだで最後まで生きていそうです。


ソレスタルビーイングとカタロン

カタロンとソレスタルビーイングの会談。
カタロンの基地は、GN粒子が散布されている中東国の砂漠にあるから発見されにくいということか。
この辺りの理屈がいまいち覚えてないのでわからないんだけど。

会談の結果、マリナ、沙慈はカタロンに保護されることが決定するが・・・。

身寄りの無い子供を保護しているカタロンに対し、刹那は自らの子供時代を思い出す。

カタロンはソレスタルビーイングと共闘・同盟を組みたいと持ちかけるが、
あくまで、ソレスタルビーイングの敵はアロウズのみ。
カタロンの敵は新地球連邦全体とその体制。

カタロンとしては、敵の敵は味方、といきたかったのだろう。

結果、カタロンはソレスタルビーイングの補給・整備等の援助を行うことになった。
つまり、作戦を同時に行いはしないが、互いの援助は行うってことなのかな?
同盟までは行かずとも、友好な関係と言ったところだろうか。


ミスター・ブシドー

もうなんという自由人
指揮権がマネキンさんに移ったのは良いとして、
このミスター・ブシドーの自由っぷりはたまらないな。

断固、辞退する

司令部から独自行動の免許を与えられているため、個人軍隊(ワンマンアーミー)なので
指揮官の命令を聞く必要もなく、自分の好きなときに出撃し、
自分の好きなときに撤退し、作戦も無視していいと。

いや、これって軍としてどうよ?
いくら強いと言われても、作戦に従わず、自分の好きなことをするだけのやつが
部隊にいたら、作戦の立て様がない(というか邪魔)と思うんだけどなぁ。
マネキンさんの苦労が伺えるな。

今回の作戦では、それほど大規模なものではなかったらしいけど、
重要な作戦で「興がそがれた」とか言って、勝手に撤退されるとねぇ。


ソーマとセルゲイ父子

ソーマはセルゲイの養子になる件を受けようと決心したみたいだな。
アンドレイのことを気にかけるセルゲイのおっちゃんだけど
任務を忠実にこなすアンドレイを自分への当てつけというセルゲイのおっちゃん。

アンドレイ曰く、「あの男は母を見殺しにした
らしいんですけど、任務を放棄したために母が死んだとかそんな感じかな。

でも、ソーマがセルゲイのおっちゃんの養子話を受けるというのは
セルゲイのおっちゃんの死亡フラグにならないだろうか?
この3人には、色々ありそうだけど、是非とも幸せになってほしいんだけどな。


カタロン基地内部

子供たちと戯れるマリナとそれを見守る刹那。
ちなみに、今日登場した子供たちにもしっかりと名前がありました。
女の子がヤエル、男の子がアベド、一人で遊んでいた子がモシェです。

刹那は子供の頃に、世話になった人を自分の手で殺したような描写がありましたね。
これも、何かの伏線になるのでしょうか?

沙慈はあの子供たちはソレスタルビーイングの犠牲者と刹那を罵倒します。
おそらく、まだ沙慈には刹那たちの行動が信じられないんでしょうね。

クラウスは、今回の会談は同盟への手始めと言った感じなのでしょうか。
必ず近い将来、ソレスタルビーイングと手を取り合う日が来ると確信しています。

マリナはカタロンに預けられると思われていたが、アザディスタンに戻ることになった。
ガンダムを用いず、輸送機でアザディスタンを目指すことになった刹那とマリナ。

そんな刹那に対し、ティエリアの不思議な発言
なんなら、このまま帰ってこなくてもいい
これはどういった意図なんだろう?
冗談と言っているが、こういった場合の冗談は本気である。
伏線があったかどうかも思い出せないな。

今週の沙慈とルイス

沙慈は、カタロンもソレスタルビーイングも戦いを起こす原因として、
カタロン基地からの脱走を図る。が、これが後半の虐殺の引き金となってしまう。

砂漠の途中で、連邦の戦艦に捕まり、尋問を受ける。
セルゲイのおっちゃんの名推理でカタロンの構成員の嫌疑を説かれる代わりに
それまでの経緯を話してしまったんだな。

セルゲイと沙慈の話を盗み聞きしていた
セルゲイの部下によって、カタロンの基地情報がアロウズにもたらされ、
これがアロウズの進行に繋がった。

そして、アロウズに身元がばれた沙慈は
セルゲイのもとから離れ、車で逃走することになる。

一方、ルイスは所属部隊と共に地球へ降下。
これで、沙慈とルイスの距離が結構縮まったんじゃないかな。
そろそろ、初めての接触があるかもしれないな。


カタロン基地襲撃作戦

マネキンさんはこの作戦を快く思ってないみたいです。
というか、マネキンさんといい、セルゲイのおっちゃんといい、ソーマといい
1stシーズンで敵として戦ってきた人物が、アロウズを裏切りそうです。
というか、仲間とは行かなくとも、中立として援護してくれそうです。

王留美よりもたらされた情報から
カタロン基地の救援に向かうソレスタルビーイング。
ライルにとっては、仲間の危機なので焦っています。

先制攻撃を仕掛けられ、混乱する基地内部に
オートマトンが投下され、虐殺が開始される。

ソーマはオートマトンの使用を止めようとしたり、
オートマトンを破壊するライルを止めようとしなかったな。
今回の虐殺を、超兵として生きる自分が
人並みの幸せを求めた罰なのかと悩んでしまいます。

同時に、沙慈もこの虐殺が自分の脱走が根本原因にあることを知り、
自分が戦いを引き起こしたことに対して、信じられないようでした。
なんせ、ソレスタルビーイングもカタロンも戦いを巻き起こす存在であり、
自分は違うと思ってきた沙慈にとって、自分もその存在になってしまったと思い、
今回の戦いは大きな転機になりそうです。


故国、燃ゆ

そして、今週のタイトルが最後の最後に出てきましたよ。
アザディスタンがアリー・アル・サーシェスによって滅ぼされていました。

リボンズがサーシェスに与えた任務はアザディスタンの破壊だったんですね。
通信をしているはずがないのに、サーシェスが刹那の言葉を返したのは気にしないでおこう。
来週は一体どうなるんだろうか。

スローネツヴァイにサーシェス。
スローネドライにネーナ。

もしかしたら、修理されたスローネアインに沙慈が乗らないかな?
サーシェスには姉を殺され、ネーナにはルイスの腕と心を壊された沙慈が乗れば、結構いい感じになると思うんだけどなぁ。

というか、沙慈がMSに乗ることはないか。
でも、私は沙慈が乗って戦うところを見てみたいです。

カタロン内部は、どうなったんだろうか?
クラウスやシーリン、子供たちは無事だったのか、
それとも本当に全滅させたれてしまったのか。
おそらく、重要人物だけが生き残っているんだろうな。
子供たちは、無事だったと思いたい。



そんなこんなで、今週の感想は終わりです。
では、また来週!
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」

博士「バーニング・ハンマー!」助手「小橋建太かお前はwww」...

機動戦士ガンダム00 2nd 第5話「故国燃ゆ」

今更ですが、高山みなみが超真面目な声で「ミスターブシドー」と言った瞬間 ミスターブシドーって どう考えても違和感 あるよなっと思いました。 さ、そんな違和感を発見したところで、今回の簡単感想行きます!!! ★今回のティエリア★ 「何なら、そのまま帰って...

ガンダム00 セカンドシーズン ♯05 故国燃ゆ

 Mr.ブシドーの身勝手さとマリナの身勝手さが見所でしょうか。そしてアロウズとサーシェスの残酷さ。ラストは少し気分が悪くなりました。

働いたら負けだと思っている マリナ・イスマイール00第5話

 第3話でアレルヤが収容されていた施設を考える。刹那の00が突っ込んだ時にピーリス達がいた所までえらい揺れてるんですよね。その癖壁...

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第5話 「故国燃ゆ」

新キャラが出たー! 髪がなびいてますw そしてサーシェスも出た! アロウズにいるんですね。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第5話「故国燃ゆ」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第5話を見ました。第5話 故国燃ゆガンダム出現を利用して、ある計画を進める人物リボンズによる指示によって政府はアロウズの重要性を説いていた。「これは君の考え?」「さぁ、どっちかな?」「ともあれ、そろそろ僕達の出番となりそう...

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #05『故国燃ゆ』

あの戦争大好き男が遂に来た!! 『人間だよ、ある意味その枠を超えているけどね』 何でお前は無傷なんだよ!それともサイボーグ化されてるのか?! まぁサーシェスが属す組織=リボンズサイドってのは納得。

機動戦士ガンダム00 2nd season 第05話 感想

 機動戦士ガンダム00 2nd season   第05話 『故国燃ゆ』 感想  そう、これが敵!  そしてあの男がついに・・・  -キャスト- ...

アザディスタン クルジス

カナダの紅葉で~す 【アニメ】機動戦士ガンダム00 2ndシーズン 第5話「故国燃ゆ」必ず近い将来、ソレスタルビーイングと手を取り合う日が来ると確信しています。 マリナはカタロンに預けられると思われていたが、アザディスタンに戻ることになった。 ガンダムを用いず...

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 ソレスタルビーイングとカタロンの代表による対話が始まった。ソレスタルビーイングに協力を求めるカタロン・・しかし、戦うべき敵の対象が違うことで、話し合いは平行線を辿る。そして・・・。

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。