スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年47号 感想

あれ?『ONE PIECE』の休載ペースはやくない?
って思ったのは私だけだったろうか?
たぶん、9月14日発売の42号で休載したはずだから、
1ヶ月で休載ということになる。
ちょっと心配になってしまいますね。
これまで10週程度に1回の休載ペースだったんですが、
今回の短期間での休載は取材のためか休憩のためか。
まぁアニメやら映画やら大変らしいですから、
体を壊さないように頑張って欲しいです。

これは、ブログについての愚痴になっちゃうんですけど、
『ONE PIECE』が休載されるとブログ訪問者数と拍手数が
すごく減少するんですよねぇ。見事なくらいに差が出ますよ。
それだけ『ONE PIECE』の影響力が大きいと言うことなんでしょう。
それともこのブログの価値の多くがワンピにあるってことなんだろうか?
まぁ愚痴はこの辺にしておきます。


では、今週の感想です。
今週は試験的に長文感想5本+短文感想13本としてみました。これまでより、長文の感想は減っていますが、短文感想を増やすことでほぼ全ての漫画の感想を書いてみました。ただし、ギャグ漫画の感想は苦手なので少ないことを御了承下さい。


【巻頭・バクマン】

失敗しそうなフラグが所々に・・・
港浦さんだけじゃなくて編集部のセンスをダメだししたり、
『FutureWatch』の評価を他キャラを使って持ち上げたり、
なにかと失敗しそうなフラグが散見していた気がしますね。
『TEN』の打ち合わせ時に港浦さんの言うとおりにしたのも、
自分の価値観に相当自身があったからだろうなぁ。
言うとおりにしてダメだったら港浦さんを納得させれると考えたんだろう。
サイコーも『TEN』は駄目でいいという気持ちがあったみたいだしね。
結果として、どっちもどっちみたいな結果になりました。
『TEN』が10位、『FutureWatch』が9位と両方とも微妙です。
ただ、票数まではどちらが上か分かってないので、
それによっては9位が評価できるかどうかが変わりそうです。
どちらにしても、順位が微妙なことには変わりなく、
仮に票数までほとんど変わらなかった場合、
また港浦さんとも一騒動がありそうだなぁ。
サイコーとシュージンも自分達に合う漫画がわからなくなり、
悩む時期に突入するかもしれませんね。
個人的には、蒼樹さんみたいに
自分の書きたいものを書くってスタンスでいいと思うんですが、
漫画家も仕事ですからそう簡単には行かないんだろうな。

中井さんは単純に惚れやすいだけだったか
正直、今週の中井さんは残念だった。
意地でも蒼樹さんとのコンビにこだわっていって欲しかった。
ついでに言えば、女性免疫が少ないためでしょうが、
加藤さんにあっさりと惚れるってのも残念でした。
あの雪の中で漫画を書いた中井さんはどこにいってしまったのか。
まぁ二人三脚でずっと書き続ける漫画家ってのも少ないでしょうがね。
いつかまた蒼樹&中井コンビが復活する日が来るのだろうか。
ちょっと期待しながら待つかなぁ。


【NARUTO】

忍連合軍が結成
案の定、忍連合軍が結成されましたね。
木の葉についてはダンゾウへの不信感が強いことから
カカシが連合軍との仲介役とまとめ役になるようですね。
ただ、ダンゾウがこのまま引き下がるとは思えないし、
火影の任を簡単に解任されるような器とは思えない。
カカシを連合軍との仲介にするようだけど、
ダンゾウがこれに何かしらの策を仕掛けてきそうだなぁ。
まぁまだ逃げてる最中だと思うし青の追走も気になる。
ゼツの技がダンゾウや青にもかかっていると考えると、
そんなに遠くには行ってないと思うし、
早く会談場から援軍送らないとまずい気がするなぁ。

マダラの目的について
なぜ、月の眼計画を暴露したのかという疑問が残りましたが、
我亜羅の見解では、残る尾獣を引きずり出すためだとか。
確かにマダラにしてみれば、探すのに手間をかけるよりも
忍界大戦を起こすことで尾獣の二人を前線に引きづりだし、
その隙をついて捕まえると楽ではありますね。
尾獣を集めるためには確かに効果的な策ではありそうです。
しかし、我亜羅、水影、雷影は尾獣の前線投入には消極的ですし、
土影も戦力として投入することを勧めながらも、
侍国の参戦により引き止められましたね。
土影は何かと食わせ者な気がするので注目したいです。

もし、マダラがどんな手を使ってでも尾獣を引きずり出そうとするならば、
ナルトにも復讐と言う目的を持たせようとするかもしれません。
おそらく、このまま行けばナルトは前線に立つことはなく後方待機でしょう。
ナルトがなんと言っても我亜羅やカカシに強要されるでしょうし。
そこで前線にたった仲間達が次々と殺されるような状況になれば、
ナルトは居てもたってもいられなくなり前線に飛び出そうなんですよねぇ。
最近のNARUTOでは、"復讐"というキーワードが目立ちますし、
復讐の連鎖を止めようとするナルトが復讐によって動いてしまう。
という展開も非常に面白みを増すような気がします。
多少の欝展開もありえそうで怖いですね。
特に、最近ナルトがサクラの気持ちに気づいたこともあり、
サクラがそのターゲットにされそうで凄く心配になってきましたよ。

失礼しました。サクラがナルトも気持ちに気づいたんでしたね。
ですが、ナルトに復讐という目的を持たせるためには、
サクラが格好のターゲットなのは変わりないかもしれません。

一方で、キラービーにはキサメが向かっていたようですね。
最近登場してませんでしたから、予想してた方も居たようです。
そのキサメはなんと尾獣並みの力を持っているらしく、
いきなりキサメの株が上がっているような気がします。
しかし、そうなるとイタチとキサメというコンビは
暁の中でも最強に位置するくらいのコンビだったんだなぁと実感しました。
尾獣VS尾獣級の戦いになりそうですが果たしてどうなるでしょうね。
雷と水だと水の方が不利じゃないかと思ってるんですが、
キサメには勝つための手段があるのかなぁ。


【ぬらりひょんの孫】

なぜ殺してない?
秋房はどうやら完全に裏切ったようですが、
妖怪たちはどうして残りの二人を殺さず生かしているんだろうか。
単純に羽衣狐への貢物(生き胆としての)にするつもりなのかもしれませんが、
陰陽師を生かしておくことになんらかの理由があるのかもしれません。
妖怪たちも、「ハリつけにしてやる」とは言っている一方で、
「殺す」とも言っていなかったのが非常に気になります。
それともあれは既に死体が張り付けられてるんだろうか。
しかし、雅次父が言うには「生きていたのか」と言っているので、
死んでいないと考えるのが普通でしょう。
羽衣狐側に何かしらの作戦があるのかもしれません。

動き始める戦場
何気にゆらが成長していたのが嬉しいですよ。
以前まで、同時出現は3匹が限界だったはずなんですが、
4匹同時に式神を使い、さらに5匹目と融合してるので、
かなりの成長を遂げたことが伺えますね。
一方で、戦場が大きく動き始めましたよ。
マミルに羽衣狐ら幹部勢を探させると同時に、
ゆらが福寿流の仲間を一人でも多く救う。
で、竜二が秋房を出来る限り足止めするといった形になりそうです。
あとは、京都に向かっているリクオたちがどう動くかでしょう。
このまま今回の戦いに参加しないとは思いにくいですし、
向かっている途中で異変を感じ取って参加することはありそうです。
雪女と青田坊はどうなるんだろうなぁ。
この二人は今回の戦いが終わるまでは何もしなさそうだ。


【べるぜバブ】

古市って意外と重要なのか?
今回こそは古市が完全に蚊帳の外かと思いきや、
今回も思いっきり巻き込まれてしまいましたね。
ここまで来ると、この物語において古市が男鹿の近くにいることが、
なにかしらのキーにでもなっていると勘ぐってしまいますよ。
まぁ古市の存在にそれほど大きな意味があるとも思えないんですが、
この場に古市を招いたヒルダの意図が気になりますね。
ただ単に呼んだだけとも思えないですし、
男鹿とベル坊を見守る役だとでも思ってるんだろうか?

開眼
開眼というよりは意識がはっきりとしてきたってことだろうな。
あの見開きでの開眼はインパクトありましたよ。
男鹿もベル坊を助ける気があったわけではなく、
単純に東条と決着をつけるためにやってきたようです。
まぁその副次的なものとしてベル坊奪還があったのかな。
というよりも、本心はどうかわかりませんが、
自分と東条の戦いを見せ実力で奪い返そうとしたのかもしれませんね。
ただ返されるよりは、自分の力を見せ付けた上で奪還したかったのでしょう。
次週の開始時にベル坊がどういった行動にでるかわかりませんが、
仮に男鹿のもとへ向かおうとしたら、男鹿は怒鳴りそうですね。
東条に負けている事実がある以上、この状況でベル坊に戻られたら
プライドが傷つけられたと思うかもしれません。

一方で、神崎と姫川は案の定、庄司、陣野とのバトルへ。
正直、神崎と姫川は弱いと思われているでしょうから、
がんばって株を上げて欲しいんですけどねぇ。
庄司と陣野相手にいい戦いが出来れば株あがりそうです。
何気に夏目あたりが援軍で参加しないかなぁと期待してます。


【PSYREN】

カプリコ=八星理子?
先週から現代編が大きく動き出したPSYRENですが、
新しく登場した「八星理子」はほぼ間違いなくカプリコでしょうね。
未来世界では、第四星将としてW.I.S.Eの研究者をしてましたが、
創造主と言われ、弥勒が探しているという点が気になります。
もし、カプリコ=八星理子とするならばカプリコが創造主ということになります。
創造主というだけあって、計画に重要な人物と思われますが、
第四星将という微妙な位置の幹部なのかが分かりません。
それとも、この創造主というのがそれほど重要な存在ではなく、
あくまで計画遂行のための一つのピースに過ぎないのか。
もしくは、八星理子とカプリコは似ているが別人とも考えられます。
例え話になりますが、八星理子が自分と同じ姿の人間を
新しく創造したと考えることもできるのではないでしょうか?
まだ八星理子の能力が詳しく分かりませんが、
人間も創造することができるとすれば恐ろしい能力になりそうです。

八星理子の登場による影響
今回の作戦の目的は「はるかぜ学園」の調査だったんですが、
思わぬ形で絡んできた八星理子。
現在の影虎たちの目的はジュナスの調査と理子の奪還でしょう。
仮に、ジュナスが敗北し理子を救出できた場合、
理子がおとなしく影虎たちについてくるのかが気になりますね。
今週の展開を見ると理子が影虎たちに反発することも考えられます。
ですが、ジュナスのように弥勒の仲間に完全になっているわけでなく、
さらに言えば、まだ子供の理子を仲間にすることが出来る可能性は十分あります。
この現代編で理子のW.I.S.E入りを阻止することができれば、
未来が大きく変わってくることも考えられます。
また、ここで理子が登場したことも大きなポイントになるでしょうし、
何かしらの影響を与えてくれることに期待したいです。
まぁ理子を保護したらしたで大きな戦いに発展しそうですがね。


【その他の漫画】

BLEACH
あれ?先週の終わり方だと一護はてっきり現世に向かってるものだと思ってたんだけど、単純に天蓋から降りてきただけだったのか。ってことは、ひよ里の生存する可能性はだいぶ低くなってきたんじゃないだろうか。織姫も石田を治療してるし、どうやっても追いつかないだろう。まぁ時間軸が違っていることになれば話は別なんですけどね。

家庭教師ヒットマン!REBORN
ブラックスペルの連中はユニに忠誠を誓ってたんだっけ?ちょっとコミック持ってないんであんまり覚えてないんですがね。しかし、かつて強敵だった相手が味方になっても通用しないってのは残念ですよ。できればもう一度強くなって活躍してほしいものですが、インフラに追いつけるかなぁ。

トリコ
やはりけっこうな実力者ぞろいの集団みたいですね。滝丸や副組長は登場シーンに違わぬ実力は持っていそうです。しかし、このアイスヘルでそうとう数が絞られるのかなぁ。何人かの名無しは死んでいきそうだ。美食家同士の争いも起きるだろうしね。

賢い犬 リリエンタール
今回の話は前中後編の3部作になっているようですね。先週はなかったリリエンタールの不思議な能力による危ない状況になったわけで、発動の条件が不明瞭な部分はまだありますね。また、リリエンタールを産み出したのが日野の両親ではないこともわかり、新しい謎が出てきそうです。

黒子のバスケ
各先輩方の日常生活が垣間見れたのが良かったと思いますね。あまり注目されにくい先輩方の日常を示すことで個性を出す目的もあったのかもしれません。最初は不安な部分もありましたが、最近では面白くなってきたと思ってますので貴重なスポーツ枠としてこのまま頑張って欲しいです。

保健室の死神
けっこういい話を展開してるんですけどねぇ。嫉妬の話もそうでしたが、今回の個人に勇気を与えるような話でした。中高生が悩みやすい問題に、けっこう面白く切り込んではいるんですけど、漫画としての印象がちょっと薄い気はしますね。藍本先生は好きな漫画家だけに、人気がいまいち出てないんじゃないかなぁと心配してます。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
こち亀が面白くなくなったって意見はけっこう聞きますが、今週のように知識を補充してくれるような回は十分価値があると思うんですよね。特に、私のような色んな分野で知識不足な人もいるでしょうから、そういった人にとってこういったこち亀は重要ですよ。

あねどきっ
完全にさつきに振り回されてますねぇ。自信過剰なのかもしれませんが、中学生って何かと自信過剰になりますし微笑ましいといえば、微笑ましいんですよ。まぁ正直、男ならこんな展開になれば誰でも期待するんじゃないかな。

SKET DANCE
今週のボッスンの気持ちが物凄く分かったりしたのは私だけ?気になる女の子からのメールを待ってる間って凄く心が苦しくなる。時間が経てば経つほど不安になるんですよねぇ。まぁその相手がヒメコだったってのがスケダンらしいです。しかし、あくまでヒメコは代打ちしてるだけなので、言葉自体はコマちゃんのものなんだよな?この話はどうおとすんだろう。

銀魂
そういえば、池田屋事件って幕末の一大事件なのに本作で扱われたのってこれが初めてか?ギャグ回だったし続くとは思えないけど、もう扱うことはないのかと思うとちょっと残念だな。まぁそもそも本作で史実事件を扱うこと事態珍しいのかな。

めだかボックス
バトル展開まっしぐらーーーーー!!!ってことで、完全にテコ入れが完了して以後、バトル漫画化するのかなぁ。なにやら、アブノーマルな十三組だけじゃなくて、スペシャルな十一組とかあるようで個人の能力ごとに組み分けされてるんだろうか。となると、人吉や不知火が何組だったのか気になるなぁ。というか、西尾維新先生が書いてるんだよな?これ?バトル展開後も西尾先生が書いてるのかなぁ、って気になってしまったよ。

AKABOSHI -異聞水滸伝-
どうやら戴宗の過去話に突入したり、宿敵が現れたりと打ち切りに向けて進んでいる感じが凄くありますね。どうやら、打ち切りまでにやりたいことはやってしまおうという意図みたいです。それなりに話がまとまって終われればと思います。先週の見開き3連発もやりたいことだったのかなぁ。

鍵人
こちらも過去話に突入するようで、AKABOSHI同様に打ち切りに向かって話をまとめに入っているようです。セディーユが普通に仲間になったのは意外でしたけどね。てっきり精神操作とかで裏切ってるのかと思ってましたが、打ち切りが確定して展開を早めた可能性もあります。



というわけで、今週の感想はここまでです。今後のブログ運営の参考にしたいと思いますので、感想を書く形式を変更したことについての意見を頂けると幸いです。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!!
拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


次週は金未来杯の結果発表のようですね。はたしてどの作品が1位になったのか非常に楽しみです!
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

感想

う~ん。
オレ個人としては今までの様に一つの作品の深い感想を書いたもののほうが好きですね。
というのも、
ワンピやナルトなどの長期連載の看板漫画には相応の面白い理由があると私は思っているからです。
したがって、単に感想と言っても打ち切りレースをしている作品や空気漫画とは深みが全く違うと私は考えます。

でも、
打ち切りレース考察は看板作品考察とは違ってジャンプという漫画雑誌の別の側面を捉えていて好きですよ(笑)

Re: 感想

コメント&ご意見ありがとうございます!!!

もちろん、全ての感想を短文にするというわけではありませんよ!!今回試みた形式の場合でも、長文感想は続けていきますよ。特に、ワンピやナルトといった作品は考察のやりがいがありますし、ほぼ確実に長文化するでしょう。一方で、これまで長文化してきた感想の中にはやや強引に長文化したものもありまして、そういった部分を今後どう扱っていくか悩んでたんですよねぇ。

方式の変換というのも全て短文にするわけではなく、「長文7~9本+短文5本前後」だったのを「長文5~7本+短文10本前後」というように切り分けをはっきりさせようと思い、今回試みてみました。長文だけで感想を書いて感想数を限定するのではなく、長文で書くものは長文で書き、短文でも済みそうなものは短文にすると使い分けていこうと考えてます。

打ち切りレース考察が面白いってのは嬉しい意見ですね。ここ2週ほどは、なんか打ち切り作品が確定気味だったのでやってなかったのですが、次週以降はまた始めてみようかと思います。

今後は、他の方のご意見なども聞いて(そんなに多くないと思いますが)、これまで通り長文のみで続けていくか、長文と短文を使い分けていくかを考えてみたいと思います。

ところで、これまでryuk様から頂いたコメントでURLを入力されてると思うのですが、いつもリンク先がLivedoorのトップページに飛んでしまいます。入力されたURLがLivedoorのトップページアドレスなら問題ないのですが、もし違うならば一度入力されたURLを確認されてはいかがでしょうか?

すいません

どちらにせよ瀬戸さんの思う様にした方がいいですよ。

打ち切りレースは最近は確かに確定気味ですね(笑)

ご指摘ありがとうございます。URLを変えてみました。
自分のblogに来るはずなんだけどな…

マイペース

僕は断然、ナルト派なので気にしませんけどね。
ワンピースってやはり長いせいでしょうが、飽きが入ってきたのか
自分自身が面白いと思う時期・思わない時期の波がある。
勿論ワンピースは良く出来た話ですがね。

感想に関しては、瀬戸さんの好きなものを書く事で解決するかと
長期連載組等を抑えて下されば僕はどんな形だろうと納得しますよ

>ナルト
最近、僕の考察も当たりますね。次号はナルト休載でしたっけ?
めちゃくちゃ次号が気になります。
キサメ・ビーのメインの話より、サクラが自分の意思を告げるところ
方をメインにしてほしいもんです。
サクラは、ナルトをこれ以上、傷付けるのに抵抗を感じての意思で
しょうが、この事を告げた事で、ナルトはどういう反応を示すか
ナルトとサクラが対立しそうですね。というより木の葉との対立を
示す場合もありえましょうね
木の葉の忍としての行動ではなく、「うずまきなると」として行動に
出るのではないかとも考えにふけってます

Re: すいません

そうですね。
今後も出来る限りのことをしていきたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました!

URLの方が変更されたことを確認しました。
今後もよろしくお願いします!

Re: マイペース

ワンピースの面白さに波があるってのは分かりますよ。
私も空島編のころは随分クールダウンしましたから。

感想に関しては、自分のペースで出来る限りのことはしていこうと思いましたね。
貴重なご意見ありがとうございました!
今後とも頑張りますんでよろしくお願いします!

>NARUTO
私も今週の展開読んだとき驚きました。本当に最近はMさんの考察がよく当たりますよね。
次週以降は両面展開するんじゃないですかと思いますよ。ビーVSキサメを展開させながら、ナルトと仲間達の話し合いに入るんじゃないかと。また、ダンゾウの行方も明示されてないですから、青とダンゾウの行方なども入ってきそうです。

ナルトと木の葉の対立の可能性はありそうですね。しかし、対立しそうな状況になった時にこそサクラがナルトを説得するからこそナルトが納得する可能性もあるんじゃないかなぁと思います。サクラもサスケを愛してたことはナルトも知っていますし、そのサクラがサスケを討つことを了承したことがどれほど大きな決意だったか分からないほどナルトも子供ではないと思うんですよ。また、シカマルもついていますし、個人的にはなんとか説得してくれるんじゃないかと考えてます。

ですが、最近のMさん予想の的中率を見ると、今回もMさんの予想が当たるかもしれませんがね(笑)
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。