スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2010年12号 感想

ついに新連載が始まりましたね。
まず、土田健太先生の『LOCK ON』。
次に、古舘春一先生の『四ツ谷先輩の怪談』。
どちらも好評価を得ての連載でしょうから、
中期~長期作品になるよう頑張ってほしいです。
それにしても、最近の新連載の傾向として、
バトル系漫画は避けてるのかなぁという印象がありますね。
さすがに飽和状態になってしまったのか、
安易なバトルものは人気が取れないと新人が思っているのか。
はたまた編集部の意向なのか。
まぁ確かにバトルものばかり頻発されても困りますけどね。


では、今週の感想です。
明日の発表会準備のため時間が少なくなりましたので、
長編3本+その他の漫画と全体的に短くなりますがご了承下さい。


【新連載・LOCK ON】

やっとの連載でしょうか
この作品はまったく同じような内容で2度読切をやってますね。
一回目は赤マルで、二回目は本誌で。
この経緯を見ると、人気は高いけど連載までもう一歩という
状態が長いこと続き推敲を重ねたのかもしれません。
それだけに、完成度の高い作品になってると期待したいです。
1話目もこれといってダメな部分もなく、
1話目らしい1話目だったのではないでしょうか。
ちょっと大ゴマが多かったかなぁというのはありますけどね。
とりあえず、物語の雰囲気を示す上では良かったのかと。
読切時では説明していた真田の右目の謎は
次週以降の展開になりそうです。

今後は、基本的にほのぼのした学園ものをやるのでしょう。
さすがにこの設定からバトル化はしにくいと思いますが、
『REBORN』や『めだかボックス』のような例もありますし、
バトル化する可能性はなきにしもあらずですね。
しかし、個人的には学園コメディを続けてもらい、
『SKET DANCE』のようにところどころでシリアス展開が
あるような感じになってほしいです。
真田もニコも過去になにかあってもおかしくないですしね。
次週以降に注目したいです。


【ONE PIECE】

エースの死は確定的か
エースの死はすでに確定してしまったようです。
本作における確定的な死亡者は彼が初めてですかね。
一応、ツメゲリ部隊という死者は出てますが、
メインキャラで死亡したのはエースが初となります。
個人的には、これで色々と話は動くと思うので、
残念ではありますが、今後が楽しみになってきました。
一方で、白ひげ海賊団はエースの意思を継ぐ
ルフィの護衛にまわりましたね。
ルフィはショックで精神が崩れたことによって
無理した体を保ってきた気力がなくなったのでしょうね。
それによって身体的な限界も迎えつつあるということか。
それでも白ひげやジンベエ、隊長たちの活躍でなんとか逃れそうです。
白ひげは顔半分というか左脳がない状態でも
あそこまで戦えるのはすでに超人の域すら超えていますよね。
大地を真っ二つにしたことで多くを救えそうです。
白ひげの命はすでに助からないでしょうけど・・・・。

黒ひげがここで登場してくるか
以前、コメントで黒ひげ登場の話を聞いた気がしますが、
私はもう戦争に黒ひげは絡んでこないと思ってました。
が、ここに来ての登場は凄く驚きましたねぇ。
しかも、仲間が10人になっていますし、
インペルダウン襲撃は仲間集めのためだったようです。
増えたのは、レベル6に収容されていたという
史上最悪の女囚、"カタリーナ・デボン"(左から2人目)。
巨大戦艦、"サルファン・ウルフ"(後ろのでかいやつ)。
大酒の"バスコ・ショット"(中央奥の酒飲んでるやつ)。
の3人と一番左の角がはえたやつですね。
角が誰かはちょっとわかりませんが、全員悪い顔してますねぇ。
ここまで悪役っぽい海賊も珍しいんじゃないか。
しかし、彼らの目的はなんなのだろうか?
白ひげの死を見届けに来ただけかもしれませんけど、
海軍へ攻撃をしかければ壊滅とまではいかなくても、
かなりのダメージを海軍に与えることが出来そうです。
海軍をしばらく動けないほどのダメージを与えたうえで、
海賊の勢力図を大きく変えるために動くのかもしれません。
あぁ来週が休載なのがじれったいですね。


【NARUTO】

これは・・・死にそうです
だれのことかといえば、もちろんカカシ先生です。
サクラがここでサスケに殺されたりすると、
ナルトがサスケの復讐の心を少しでも理解するのでは?
と思い、サクラ死亡を考えてはいましたが、
さすがにヒロインを殺すわけにはいかないですね。
しかし、ここでカカシ先生が身を張ったということは、
展開的にもカカシ先生が死亡する確率は高そうです。
まず、カカシ先生が暫定的な火影というのが問題。
前火影・ダンゾウ、暫定的火影・カカシの両名が死亡すると、
もはや木の葉に火影を担えるほどの人材はいないでしょう。
木の葉はペイン襲撃の傷からまだ癒えてはおらず、
そのうえ火影も次々といなくなるとなれば、
里としての機能はほとんど失われてしまいます。
さらに、里の絶望感は最高潮になるでしょうね。
その上、サクラほどではないですが、
カカシ先生が死亡することでナルトが復讐の心を
少しは理解することになるかもしれません。
ナルトにはそれを理解した上でサスケを説得して欲しいと
私は思っているので、カカシ先生が死ぬことによって、
物語に大きな転機を迎える機会になると思います。

ですが、サスケも雷影戦、ダンゾウ戦と連戦ですから、
ここでカカシ先生を殺せるほどの力は残ってないかな。
う~ん、誰か一人での援軍にくればだいぶ違うんだけどなぁ。


【その他の漫画】

べるぜバブ
新キャラ登場に日常風景とこれからはバトル以外の展開も見せて行くのでしょうかね。バトルばかりだと飽きられますし、一般人キャラを追加したことで作品へのカンフル剤になればいいと思います。しかし、この梓って子はツインテールなことといい、黒髪といい、ついつい『けいおん!』の梓を思い出してしまいますね。狙って描いてるのか?

ぬらりひょんの孫
うわぁ・・・リクオもそうだけど、土蜘蛛の強さが半端ないな。圧倒的すぎる。遠野勢の冷羅と土彦は死亡したんだろうか。まだまともに活躍してないし、冷羅はもっとつららと絡んで欲しかっただけに残念だ・・・。というか、サブキャラでもあっさり殺す展開はなんかTVドラマ『24』を思い出した。これからもどんどんとサブキャラは死んでいきそうだなぁ。

家庭教師ヒットマン!REBORN
なんかすごい展開になってきてちょっと頭がついてこなくなってるけど、マーレリング所持者は横の時間軸を辿ることができて、ボンゴレリング所持者は過去から未来にかける知識を得ることができるってことなのかな。ちょっと納得行かない部分もあるけど、これはこれでいいのかな。

黒子のバスケ
小休止+監督と日向の恋愛模様を描いた回でしたね。とりあえず、日向は監督を妻に迎えたらいつか死にそうな気がする。

SKET DANCE
ペロキャンのキャンペーンガールの話でしたが、個人的にはちょっと終わり方が微妙でしたね。今回はヒメコの恥じる姿やツッコミは可愛かったし面白かったんですけど、最後はあんまり受けなかったです。この作品は個人差もあれば、毎回面白さが変わりますからねぇ。

HUNTER×HUNTER
ネテロ会長でもやはり勝てませんでしたか。あとは、メルエムの声によってどれだけの影響を王が受けるかですね。これによって、戦況は変わらないかもしれませんが、なんらかの変化はあることに期待したいです。

賢い犬リリエンタール
とりあえず生き残りました。展開も黒服組織が大きく動き出しそうな感じなので、今後の展開次第では安定域に持っていくこともできそうです。このタイプの漫画は珍しいのでガンバッテ欲しいなぁ。日野と今一郎の関係は、なんだかんだでくだらない因縁な気がする。

バクマン
服部さんの凄さが浸透した回でしたねぇ。こんな編集者が本当にいまの集英社に居れば、ジャンプの未来は明るいのでしょうけど、実際はどうなんだろうか。モデルになってる人はいると聞いてるけど。しかし、ジャンプがそこら中で完売ってのはすごいなぁ。現実ありえないだろうけど、そこまで面白い新連載なら是非読んでみたい。

保健室の死神
本当にギャグメインになってから随分と面白くなってきた気がします。今回の打ち切りもまぬがれたようですし、このままギャグメインで押していけば、中期連載くらいはできるかもしれません。

PSYREN
うお!順位低いなぁ。たまにPSYRENの順位の低さに驚く時がある。それにしても、雨宮は心の奥をアゲハに知られたことに凄く恥じてますね。でもその姿がすごく可愛かったり。一方でアゲハは狂気にも似た強さを手に入れつつあるようで、今後の彼が心配です。以前、ヒリュウが「アゲハと朧が道を間違えたとき正してやるのはお前だ」と誰か(祭先生だったかな)に言われてたこともありますしね。

めだかボックス
「あん」が再登場するとは思ってなかったですねぇ。まぁこの戦いも勝って終わると思うんだけど、同じようなバトルを続けると飽きられるからどこかでカンフル剤を入れて欲しいです。

彼方セブンチェンジ
打ち切りになりましたか。勇者学のときも序盤は人気が出にくかったのですが、今回はその序盤の人気不足から抜けることなく打ち切られた形になったような気がします。ギャグ漫画は面白い回とそうでない回の差が激しいですから難しかったかもしれませんね。再起をお待ちしております。

打ち切りレース考察
2作品が抜けたことで、次の打ち切り候補としては『めだかボックス』、『賢い犬リリエンタール』、『保健室の死神』の3作品+新連載の2作品が最有力となるでしょうね。また、『HUNTER×HUNTER』も10週で終わるとなると、OUT枠になりますから、新連載の数が増えるかもしれません。しかし、まずは、次週以降の順位変動に注目です。


というわけで、本日の感想は以上です。



では、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!!
拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


バンクーバー五輪のカーリングが熱いです!ここ最近はカーリングの動向に注目しっぱなしですよ!
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

ワンピース・・・
くいなも死んでたような気がします
あと角の生えたやつって自分はまたオーズの子孫なのかなぁと予想しました
てゆーかオーズJr.はどちら側にいるのでしょうね?
NARUTO・・・
たしかにカカシの死の意味は管理人さんの言う通りだなぁ・・・と思いましたがさすがにこれだけ戦ってたサスケが勝ったらチャクラ量がちょっと多過ぎるのではないかと思いました

新連載・・・
おもしろいのですがやはり最近の新連載はグッとくるものがいまひとつ足りないと思います

彼方・・・
乱丁の表現には天才かと思いました
この先生は比較的好きなので頑張ってほしいですね

文章力なくてこんな長くなってすんません


新連載始まりましたね。
本当に瀬戸さんのおっしゃる通り目立ったダメな部分はなく「第一話」っぽかったですね(笑)
大ゴマが多く、バストショットを多用しているので絵的にも話的にもテンポがいまいちだったかな?くらいで、普通に読めました。

「三代目の気持ちが今になって分かった」という台詞に正直グッと来ました。
ああ、ナルトって歴史を積み重ねた…そう、まさに大河ドラマだったんだ!と思ってしまいました(笑)

やはり黒ヒゲ出て来ましたね。エースはアラバスタの初登場時から黒ヒゲを追っていた。シャンクスの顔の傷は黒ヒゲがつけた。そして、Dを継ぐモノ。
尾田先生は常々ラストまで流れは自分の中で決めてあると言っていましたので、黒ヒゲというワンピース最大の敵役をとうとうこの戦争で表に出した回となりましたね。
黒ヒゲの野望とルフィの夢は因縁として確実に物語の後半で交差することになるのでしょうね。

余談ですが、
スケットのオチ…オレは好きでしたよ(笑)
でも確かにスケットは万人ウケはしませんね(笑)

Re: け~わいさん

コメントありがとうございます!

>ONE PIECE
死については過去編を抜いた場合の話なので、私の記憶違いでなければリアルタイムで死んだメインキャラはエースが初めてかと思います。説明不足でしたね、すいません。オーズJrというのは、オーズの二世ってことですかね?確かに三世がいましたから二世がいてもおかしくないですが、さすがに血縁関係とするならあの角男は小さすぎるかなぁと思いました^^;遠縁くらいならあり得るかもしれません。

>NARUTO
ここでサスケが勝ってもいいんですが、連戦のうえにカカシ先生に勝てるとなるとパワーバランスが崩壊しそうな気がするんですよねぇ。

>新連載
そうなんですよ!なにかが足りないというか「おお!これは凄い!」というようなものがないんですよねぇ。最近では「ぬらりひょんの孫」のときは絵の独特さと上手さに驚いたものです。

>彼方セブンチェンジ
あの最後のページ破り方式は確かにすごかったです。人気こそでなかったものの、あのような技を使える先生も多くないので、ガンバッテ欲しいですね。

Re: ryukさん

コメントありがとうございます!

>新連載
新連載はつまらないわけではないんですが、今後人気が出るかと言うと微妙かもしれません。これから2話、3話と続く中でどういった話の展開をしていくかで評価は変わってくると思います。

>NARUTO
この作品もけっこう大きな流れの中での面白さがあるので、いまのジャンプの中でも人気が高いのはわかりますよ。これまで出してきた伏線を完璧に回収し物語が完結すれば名作の中の名作になることは間違いないでしょうね。

>ONE PIECE
私はこれまでこの戦争の意味を白ひげもしくはエースの死によって作品の流れを変えることと思っていたのですが、それだけにとどまらず、黒ひげを完全に作品のラストボスとして仕上げるためのものだったのかもしれません。後半部にむけて、すべての土台をここで作り上げるのが目的だったのでしょう。

>SKET DANCE
この作品は個人的に好きなのですが、話ごとに面白い回と面白くない回がはっきり分かれてるんですよね。万人受けしないからアニメ化とかの話もないのかなぁ・・・。

え~っと・・・

黒髭と一緒にいた角の形が似てたのでオーズのずっと遠い親戚かなにか、まぁ言ってしまえば一族かなぁと・・・(^-^;
あと思ったのが魚人と巨人のハーフのビックパンが少し巨人よりも小さかったので魔人(オーズ一族)+人間とかも良いんじゃないかなぁ・・・と今さっき思い付きました

んでもういっこ白髭の仲間の大きいオーズは白髭側か部下側かどちらのがわの陸地に居るのかなぁ・・・ということです

これで私の言いたいことが伝わりましたかねぇ

これからもいろいろな意見をだしていくつもりなのでよろしくお願いします

Re: け~わいさん

なるほど。そういうことだったのですね。

残る仲間のひとりが遠縁という可能性はありますね。なんらかの血筋を継いでいるかもしれません。ひとりだけ誰かわかりにくくなっているということにも、なにかの意味があるのかも。

オーズJrはおそらく部下側じゃないですかね。オーズJrは最前線よりも後ろにいたと思いますし、少なくとも白ひげの位置よりは後ろだと思ってます。
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。