スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年46号 感想

最近のジャンプは読み切りが少なくなった気がします。
私の気のせいかもしれませんが、一時期に比べて、
読み切りが掲載されるペースが減ってきてないですか?
まぁちょっと前まで金未来杯をやっていたので、
小休止なのかもしれませんがね。

次週は『ONE PIECE』が休載ということもあり、
ひさびさに読み切り漫画が連載されるかもしれません。


では、今週の感想です。
本日、明日、明後日と地元イベントの臨時アルバイトのため時間に余裕がありませんので、感想は2本だけに限定して書きたいと思います。残りの作品は、これまでの感想における『その他気になる漫画』のような形で短文掲載で書きますので御了承下さい。


【巻頭・NARUTO】

マダラと月の眼計画
今週のNARUTOはマダラの目的がはっきりと明らかになり、
それに伴って第四次忍界大戦の勃発が宣告されました。
このマダラの月の眼計画に関してですが、
「世界中の人間に幻術を見せることによって、
わだかまりも争いも起きない世界をつくる」
ことが大きな目的の中にあるようです。
この計画、どこかで聞いたことあるような計画だと思っていたら、
アニメ『ガン×ソード』の鉤爪の男が計画していたものと似てるんですよ。
この鉤爪の男の計画の全容としては、
「世界から争いをなくすために全人類を自分と同化させ、
自分と同様に争う感情をなくし穏やかな生活を送らせる」
というものだったと記憶しています。
また、アニメ『ガンダムSEED DESTINIY』のデュランダル議長が掲げた
デスティニープランも似たような考え方に基づいたものでしょう。
「全人類に自分の役割を遺伝子的に与え平等に扱い争いをなくす」
このような内容だったと思います。

いづれの計画も節々には違う部分があるかもしれませんが、
最終的には「世界から争いをなくす」という目的のための計画なんですよね。
そのために、個人の自由を無意識的に奪うことになるのですが、
個人同士のいさかいから戦争といった大きなものまでなくなり、
"憎しみ"という感情がほぼなくなる世界になるのではないでしょうか。
マダラも憎しみに囚われた人生を歩んできてますので、
その人生から、自らも含め全人類を解放するために
この計画を思いついたのかもしれません。
今回の計画の話が嘘と言う可能性も捨て切れませんが、
やり方が大きく間違っていたとしても、
世界から争いをなくそうとする想いは尊重してもいいかもしれません。
そのことを考えると、マダラは完全悪な存在というより
争いを無くすことに執着しすぎてしまった正義なのでしょう。
効果的な場と表現した五影会談場で話したのも、
自分の話を聞いて同調してくれる影長がいれば、
より計画は成功しやすくなると踏んだからでしょうね。

今後はどうなる???
マダラと四影の間に忍界大戦が起こることにはなりましたが、
四影は協力体制を取ることになるのでしょうかね。
我亜羅はナルトを死守するために尽力することになりそうですし、
水影や土影もマダラの思い通りにはさせまいとしてるようで、
木の葉隠れの里、もしくは雲隠れの里と
共闘体制をとることになるのかもしれませんね。
まぁキラービーを捜索して見つけ出すことが第一目標でしょうが。
気になるのは、ダンゾウの存在ですね。
ダンゾウはこの会談場にいなかったので共闘するかわかりませんし、
最悪の場合、のちにマダラから計画を聞いて
その計画を実行するために同調する可能性もあります。
同調するというよりは利用するのかもしれませんが。
もしマダラとダンゾウが協力した場合、
木の葉の里は二つに分裂することになるでしょうし、
これまでの仲間同士で戦うことにもなるかもしれません。
今後の展開に注目していきたいです。


【ONE PIECE】

くま死亡の真相
くまが死んだというよりもくまの人格が死んだ
と言う表現の方が正しいのでしょうね。
シャボンティ諸島までのくまは脳だけが改造されてなく、
バーソロミュー・くまとしての人格だけは生きてたんでしょうね。
それがシャボンティ諸島での一件後に脳まで改造され、
人格が消滅してしまったということなのかなぁ。
シャボンティ諸島に突如として現れたのも、
ドラゴンの息子であるルフィが捕縛のピンチだと知ったためなのか、
それとも最後の改造の日程が近づいていたためだったのか。
革命軍と関連があるということはドラゴンとも親交はありそうですし、
少なくとも、ルフィを助けるために現れたと願いたいですね。

各地で激化する戦い
ハンコックは七武海の地位なんて目じゃないんだろうな。
ハンコックの意識下ではルフィと結婚したことになってるし、
ルフィの邪魔をしたスモーカーを倒したくて仕方ないだろう。
ただ、九蛇がこの後どうなるか非常に心配ではあるけどね。
九蛇海賊団として海に逃げる可能性もあり新世界に入りそうです。
一方で、くまの猛攻はイワンコフが全力で止めてるようです。
いまのところ、押してますが完全な改造人間となったくま相手に
どれだけ戦えるのかが気になります。苦戦しそうですよ。
さらに、クロコダイルとMr.1は完全に白ひげを狙ってるようですね。
海軍と白ひげ勢の両方を巻き込んだ攻撃をしてますし、
白ひげの首を取ること意外に興味はないのでしょう。
そこに、ダイアモンド・ジョズが現れドフラミンゴも介入してきたので、
構図としては、ジョズVSクロコダイル&ドフラミンゴでしょうか。
ただ、ドフンラミンゴがクロコダイルに共闘を持ちかけてますが、
これをクロコダイルが了承するかもわかりませんがね。
さすがに、ジョズも強いとはいえ七武海級2人を相手は辛いでしょう。
誰かが援軍に現れる可能性も捨て切れませんが。
で、最後の最後でミホークVSルフィが始まりそうです。
ミホークはあまり登場回数の少ないキャラなので、
ここらで印象に残るような活躍をして欲しいと思ってます。

全体の主な戦いをまとめると以下のようになりそうです。
ルフィ VS ミホーク
ハンコック VS スモーカー
イワンコフ VS くま(PX-0)
ジンベエ VS モリア
クロコダイル&ドフラミンゴ VS ジョズ
あとはマルコや白ひげがどこに加勢するのか。黄猿、赤狗、青雉の3人がどう動くのかが今後の情勢を決める上で重要になりそうです。ルフィの護衛を命じられたマルコとルフィを狙う赤狗の戦いはあるかもしれませんね。


【その他気になる漫画】

BLEACH
藍染が本気を出したことやギンが戦いに加入してきたことで、かなり絶望感が漂いだしてきましたね。ヒヨリが一瞬で両断されてしまうシーンはショッキングでしたよ。この調子で次々と仮面の軍勢が葬り去られるようなことになれば、久々に藍染がどれだけ強いか表現され絶望感が凄いことになりそうだなぁ。個人的にはその絶望感に期待したいんですがね。

SKET DANCE
学校で誰もが一度は体験したことのあることではないでしょうか。ウ○コの波ってどうして落ち着いたと思わせて急に襲ってくるんでしょうね?あの波の謎って解明されてるんだろうか。ボッスンは色々大変だったろうなぁ。

べるぜバブ
葵だけじゃなくて、寧々や千秋の戦いが見れたもの良かったです。特に、寧々に関しては武器すら分かってなかったからなぁ。そして、改めてグッナイ下川などが見れたのも良かった。こうやって見ると、寧々や千秋は普通に神崎、姫川より強い気がするなぁ。

トリコ
今週、やたら派手に登場してきた一般の美食ハンターたちは今後も活躍する機会を与えられるんだろうか?ゾンビのような扱いにならなきゃいいけど、それなりの活躍はしてほしいものだ。

PSYREN
この小さい女の子って特徴からして第四星将のカプリコだよな。現状では、まだW.I.S.E入りしてないみたいだし、この現代でのカプリコの存在が次の未来世界へ影響を与えることになりそうですね。そして、創造主というミロクが探す存在は誰なんだろう?カプリコとは思いにくいんだけどなぁ。アテはついたと言ってるからカプリコなのかもしれないけど、未来で星将をやってるのがひっかかるんですよねぇ。

ぬらりひょんの孫
雪女とゆらの共闘が見ることが出来ただけでも今週は見る価値ありましたね。一方で、秋房が敵方に回ったのが意外だった。確かに妖怪化していたけど、まさか敵として現れるとはなぁ。作った武器の妖力に飲み込まれてしまったってところだろうか。秋房の策があれだけだったのかも気になるしなぁ。

めだかボックス
なんだろう・・・・これはもう完全にバトル漫画化へ向けて走っているようにしか見えない。刀を持ったキャラが登場したりしてますしね。確かに雲仙委員長とのバトルあたりから人気が上向いたようだけど、個人的には完全にバトル漫画化するにしてもこれまでの良い所を残しながらバトル化して欲しいと思いますね。

バクマン
ここに来て新たなライバルの登場ですかね。静河流はなかなか危ない漫画を描くようだけど、化ける可能性もありそうですし、担当が山久ってことで何か一つやらかしてくれそうです。同年代だし、案外、同じ大学にいる可能性もありそうだ。そして、今週意外だったのが石沢が登場したことだなぁ。まさか再登場するとは思ってなかったよ。何気に連載してるしね。

あねどきっ
今週から、ちあきも洸太恋愛争奪戦に参戦することが決定したんだろうなぁ。まぁ登場時から絡んでこないわけないと思っていたので、これでやっと3人が対象となったわけですね。なつきについては、まだ洸太の片思いに近いかもしれないですけど。

黒子のバスケ
青峰が練習しなくなった理由が強くならないためとは悲しいですね。その青峰の変化から奇跡の世代も瓦解していったようだし、青峰を変えられるかどうかが一つのキーになりそうです。となると、その役を果たすためには誰かが青峰を完璧に倒すしかなく、火神にそれが務まるかに注目していきたいですね。

AKABOSHI -異聞水滸伝-
この急速な主人公の成長やもはや誰が誰だかわからないかのような乱戦状態は打ち切りに向かってると見ていいかもしれません。一時期、順位が上昇したから残るかと思いましたが、めだかボックスの方が残ることになりそうです。

打ち切りレース予想
『AKABOSHI』の急な展開と『めだかボックス』のランク上昇を見る限り、今回の打ち切りは『鍵人』と『AKABOSHI』で確定しそうですね。新連載から4週目に入りますし、連載会議も終わった頃だと思いますしね。最後にどういった締め方をするのか、注目していきたいと思います。


お詫びと連絡
本日もバイト終わりから急ピッチで書いたため、雑な部分や解釈の間違ってるところがあるかもしれませんが御了承ください。明日、明後日と同様のバイトが入っており本日よりも終了が遅いので、おそらく追記も難しいと思います。まぁ書く余裕があれば書きたいと思いますが、あまり期待せずお待ち頂ければ幸いです。


というわけで、今週の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


たまに他の感想サイトを巡りますが、私の感想もまだまだだと実感することは多々ありますね。これからも精進します。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

見開き3連発

おひさです~

~赤星~
絵は綺麗だけど構成と展開が雑だな~とは思っていましたが、流石に見開き3連発は呆れましたね。
説明もなく、一枚絵で~ほらっ!カッコいいでしょ?
って自慰漫画になっちゃってますね。

~めだか~
理論たくさん出てくるけど納得はできないよね(笑)

Re: 見開き3連発

お久しぶりです!コメントありがとうございます!
返信遅れました。申し訳ないです。

>AKABOSHI
あれは引き伸ばしのための手法なんじゃないかなぁと思いましたね。見開きで6ページ使って、なんとか打ち切りの週まで引き伸ばそうとしてるのかもしれません。

>めだかボックス
確かにややこしい説明が多かったですね。このややこしい説明がいっきに出てきたことや急激なキャラの増加から「あぁ、この漫画もバトル漫画へとテコ入れするんだなぁ」と確信するきっかけになりましたよ。今後は13組とのバトル展開になっていくのかなぁ。

No title

僕的にはナルト・ワンピース・ブリーチの三つだけでも満足な値ですので、無理をなさらず瀬戸さんのペースで書いてくれれば良しとできます。

>ナルト
尾獣合体説ってのが現実になったみたいですね?
ただ疑問はマダラは何故本当の事を喋ったのか?って話で
尾獣の話までは理解しますが、無限月読の説明は理解できん
世界の住人すべてがコントロールされると言われて
納得する相手とは言えませんし、話す事で状況が悪化したとも。。。
少なくとも憎しみをコントロールしてサスケを手懐けてる奴がやる行動とは思えない行為ですね。。。。

暁は戦力になる人間となると、キサメぐらいしか居ませんし、
近いうちに、ビーと戦うかもしれませんね会場にも居ませんでしたし
すでにビーの居場所を掴んでいるのかもしれません。
キサメは鮫肌振り回すか、水遁系の術とパッとしない術なので今回はキサメ自身の技を拝見出来ればいいですね

Re: No title

コメントありがとうございます!!
最近卒業研究の方が忙しくなってきてるのでどうなるかわかりませんが、
出来る限り頑張っていきたいと思います!

>NARUTO
マダラが目的を喋った理由が忍界大戦を起こすためとも考えられそうです。もとから、話したことによるメリットというよりも忍界大戦を起こすことに意味があるのかもしれません。五影たちの結束を高めることが目的なのかもしれませんし、まだまだわからないことが多いです。そもそも、マダラが今回話した内容がすべて本当とも限らないですしねぇ。

キサメは確かに随分と登場してませんからビーを探しにいっている可能性は高そうです。ビーとキサメが戦ってもビーが勝ちそうな気もしますが(雷と水って水が相性悪くなかったですかね?)、はたしてどうなることか。ビーに関しては雷影たちが全力で探し始めるでしょうしね。

次週以降の展開を待つしかないでしょう。ダンゾウの行方も気になりますしね。
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。