スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2010年13号 感想

※一部冒頭部分の内容を変更しました。

いまさらになりますが、GIGAZINE様の記事で
2009年度のジャンプまとめ記事を発見しましたので
簡単に紹介したいと思います。
週刊少年ジャンプ2009年号総まとめ

2009年の表紙第1位は『NARUTO』。
背表紙も含めて一番目立った作品だったかもしれません。
意外だったのは、『BLEACH』の2回という回数。
下部の掲載順位変動表からもわかるように、
2009年は『BLEACH』の人気変動が激しかったようです。
看板作品だけにガンバッテ欲しいところですね。

2009年の新連載で現在まで残っている作品は、
『べるぜバブ』、『黒子のバスケ』、
『賢い犬リリエンタール』、『保健室の死神』、
そして、『めだかボックス』の5作品。
前者2作品は人気を確立しつつありますが、
後者3作品はいまだに打ち切りライン上にいますから、
人気が出た新連載は2本ということになります。
一方で、『アイシールド21』、『魔神脳噛探偵ネウロ』、
『To LOVEる』が連載終了、さらに『D.Gray-man』が
ジャンプSQへの移籍となり枠が大きく開いた年でもありました。

はたして、今年はどんな年になるのか。
いまさらですが、楽しみにしたいと思います。


では、今週の感想です。


【新連載・四ツ谷先輩の怪談】

先生から先輩へ
読切時は確か『四ツ谷先生の怪談』だったと思いますが、
連載開始されると『四ツ谷先輩の怪談』に変更されてますね。
これは『保健室の死神』とかぶることを恐れたためでしょうか。
どちらも怪奇な先生ものになってしまうので、
内容は違っても読者は同じだと勘違いしてしまうかもしれません。
しかし、先輩や先生と強力しながら怪奇に挑む点では、
似ている部分が多いことはどうしても否めないでしょう。
『保健室の死神』はギャグへのテコ入れ後は
そこそこ人気が高いようですから、こちらは怪奇一筋でいくのかも。
しかし、話そのものはなかなか面白く、
読切時から思ってましたが独特な雰囲気の漫画でして、
怪奇メインでいけばかなり面白くなるのではないかと思います。

ストーリーとしては、ヒナノの謎を一つの軸としながら、
各回ごとに違う怪談を展開して行くのでしょうか。
その各回のところどころでヒナノ事件に関わるものが、
少しずつ登場してくるような展開になると、
かなり面白くなってくるかもしれませんね。
というか、個人的にそんな展開を望みたい。
「"噂"は膨張し化学変化を起こして、時に真実を炙り出す」
という言葉からそんな展開にならないかと期待してます。


【NARUTO】

ナルトきちゃったかぁ
このタイミングでナルトが登場しましたかぁ。
カカシVSサスケはサスケの体力切れによって中断状態で、
そこにサクラが攻撃をしかけたことで状況が一変しましたね。
サスケは躊躇なくサクラを殺しにかかりましたから、
この状況をみたナルトがどう思うかでしょうね。
体力的に限界を迎えているサスケではありますが、
隙をつけばカカシやサクラを殺すことはできそうですし、
ナルトの目の前で殺しにかかる可能性はまだありそうです。
なんか、先々週くらいからサクラやカカシが死ぬんじゃない?
って私は書いてますが、彼らが嫌いなわけではないですよ。
一応、誤解されないように念のため。
ただ、ここでサクラやカカシがサスケに殺されるとなると、
『ONE PIECE』のエースの死のような展開になり、
さらにナルトに復讐心を根付かせることになるため、
より話が面白くなるんじゃないかという個人的見解に沿った予想です。

しかし、体力が限界に近い状態のサスケと
木の葉一といってもいい実力をつけた万全の状態のナルトでは、
戦っても決着が見えていそうなのでさすがに死なないかな。
気になるのは、香燐がなにか動きそうな気がするんですよねぇ。
生き残り治療も終わって少しは動けそうですから、
まだサスケのことを信じて治療に現れたりすると、
二人の死の可能性は高まってしまうんですよ。
彼女がまだサスケを信じてるかどうかで戦況は変わりそうです。
次週、ナルトがどう対応するか楽しみです。


【PSYREN】

集結するWISE
WISEの構成メンバーが次々と登場してきましたね。
これまで登場していた五人の星将以外にも、
03号と鬼瀬鋭二、そしてかがり火を含めて計9人。
本来ならばこれに遊坂が加わり10人だったのかな。
元老院の構成メンバーもこの中にいるでしょうね。
03号と鬼瀬は性格上厳しいかもしれませんが、
少なくともかがり火は元老院だろうなぁ。
戦闘というよりサポートメンバーっぽいし。
そして、03号が登場したということは、
のちのち02号も登場してくる可能性がありそうです。
こちらは今回の招集には応じてないところを見ると、
関与する気がないのか政府側にいるのか、理由がありそうです。
今後もWISEメンバーは増えそうですが、
遊坂を早々に倒したことの影響がどのように現れるのか楽しみです。

一方で、カブトはイアンから戦闘指南を受けてたようですね。
イアン式ライズを覚えたカブトがどのような戦闘をするのか。
というか、キュア能力者でないカブトが覚えたのは意外です。
カブトにも似たような素質があったということなのかな。
彼の後ろにいるのは、ヨヨですかね?
彼とどのような付き合いになっていくのか楽しみです。


【バクマン。】

恋愛模様に服部さんも巻き込まれたようです
本作でのメインパートの一つである恋愛パート。
これまでいろんな恋愛模様が描かれてきたけど、
遂に服部さんまで巻き込まれ始めましたよ!
これは予想がつかなかったなぁ・・・・。
岩瀬がここまで恋愛模様に影響を及ぼしてくるとは。
思えば、彼女が登場したためにシュージンと見吉は結婚し、
今週は新婚生活の一部をしっかりと披露してくれました。
なにげに二人の呼び名が変わってるのが初々しかったり。
その一方で、服部さんは岩瀬に誤解を与えてるようだし、
今後はさらに面白いことになるかもしれません。

一方で、『タント』の方はギャグとしてはOKのようです。
平均読者年齢が17歳とやや高齢化してきたようですが、
その中で、小学生の読者を確保していることからも、
編集部的には重要な存在になっているみたいですね。
現在の連載陣でいう『いぬまるだし』のようなポジションでしょうか。
しかし、1位を取ると言っていた当面の目標からはずれ、
エイジの作品とも張り合える存在でもなくなったことが、
エイジが興味をなくした理由なのかもしれません。
もしかして、かつての約束である「打ち切り権」を
使うかもしれませんね。でもまだ2位だから大丈夫かな?

にしても、この作品は本当に時間経過がはやいですねぇ。
再来週には結婚式してそうですし、あと1年も連載すれば、
シュージンと見吉の子供が生まれてもおかしくないかも。


【ぬらりひょんの孫】

アニメ化声優決定
アニメ化に伴い、声優や時期も決定したようです。
今年の夏、7月から放送が始まるようで、
声優はドラマCDと同じ豪華な面々となっています。
この声優陣の豪華さは編集部が力を入れている証拠かもしれません。
ジャンプの漫画がアニメした場合は長期的にアニメが続いています。
一部作品を除き、『ONE PIECE』、『NARUTO』、『BLEACH』などなど
現在のジャンプ人気作品のほとんどは長年アニメをやってます。
編集部としても『ぬらりひょんの孫』の人気を確立させることで、
新しい柱となる作品を創りだそうとしてるのかもしれません。
『べるぜバブ』もはやめのアニメ化する可能性がありそうです。
しかし、これだけはやくアニメ化してしまうと、
1年もしないうちに原作においつくんじゃないだろうか・・・。
オリジナル展開になるんだろうけどその場合、クオリティが落ちるからなぁ。
長続きするか途中で終わるかに注目したいところです。

土蜘蛛の脅威
うわぁ絶望的な状況が続いてしまったようですね。
リクオの半人間化によってどうなるかと思いましたが、
ダメージを与えたが反撃で死にはしなかった。
どちらも半人間化による影響なのかな?
原理はわからないけど父の死とも関連してるようです。
一方、土蜘蛛はつららをさらって第二の封印で待つ
と言い残し去ってきましたね。
土蜘蛛が去った理由は、リクオが死ななかったからかなぁ。
もう一度改めて対戦したいと思ったんだろうか。
ここで、牛鬼が現れたからリクオに何か教えるのかもしれませんね。
ただ一緒に戦うために現れたとは思えないし。
陰陽師との共闘も含めてどうなるか楽しみです。

それにしても、冷羅は生きているようですね。
まだ助け出されたシーンしか映ってないですが潰れてないだけマシか。
土彦はちょっとダメっぽそうですけど、彼が身を張って助けたのかな。


【ぬらりひょんの孫】

BLEACH
頼みの山本総隊長もワンダーワイスによって防がれそうです。というか、ワンダーワイスは対山本用のアランカルだったんですねぇ。でも、ワンダーワイスを他の人がなんとか抑えておけば、山本総隊長が藍染と戦うこともできそうだけどなぁ。それとも、あの切り札を防がれた時点でもうダメだったのかな。

べるぜバブ
舎弟の登場から始まりどうなるかと思いましたが、やっぱり出てきましたね。新しい敵が。今度は六騎聖ですか、古市もつっこんでいるということは田村先生も承知済みなのでしょう。6人を男鹿だけで倒すのか、東邦神姫などが分散して倒すのかにも注目したいです。

LOCK ON!
2話目にして真田の持っている能力が説明されましたねぇ。というか、今週は説明のためだけの回だったような気もします。確か、これまでの読切では部活に助っ人参加する様子が描かれてたので、今後は野球やサッカーなどに挑戦していくのかもしれません。3話目に期待。

家庭教師ヒットマン!REBORN
二人とも消えたということは死んだのでしょうね。これでアルコバレーノが蘇るとされてるわけだから、次週はアルコバレーノが復活して一気に戦況が変わるということでしょうか。最終局面に入るようですし、そろそろこの長かった未来編が終わるのかもしれません。

いぬまるだし
一瞬、本当に森田先生とのコラボレーションなのか!と思ってしまいましたが、巻末コメントなどでもお礼がないことから真似事だったようです。それにしても似てるなぁ。

めだかボックス
異常の面々はみんなそれぞれの過去を背負っているんですねぇ。名瀬にしても、古賀にしても各々の目的があって異常の一員になってるんだなぁ。順位もだんだんと安定(といっても下位の上)してきてるようですし、パンツ要素を復活させ、暁月先生の本領が発揮できれば案外長続きするかもしれません。あと、名瀬の「パンツ見るなよ」のシーンは大好きです。

SKET DANCE
なるほど!『いぬまるだし』とのコラボレーションをするために、コミックや赤マルで展開してきた幼稚園編をやっていたんだ!かねてから、機会があればやってみたいと言っていたから、これはいい機会と思って幼稚園編をやったんだなぁ。そして、小学館漫画賞の受賞おめでとうございます!これで編集部もアニメ化とかの方向に動いてくれればいいですね!

トリコ
最後のトリコが消えたシーンは水蒸気による蜃気楼なんじゃないかと予想。汗を思いっきりかいて一気に蒸発させたような気がしないでもない。さすがにこれで死んだらストーリー終わっちゃうし、来週には決着がつきそうな気がします。

HUNTER×HUNTER
ネテロ会長は最後に自爆を選んだかぁ。それも人間が作った最大の兵器によって自爆するということで、蟻と人間との差がないことを示そうとしたのか。これでメルエムに大きなダメージがないと、ハンター側にとって絶望しかない状況になるからなぁ。次週どうなっているのか楽しみだ。

銀魂
これは歌舞伎町全体をつつんだ大きな戦いになりそうですね。長編化するでしょうし、銀さんたちがどのように絡んでくるのかを含め、今後の展開がどう動くのかにも注目していきたいところです。

黒子のバスケ
合宿編開幕!そして、ビーチ訓練に続いて秀徳高校との合同合宿に発展しそうな勢いの中、やはり黒子の第二の武器になるのはシューティングなのか!と思ってしまいました。緑間からシューティングについて教わるんじゃないかなぁと勝ってに予想してます。だって、体力の乏しい黒子に速攻とか厳しいでしょう。

保健室の死神
う~ん、ギャグメインになったのは成功だと思うんだけど、どうしてもギャグ漫画だと感想が特に出て来なくなるんだよなぁ。打ち切りラインもギリギリだし、新連載がこけないと生存は厳しいかも。

賢い犬リリエンタール
日野兄すげえな。さすが天才の親を持っているだけに、子も天才ということか。ということは、てつこも本当は凄く頭のいい子なんだろうなぁ。しかし、いかにもバトル化しそうなこの展開をどうするのか、日野兄の実力に注目したいです。

打ち切りレース考察
新連載が2本始まったことで、次の打ち切り候補がいくつかに絞られそうです。まず、『HUNTER×HUNTER』が10週で終わる場合に1枠と考えると、残り1~2枠が打ち切りとなります。その場合、新連載2本+『保健室の死神』、『賢い犬リリエンタール』、『めだかボックス』が候補になるでしょうね。『めだかボックス』はちょっと順位があがりつつあるので、まだ大丈夫かもしれません。次週以降の動向に注目したいところです。



というわけで、本日の感想は以上です。



では、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!!
拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


『マンガがあればいーのだ』のたかすぃ様が「ONE PIECEが終わるまで死ねない」という言葉に凄く共感した。尾田先生も健康に気をつけてほしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ 2010年 13号 感想

 週刊少年ジャンプ 2010年 13号 感想  諸事情により間違えて  記事消しちゃいました  内容は同じですが  TB送った人ごめんなさ...

コメント

非公開コメント

冒頭の部分で

めだかボックスも2009年の新連載ですよ。

Re: 冒頭の部分で

ご指摘ありがとうございました!修正しておきます!
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。