スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2008年47号感想

『ONE PIECE』がねぇ!!!!!!
先週で告知してたかな?覚えてないや。
でも、『ONE PIECE』って10週に1回くらいのペースで休んでんだよね。
まぁ仕方ないことだけど、何か物足りないんだよな。

そんなわけで、今週の感想です。


【巻頭・家庭教師ヒットマンREBORN】
久々に読んだなぁ。この漫画。
それにしても、人気投票の票数がでかいなぁ。
やっぱり人気があるんだなぁ。

私個人としては、最初のころは楽しんでたんですよ。
連載開始当時、『D.Gray-man』と同時期に始まったこの漫画でしたけど、
途中(単行本6~7巻あたり)から、バトル路線に方向替えが行われ、
だんだんと読まなくなっていきました。10年後編の序盤までは読んでたかも。

いや、バトル路線がダメってわけじゃないんですけど、
この人のバトル絵って見づらいんだよな。昔はまだ読めたけど、
死ぬ気の炎がハチャメチャに使われ始めた辺りから、
かなり分かりにくくなったと思う。

あと、キャラがどうも腐女子路線を進みすぎている。
現在のジャンプにおける腐女子漫画の代表と言っても過言ではない。

ギャグとバトルを繰り返す昔の『世紀末リーダー伝たけし』みたいな
漫画の進め方を望んでいたけど、そうも行かないんだよな。

というわけで、この漫画は全く読んでなかったために、
最近の展開がわからず、感想を書こうにもかけませんでした。
申し訳ないです。


【NARUTO】
久々にサクラを見た気がする。そういえば、医療系の忍術習ってたなぁ。

今週は綱手様が熱かったなぁ。
相談役のご老人に対しての発言は熱かった。

「私の祖父・初代火影がアンタ達を信じ木の葉を託したように!今度はアンタ達が子供達を信じ託す番だ!」

もしかしたら、今回のペイン襲撃で木の葉の里の世代交代が行われるかもしれないですね。
木の葉の里でも、ナルト世代と親世代の共闘が行われるようですし、
ナルト世代の親たちの何人かはこの戦いで死んでしまうかもしれないですね。

そんな中、ナルトの召集を伝えるためのカエルはダンゾウに殺されてしまいましたね。
これで、襲撃の期間中にナルト不在の展開になると、かなり面白くなると思うんだけどなぁ。
できれば、襲撃の終了までナルトは修行しててほしいかな。


【D.Gray-man】
このレベル4の能力はなんなんだろうか?
なんか、身体が若干太くなってたけど、たいした能力使ってないよな?
先週の内容覚えてないなぁ。

で、エクソシストがなんとかレベル4と戦ってるけど、前回ほど苦戦してないようです。
なんかこれ見るとレベル3のようが強かったんじゃね?って思ってしまいます。

そんな中、ティモシーよりも先に逃がした院長先生たちがアクマの罠で死んでしまいます。
おそらく、アクマの毒にでもやられたか、単純に新手が居たかですかね。
この流れだと、ティモシーはイノセンス覚醒してエクソシストになりそうだな。
まぁ分かってたことだけどね。


【脳噛探偵ネウロ】
久々に順位が高いです。
笹塚さんが本気を出せば、マフィアの若頭ですら一瞬のようです。
案外、シックスの血筋をひいているのかもしれないですね。
笹塚刑事が死んでしまうのか、吾代らが助けに入るのか。
来週以降の展開に期待したいですね。


【アスクレピオス】
今週は、天才女医ローラ・ローマンの紹介かなぁ。
当時の医学の実態を表現するためには、一般の医師を出すのはいい展開ですね。
彼女は今後の重要人物になるんでしょうね。
おそらく、ライバルとして今後も登場するでしょう。

さて、来週はメガネを使って手術をするのかな?
中世ヨーロッパのメガネ(というかメガネあったのか?)は、おそらくガラス製だからなんとかなるのかな?
でも、開腹して治療したあとの縫合はどうするんだろうか?
う~ん、来週見てみないとわからないなぁ。


【HUNTER×HUNTER】
イカルゴVSブロウーダ決着!!
これで、しばらくの間ブロウーダは戦線離脱ですね。
イカルゴはトドメをさせなかったなぁ。

単純な力の強さだけでなく、イカルゴの戦略勝ちというところでしょう。
こういった展開は好きだなぁ。策略を張り巡らせて、強敵に勝つという展開は。
どうも、最近のバトル漫画はこういった部分がないがしろにされてる気がする。
敵が強い→味方がパワーアップ→更に強い敵の出現→味方のパワーアップ
の無限ループがパワーインフレを起こしてるんだよなぁ。

そんでもって、来週からは
シャウアプフVSモラウの戦いへ!
15分とは、稼げた時間のことなのかな?


【SKET DANCE】
ヒメコ過去編完結!
無事、欝な展開になることなく終了しました。

正直、スイッチの過去編がジャンプでは珍しく欝な展開だったので、
過去編はどれも欝な内容かと思ってましたが、人が死ななくて良かった。
悲しい過去ではあったけど、ボッスンや委員長のおかげで
ヒメコも心を開いていったんですよね。あーちゃんとも仲直りできたし。

来週からは通常のギャグに戻るのかな?
また、しばらくすると、スイッチのスケット団への参加の物語、そしてボッスンの過去編が公開されることでしょう。それまで、連載が続いて欲しいなぁ。


【バクマン】
服部さんが危惧していたのはこういったことなんだよな。
賞が取れてしまうと調子に乗り、気持ちがうわつき漫画を書くのに実が入らなくなる。
となると、伸びてきている実力が伸びなくなってくる。
となると、輝く可能性のある卵でもデビューすら出来なくなる。

今回の手塚賞最終候補止まりだったのも、
案外、審査員の中に服部さんと同じ考えの人が居たのかも知れない。
若いうちに調子乗らせるとダメって事だよな。特に中学生だし。

シュージンが石沢を殴ったのはスカっとしたなぁ。
やったこと無いやつが「自分の方が巧くできる!」って言っても説得力ないしね。
仮に、石沢がそれなりの賞を取ったやつだったら、展開は違ったかもしれないね。

それにしても、この漫画は将来的にどんな展開になるんだろう?
もしかしたら、シュージンが新妻エイジとコンビを組んで
サイコーに挑む展開とかになるかもしれない。そういった展開も好きだなぁ。


【読切・MONSTERS】
主人公が唯一のモンスターの生き残りであると言う設定。
それで、仲間の臓器を回収していくお話。
ハンターのクラピカのような境遇の主人公ですね。

でも、こういった話は嫌いではない。
というか好きな方です。個人的には面白かった。
これで、絵がもう少し巧ければ文句無いんだけどなぁ。

連載向きな設定だと思うし、1年後くらいには連載されてるかもしれない。
蔵人先生と田坂先生の今後に注目していきたいですね。


【PSYREN】
ここにきて、新しいWISEメンバーの登場!
あぁ、本当に打ち切りの匂いがしてきたよ。
暴王の月は威力を衰えさせることで、脳への負担を軽くし、
さらには、プログラムを入れる余裕を入れることができたんだなぁ。
ようは、使い方か。

さて、WISE第3星将という名称で出てきたシャイナさん。
ということは、それなりの組織力をもっていて、人間型も結構居るということかな。
どちらにしろ、解決していない伏線を全て回収してから終了して欲しいです。


【総括】
やはり、ONE PIECEがないと何かが足りないです。
ですが、今週はなかなか面白かったですね。
『HUNTER×HUNTER』が復活している時期っていうのはやっぱり安定します。
案外、10週置きにやってるからこそ人気を保っているのかもしれないですね。
では、また来週!!
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。