スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2010年7号 感想

※『その他の気になる漫画』に『SKET DANCE』と『彼方セブンチェンジ』の感想を追記しました。是非、一読してみて下さい。

今週の巻頭カラーは『黒子のバスケ』でしたね。
来週は『PSYREN』が巻頭カラーということで、
なかなか1周年や2周年記念でも
巻頭カラーを貰えないことがありますからねぇ。
『サムライうさぎ』や『P2』も巻頭にはならなかったですし、
両作品とも中堅作品として認められたのかもしれません。

特に『PSYREN』はコミックが9巻まで発刊されてからの
巻頭カラーになりますから遅咲きだった気がします。
個人的に『PSYREN』を応援している私としては、
非常に嬉しいです。ここまできたかという思いです。
『黒子のバスケ』も連載開始当初はどうなるかと思ってましたが、
『アイシールド21』が連載終了した現在のジャンプで
しっかりとスポーツ枠を確立させているようです。
両作品とも順位が下位にいったりすることもありますが、
これからも中堅として、そしていずれは大御所になれるように
ガンバッテ欲しいですね。


では、今週の感想です。


【巻頭・黒子のバスケ】

国体はやるのか?
インターハイ予選を敗退した影響は大きいようですね。
火神の2週間の静養、練習量の増大、精神的なダメージなどなど
練習そのものにも影響が出てくるでしょう。
ウィンターカップという冬の大会が次の目標となったようですが、
その前の国体ってのは参加することになるんだろうか。
おそらく、神奈川の選抜によるものなんだろうけど、
一応、決勝リーグまで残ったチームだから何人かは候補になりそう。
神奈川オールスターって感じになるだろうから、
黒子、黄瀬、緑間、青峰といったキセキの世代の終結もありそうです。
火神を含め他のメンバーも選抜されれば、
全国のレベルを知るための良い機会になるかもしれません。
二つの高校対抗試合の間にオールスター戦を挟むことになるので、
これまでのスポーツ漫画では少ない展開にもなりそうです。
まぁやるかどうかもわかりませんけどね。

木吉鉄平の存在
予想以上に大人物でしたよ。
誠凛高校バスケ部の創始者だったとは思わなかった。
てっきり、スラムダンクの宮城のようなポジションだと思ってた。
そして、誠凛のエース選手だったということなので、
火神や黒子とどうやって絡んでいくのかが注目ですね。
二人とも落ち込んでいるようですから
木吉の登場によって復帰できればいいんですが。
そういえば、創始者ってことは日向達と同じ2年なんだよな。
3年だったら今回のインターハイで引退になるだろうからね。
というか、誠凛高校のバスケ部はまだ創設2年なんだな。
昨年木吉がメンバー集めて創設して
いきなりインターハイ決勝リーグ出場ってのは凄いかもしれない。
それだけ、木吉の実力が圧倒的ということなのかな。
これは木吉の実力に注目して行きたいところです。


【ONE PIECE】

覇王色の覇気
どうやらシャンクスや白ひげも覇王色の覇気を持っているようですね。
となると、四皇は全員が覇王色の覇気を使える可能性もありそうです。
そして、エースの「お前も・・・」という発言を聞くと、
エースも覇王色の覇気を使える可能性はありそうですね。
世界には覇王色の覇気を使える人間は20人くらいはいそうです。
しかし、ルフィが覇王色の覇気を持っていることが発覚したことで、
海軍戦力をある程度惹きつけることになりましたね。
白ひげとルフィという二つに分かれることになったのかな。
そんな中で白ひげは自分の身を犠牲にしてでも
ルフィを援護することを決めましたよ。
隊長たちをルフィの援護に回したことで白ひげ周辺に残っているのは
どうやらジンベエだけになってしまったようです。
白ひげの言葉を見る限りでは、やはり死を覚悟したのでしょうね。
その上で、死ぬ前に次世代の力を見せてみろということだったのかな。

骨肉の争いが始まる
白ひげ海賊団隊長陣、イワンコフ、イナズマたちの援護を受け、
なんとかエースへの道が形勢されました。
イナズマが道を作るとは思っていなかったですけどね。
そして、他の敵軍戦力が食い止められている現状において、
ガープがルフィの前に立ちふさがりましたね。
0巻にて大将に推薦されていたことから大将同等の実力者のため、
現在のルフィでは対等に戦うことは厳しいでしょうね。
体調も万全ではないですから、誰かが援護しないと勝てないだろうな。
後ろにはセンゴクも控えていますからまだまだ壁は大きそうです。
隊長たちがルフィにつづいて階段を昇ってくればまだなんとかなるかな。
下でも激戦が繰り広げられてるから厳しいでしょうけど。
あとは、バギーに期待ですかね。これまでの経緯を見ても、
このシリーズのキーマンはバギーだと思ってますから。


【NARUTO】

サスケとダンゾウの攻防
イタチの出現はやはり幻術でしたか。
イタチの出現と天照によって生まれる一瞬の隙を狙ったのかな。
しかし、その一歩先を行っていたダンゾウが勝ちましたか。
最終的にはパワーアップしたサスケのスサノオによって
攻勢にでましたが、マダラの計画通りに事は進んでいそうです。
スサノオのパワーアップで「よし」と言っていたということは、
サスケのパワーアップが計画のうちなのでしょう。
サスケを利用するから強くするというよりは、
強くしなければいけない理由があるんでしょうね。
やはり、ナルトとの戦いについてなのかなぁ。
九尾を制御したナルトと対等に戦わせるつもりなのだろうか。
もう一つ気になったのが、ダンゾウがサスケを呪印で止めているときに
あたかもイタチに話しているかのように話していたこと。
特に意味もないと思うけど、イタチの意識が生き残ってるのかもしれない。

ダンゾウの術
どうやら、ダンゾウが使ってきた術はイザナギという禁術のようです。
今週の展開を見ている限りである程度術の性質はわかってきましたね。
まず、印を結ばなければ術は発動しない。
発動中はチャクラを大幅に減少していくが不死になる。
発動するごとに右手の写輪眼が一つ閉じる。
とりあえず、それだけの制約がある術のようですね。
禁術とされていたのは写輪眼を大量に手に入れる必要があるためか。
つまりは同族殺しをして取得できる術ってことだからなぁ。
うちは一族滅亡のときにでも収集したんでしょうね。
それにしても、ダンゾウもナルトの九尾を狙っているということは、
単純に最強の力を欲しいがためなんだろうな。
サスケ、ダンゾウ、マダラと全てがナルトに集中してきたな。
そろそろ、最終局面に向けての戦いが始まるのかもしれません。


【バクマン。】

婚約=連載失敗フラグ
シュージンと見吉が婚約したときから怪しいと思ってましたが、
やはり『タント』は連載することができなかったですね。
様子見と言う結果に終わってしまったのでしょう。
それに加えて、静河の存在や蒼樹さんの作品向上も要因ですかね。
静河や連載終了した高浜とは次の会議で戦うことになりそう。
それよりも、港浦さんが心配だよなぁ。
山久と違って入社二年目にしてヒット作が出せていないことや
『BBケンイチ』の打ち切り、『タント』の失敗によって、
クビになる可能性もありそうです。
そして、サイコーとシュージンは今後もギャグをやっていくのかなぁ。
一応、『タント』は再考という形になったのでギャグでやるだろうけど、
『タント』のままだとなかなか連載に入れない気がするなぁ。
担当の交代も近いうちにあるかもしれませんね。

いくらなんでも中井さんはダメすぎた
以前にも中井さんは蒼樹さんのアシスタント要請に対して、
誰もがパッシングするようなダメ人間っぷりを披露していったが、
今週の中井さんはさらなるダメ人間っぷりを披露していったなぁ。
福田の高浜邸乗り込みによって発覚した中井さんの勘違い。
これによって、中井さんの思惑はすべてが終わったように思える。
しかし、加藤さんがダメになったからといって、
すぐに蒼樹さんに電話し接近しようとしたときには
「ダメだ、この人はもうどうにもならない」と思ってしまった。
高浜くんがイライラしていた原因が自分であることにも気づかないし、
加藤さんが拒絶したときにも心の中で悪態ついてるしなぁ。
それでも最後には自分の過ちに気づいてくれたことは良かったかな。
あのままふて腐れて帰っていたら二度と登場しなかっただろうけど、
この別れ方ならもう一度くらいは登場するチャンスがあるかもしれない。
いつになるか分からないけど、なんらかの形で再登場して欲しいです。
これでも、初登場時は中井さんを応援してましたからね。


【PSYREN】

確定事象の前倒し
なるほど。宣戦の儀の代わりにグラナ戦後の演説があり、
それにともなって祭先生が感染する事象も前倒しになったのか。
そういえば、未来世界では宣戦の儀の前に
影虎さん、ラン、ハルヒコでWISEのあとを
独自に追っていたという出来事があった。
これが以前のはるかぜ学園の出来事になっているとしたら、
全体的な事象が前倒しになっていることになる。
まぁ未来では宣戦の儀の前に祭先生が感染してるから、
少しずつずれて行ってるのかもしれないですけどね。
で、今後起こりそうな出来事としては、
世界の崩壊、祭先生の回復、祭先生と影虎の死、イアンの死、
これらの出来事が前倒しになって起きる可能性はありそうです。
5thステージが始まる前にどれだけの事象が起きるかわかりませんが、
順番的には本来、宣戦の儀に起きるはずだった世界の崩壊かな。
これをアゲハたちが止められるかどうかで未来は変わりそうです。
まぁ崩壊の前に祭先生の回復がさきになりそうですけどね。

ん~遊坂はやっぱり小物っぽい
元老院?とも噂されていた遊坂ですけど、
弥勒からあまり重要視されていないような表現を見ると、
やはり小物なのかなぁと思ってしまいましたね。
グラナやドルキより前に加入はしているようですが、
おそらくランやハルヒコのように利用していただけなのかも。
ランやハルヒコはアルバイト感覚に近かったから
遊坂と比較するのは間違いなのかもしれないですが、
弥勒は全てのサイキッカーというよりも
素質のあるサイキッカーによる世界を創ろうとしてるのかもしれません。
それにしても、薬を射ったのは体の細胞を変化させるものなのかな?
見た限りでは毒霧のように変化してるように見えたのだけど、
どういった力なのだろうか。他にも薬持ってたから形状変えてきそうだ。
アゲハと雨宮でなんとかしなければならないけど、
予想以上に厳しい戦いになるかもしれませんね。


【HUNTER×HUNTER】

心理描写が始まりましたね
先週ではあまり見ることの出きなかった心理描写が始まりました。
これこそが本作の魅力だと思っているので良かったです。
先週のように大コマばかり使われても微妙なので。
いや、それでも大コマは使ってるんですが面白いんですよねぇ。
やはり、心理描写があるからこそ面白く感じるんでしょうね。
ネテロと王の二人の心理を見ている限りでは、
王が針の穴を射ぬくのが先か、ネテロが尽き果てるのが先か、
という持久戦のような戦いになりそうですね。
そういえば、プフもユピーも王のもとに向かってるんだったか。
ですが、モラウはすでに王とネテロの戦いには介入不可能と
言っているので到着しても問題はないのかな。
到着してもあの戦いに割り込めるかどうかわからないですし、
割り込んだら王がキレそうな気がするんだよなぁ。
プフあたり微妙に空気読めないみたいなのでやりそうですが。

次週はゴンたちか?
宮殿の方にはほとんど敵主力がいなくなりましたから、
戦いは一段落ついたのかもしれませんね。
残っているピトーはゴンに拘束されている状態ですし、
本格的にパームの捜索に入ることになるかもしれません。
まぁ動けそうなのはキルアとナックルくらいですけど。
一応、キメラアント側にもウェルフィンやヒリンなどが
生き残っているのでどう関わってくるかでしょうね。
今後の展開と連載期間に注目して生きたいところです。


【連載終了・あねどきっ】

河下先生お疲れ様でした!
ここ数週間危険域にいましたが、連載終了しましたね。
連載終了が終了した作品ですが、綺麗な形で終わったと思います。
伏線もほぼすべてを回収したと思いますし、
連載開始時に謎として残っていた問題もほぼ解決しました。
桜井さんとの関係にも決着をつけましたし、
なつきの家族関係についてもある程度解明しました。
惜しむべくは「ふゆ」の四女が登場しなかったことでしょうか。
名前や順番的に登場するような感じもしましたけど、
連載期間が短かったことで登場しなかったのでしょうね。
まぁ本当に登場するかどうかもわからなかったんですが。
それでも、打ち切りが決まってから短い間だったのでしょうけど、
これだけ綺麗にひとつの作品としてまとめたのは
さすが河下先生と言うべきかもしれませんね。

次回作にも期待!
河下先生はこれで2作品続けての短期連載になりましたが、
一度『いちご100%』でヒットしているのでまだまだ活躍するでしょう。
いまのジャンプ連載陣に河下先生ほど女の子を可愛く描ける人はいない
と私は思っていますので、これからも頑張って欲しいです。
何気に『初恋限定』はアニメ化してますからねぇ。
『あねどきっ』ももしかしたらアニメ化するかもしれません。
ともかく、河下先生、連載お疲れ様でした!
次回作にも期待して楽しみにお待ちしています!


【その他の気になる漫画】

トリコ
滝丸がメインの回になりましたねぇ。なにやら滝丸への伏線も登場しましたから、今回の戦いは勝つんでしょうね。目の伏線はいずれ回収されるんだろうか。それにしても、虫野郎は本当に気持ち悪いな。見ていて気分が悪くなってくる。でも、たけしでも似たようなことやってたなぁ。

BLEACH
藍染は強いなぁ。一護の奇襲も簡単に受け流したし、その実力差も堂々と見せつけていましたねぇ。卯の花隊長唯一勝てるのが一護だけと言っていましたが、奇襲が失敗したということは始解を見る可能性も出てきました。それを防御するのが隊長+仮面の軍勢でしょうけど、一掃されそうな気もする。山本隊長ならまだなんとか戦えるのかなぁ。

べるぜバブ
もう盗賊団なんか比じゃない問題が発生したね。超巨大なモンスター、ウラドの主が暴れ始めたようで、これはベル坊が魔王の息子ってことで沈めるのか、それともアンジェリカが沈めるのか。はたまた、男鹿が戦ってなんとかするのか。用心棒も気になりますし今後はどうなるのかなぁ。

ぬらりひょんの孫
なにやら京都には罠が仕掛けられている状態のようですね。さっそく、淡島が敵の罠にひっかかってしまったようですがこれで淡島の実力を見せるつもりなのかもしれません。それにしても、つららが現在の京都の状況を伝えないとまずそうですね。見つける方法もわかってませんけど。

銀魂
まさかゴキブリの話に進展するとは思わなかったなぁ。銀魂らしいというかなんというか。なにげに年またぎでサンタ物語をしていたんですね。これも銀魂らしいというかなんというか。面白かったからいいんですけどね。

家庭教師ヒットマン!REBORN
白蘭も凄いなぁ。別世界の自分を連れてくるつもりだったというのは失敗して正解だったかもしれない。失敗してなければ、下手したら連れてきた白蘭に計画を乗っ取られる可能性もあっただろうしね。それと、吸収と吸収がぶつかった時ってなんとなくですがブラックホールが出来そうな気がする。なんとなくですけど。

SKET DANCE
まさかのエニグマンだったなぁ。最初は新キャラが登場してくるのかと思っていたんだけど、エニグマンとクエッチョンの恋愛話に持っていくとは思わなかった。エニグマンはこれまでで2回しか登場してなかったけど、新たなキャラ付けがされたことで、これからはちょこちょこと出てくるかもしれないですね。

保健室の死神
おお!順位が少し上がりましたね。話としては日常的な物語だったのですが、病魔が最近登場してない気がするなぁ。というか、登場はしてるんですけど印象的な病魔が減ってきている気がするのは、私の気のせいですかね。もしかして、描写を控えているのか?

めだかボックス
そういえば、現在の展開を何かで見たことあるなぁと思っていたんですが、『シャーマンキング』の最後の戦いに似ている気がする。階層が進ごとに違う敵が出てきてそれぞれと戦っていくあたりが。それにしても、人吉でもそれなりに戦えていることから、異常でない人でも相性によっては異常とも戦うことはできそうです。拳銃相手だとさすがに厳しそうですが、どう防ぐか見ものですね。

彼方セブンチェンジ
二段構成すごいなぁ。これは斬新で面白かったですねぇ。二つのやりとりを同時進行で見ていくのはなんとなくアンジャッシュのコントを思い出しましたよ。しかし、順位が下がってきてるのが気になりますね。これだけ面白いものが描けるんだからもう少しガンバッテ欲しいです。

賢い犬リリエンタール
ゴム蔵が予想以上に活躍してるのが嬉しいですね。ああいったキャラは大好きですから。それにしても、桜が大活躍ですね。冷静に状況を分析して、最善の手を作り出すという部分では軍師的な存在かもしれませんね。今後も楽しみなんですが、順位がなぁ・・・・。

ねこわっぱ!
今週の物語は面白かったですねぇ。久々に声に出して笑った気がしますよ。面白くなってきたんですけど、順位が危険域にあるために心配ですね。今週の面白さを持続できれば順位上昇もありそうです。『めだかボックス』のように復活する可能性に期待です。

打ち切りレース考察
なにやら不思議な気分になってきました。前回の新連載から9週分経過したわけですが、新連載の情報がまだ提示されてこない。もしかして、新連載は『HUNTER×HUNTER』の復帰だけとかじゃないよね?おそらく、『HUNTER×HUNTER』の入れ替えで『あねどきっ』が終わったのだと思うのですが、ここまで他の新連載情報がないと少し心配になります。

入れ替えがあるとして、おそらく2作品が入れ替わるでしょうね。打ち切り候補は『ねこわっぱ!』、『リリエンタール』、『保健室の死神』、『めだかボックス』、『彼方セブンチェンジ』の5つでしょうか。まだ、10回も経過していない『ねこわっぱ!』と『彼方セブンチェンジ』はまだ大丈夫な可能性はありますが、油断は出きません。『リリエンタール』が筆頭候補でしょうね。『めだかボックス』、『保健室の死神』は順位を上げてきましたが、まだまだ下位にいることは確かなのでわかりませんね。

正直、次の打ち切り作品がわかりにくくなってきましたよ。どの先生の新連載が始まるかにも注目していきたいと思います。



というわけで、本日の感想は以上です。



では、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!!
拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


雪が凄いですねぇ。車がスリップして動かなくなり駐車場に止めることも発進することもできないなんて久しぶりでしたよ。ここ4年で一番降ったかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

No title

・保健室の死神
 なんでしょう。やたら花巻さんが強調されていたような気がします。
妙にお色気が高かったというか…なんか新鮮でした。
まさかラブコメ要素をこういう形で入れるとは…

・めだかボックス
 宗像くん武器の扱いが素人でした。素人なんだ…
まだ理事長や真黒がいうほどの異常性が見られませんから
次回それに期待ですね。何に飛びぬけてるんだろう…
そして次回待望のセンターカラー!!サイレンの巻頭と同じくらい
嬉しい!!

・賢い犬リリエンタール
 あー…巨人止まってくれませんでしたか。やっぱりてつこの自分
を卑下する感情も作用しているんですかね…
ごむぞうGJなんですけど、うさみちゃんかわいそう(笑

・ねこわっぱ
 神使とか他の神様たちが可愛すぎる!
…それはそれとして、なんだか展開が速い気がしますが大丈夫かな。次回で第2関門クリアしたらもう危ないかもしれません…

セブンチェンジ
 勇者学連載時に読み飛ばしていたせいかギャグが新鮮で面白いです。2段構成って…いいな!!

あねどきっ
 ああ~終っちゃった(泣
なんだか無難な終り方でしたね。最終巻で後日談描いてくれないかな…河下先生!!


打ち切り候補

今回のレースは今の時点での判断は確かに難しいですね~
巻頭やアニメ化の「ぬらり」「黒子」「サイレン」ついでに「スケット」はひとまず大丈夫なのは確定的ですが、それ以下の人気であろう漫画はどれも掲載順が安定せずヒット作からこぼれた票を低い位置で喰いあってる様な印象を受けます。
もしかしたら、新連載は2作と限らず一気に3作、4作といつもの改編より増えるかもしれません。
ハンターが復活して雑誌自体の発行部数が伸びるのは確実だと編集部は読んでいるのは明らかなので、この時期に魅力的な新連載を一気に出してそのまま、ハンターが再び(笑)休載に入っても売り上げを維持、上昇させ、雑誌自体を盛り上げてゆく方針は間違っていないやり方ですからね。まぁ結局は新連載の出来次第ですけど…
その場合はほぼ確実にその五つの中から選出されるでしょうね。
オレは新連載は三つくらいの3号連続がリアルに有り得る数字だと思います。

Re: Kさん

いつもコメントありがとうございます!

>保健室の死神
病魔の描写が押さえ気味になってきたことやラブコメ要素を入れてみたことを考えると、方針転換を狙っているのかもしれませんね。まだまだ危険域ですが、注目してみていきたいところです。

>めだかボックス
宗像は殺人に対する躊躇のなさと暗器の使い方(というか収納の仕方?)が異常なんじゃないですかね?高千穂戦に比べるとあまりパッとしませんけど、武器を大量に使って人を殺すって部分で異常なんじゃないかと思ってます。というか、次回センターカラーだったんですか!うわっ気付かなかった自分が恥ずかしい。ですが、センターカラーをもらえたということは今回の打ち切りは少なくとも回避されそうです。

>賢い犬リリエンタール
なるほど。確かに巨人が誕生したときにてつこが自分の過去話をしてましたからねぇ。てつことうさみの二人の心に反応して生まれた怪物って可能性は十分にありそうです。次週には、明らかになりそうですが、楽しみですね。順位が厳しいですが・・・。

>ねこわっぱ!
確かに展開が早い気はしますねぇ、ですが、10週で打ち切られるという作品は最近少なくなってきてるので、よほどのことがなければ今回は大丈夫だと思います。この大会編で盛り返して欲しいところです。

>彼方セブンチェンジ
あの二段構成は上手いなぁと思いましたね。順位が下降してきてるのは残念ですが、斬新な展開をしていくことで浮上のチャンスはあるかもしれません。

>あねどきっ
無難に終わりましたけど、個人的には満足でしたね。伏線も回収しましたし、綺麗な形で物語が終わったと思います。後日談はページに余裕があれば書くかもしれませんね。

Re: 打ち切り候補

いつもコメントありがとうございます!

>打ち切り候補
なるほど。ここで新連載を大量投入することで一気に攻勢をかけるというのは有り得そうですね。かつて連載をして経験を積んだ先生方や前回の金未来杯獲得の『メタルカメタリカ』も控えてますからねぇ。一気に入れ替えをするのであれば、それはそれで楽しみです。

打ち切り候補としては『めだかボックス』がセンターカラーを勝ち得たようなので、とりあえず今回の打ち切りは回避できるかもしれません。『P2』のような事態にならなければですけど。残る4作品のうち2作品が連載開始から10週経過してないので、久しぶりのロケット打ち切りもあるかもしれませんね。

何ということだ・・・コメが浮かばない( ̄▽ ̄;)

毎回やろうと思ってたのに(┰_┰)

とにかく最近のジャンプはおもろいっす!!

久し振りの巻頭カラー!

【NARUTO】
ダンゾウが復活する際にスサノオの攻撃を受けた元の体が残ってた
ので、自身の体もイザナギで形成する事が出来るみたいですね。
写輪眼を閉じる事で生じる精神エネルギーと増幅された身体エネルギー
を結合して、体を形成しているんでしょうかね。

イザナギ発動による写輪眼使用数は、前号と今号から判断すると、
自身の体を形成する時は3個閉じて、致命傷の場合は2個閉じて、
それ以外の場合が1個かなぁと思います。
前号の戦いで一時、閉じた写輪眼が5個以上の場面があったので、
イザナギを解除する事で、時間をかけながら閉じてた写輪眼が1個ずつ
再び開くのだと思っています。

【PSYREN】
歴史の強制力なんですが、雨宮は運命という言葉で片付けましたけど、
同じような出来事が立て続けに新たな未来で起こるというのは、都合
よすぎる気がするんですよね。今の所は運命や偶然でもいいんですが。
なので例えば、謎に包まれてる元老院の1人が(元)サイレンドリフト
で、10年後までに起こった事を全て知っている・・・とか。
まぁ、この妄想はともかく、何らかの圧力はかかっていると感じます。

あのウイルスは、遊坂のPSIによる攻撃じゃない気がしています。
サルファマスタードという言葉を言ってた(知ってた)ので、化学兵器
の可能性もあるかと。その場合、自身の体内に色々な抗体を持ってそう
ですね。果たして遊坂は、大物(研究員?)なのか小物なのか・・・。

来週は久し振りの巻頭カラーですね!
久し振りというより、1話以来の巻頭でしたっけ?
掲載順が上がってきたので、是非このクオリティを維持して頂きつつ、
アニメ化決定を迎えたいものですよねぇ^^

【打ち切りレース】
残りの打ち切り作品が何なのか、私も全く見当がつかないです。
打ち切り候補は、瀬戸さんが挙げている5作品+「いぬまるだしっ」
(ページ数が短くて切りやすいと思うので)だと思います。
個人的には、1・2作好きじゃない作品はあるものの、今の連載陣には
満足してますので、新連載は1作だけでも良いかなぁと思っています。
可能性のある作品を続けさせるのも、部数増加に繋がると思うので。

Re: け~わいさん

いつもコメントありがとうございます!

私も感想が何も浮かばないときがたまにあります^^;

そういったときが一番悩むんですよねぇ。

Re: 久し振りの巻頭カラー!

いつもコメントありがとうございます!

>NARUTO
なるほど。写輪眼が開いている描写もあったので気になっていたのですが、しっかりと条件があるようですね。時間をかけて回復することもわかれば、連戦さえなければ毎回使えることになりますから、使い勝手はかなり良い技のようですね。それにしても、助かりました。先週号を実家に置き忘れてしまって手元になかったんで確認ができなかったんですよ^^;

イザナギの詳細については次週明らかにされそうな流れですね。マダラが戦いのさなかにしゃべってくれそうな感じなので、予想してきた原理があってるかどうか楽しみです。

>PSYREN
元老院にサイレンドリフトがいる可能性は確かにありそうですね。元老院に関してはほとんど情報がないですし、役割もいまだにわかってないですしね。元老院と呼称してる以上は複数人による議会なのでしょうけど。個人的には、戦闘に向かないPSY能力者の集団かなぁと思ってます。エルモアのような予知能力者などが集まってるのかなぁと。

遊坂の猛毒が生物兵器によるものだとすると、遊坂のPSIは何なのでしょうね?自分に注射をしてることを考えると、体内の抗体に関するPSIなのかもしれません。

巻頭カラーは本当に嬉しいですね。おそらく、1話以来となるます。表紙ではないようですけどね。確か一昨年の12月ごろから下位を走っていることが多かったですから、いつ打ち切られても不思議ではなかったのに「ここまで来たか!」という思いですよ。遅咲きですがアニメ化もしてほしいところですね。

>打ち切りレース
確かに『いぬまるだし』もここ数週は低迷してきましたね。『ねこわっぱ!』と『彼方セブンチェンジ』はまだ10週経過してないので少しは安全かと思いますが、ひさびさのロケット打ち切りニなる可能性もありますね。次週以降に注目です。

>
> 【PSYREN】
> 歴史の強制力なんですが、雨宮は運命という言葉で片付けましたけど、
> 同じような出来事が立て続けに新たな未来で起こるというのは、都合
> よすぎる気がするんですよね。今の所は運命や偶然でもいいんですが。
> なので例えば、謎に包まれてる元老院の1人が(元)サイレンドリフト
> で、10年後までに起こった事を全て知っている・・・とか。
> まぁ、この妄想はともかく、何らかの圧力はかかっていると感じます。
>
> あのウイルスは、遊坂のPSIによる攻撃じゃない気がしています。
> サルファマスタードという言葉を言ってた(知ってた)ので、化学兵器
> の可能性もあるかと。その場合、自身の体内に色々な抗体を持ってそう
> ですね。果たして遊坂は、大物(研究員?)なのか小物なのか・・・。
>
> 来週は久し振りの巻頭カラーですね!
> 久し振りというより、1話以来の巻頭でしたっけ?
> 掲載順が上がってきたので、是非このクオリティを維持して頂きつつ、
> アニメ化決定を迎えたいものですよねぇ^^
>
> 【打ち切りレース】
> 残りの打ち切り作品が何なのか、私も全く見当がつかないです。
> 打ち切り候補は、瀬戸さんが挙げている5作品+「いぬまるだしっ」
> (ページ数が短くて切りやすいと思うので)だと思います。
> 個人的には、1・2作好きじゃない作品はあるものの、今の連載陣には
> 満足してますので、新連載は1作だけでも良いかなぁと思っています。
> 可能性のある作品を続けさせるのも、部数増加に繋がると思うので。
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。