スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年44号 感想

※更新情報(22:00)
『ぬらりひょんの孫』、『PSYREN』、『賢い犬 リリエンタール』、『その他気になる漫画』の感想を追記しました。

累計30000アクセス突破!!!!!!!!

約1年と1ヶ月で30000アクセスを突破ということで、
けっこうスローペース且つほそぼそとしてますが、
これからもこんな感じで続けていこうかと思います。

これもいつも読んでいただいている皆様のおかげです。
拍手&コメントをして頂いている人にも本当に感謝です。

何かと忙しいときは感想を分割することもあると思いますが、
出来る限り頑張りますので、今後も応援よろしくお願いします。


では、今週の感想です。


【巻頭・BLEACH】

ええええええええ~~~~~~~~
いやいやいやいや、待て待て待て待て!
いったいどれだけ長い間このシリーズやってきたと思ってんだ?
これ以上まだ話を延ばすつもりなのか?
正直、このまま終わるわけないと思っていたけど、
藍染どころかギンや東仙がまともに戦わずに、
この場を引き上げるおつもりですか?
ファンの方には非常に申し訳ないのですが、
さすがにこんな露骨に話を延ばそうとされると
ちょっとひいてしまったよ。

もしも、次週このまま藍染が逃げることになれば、
おそらく、その後、より優秀な部下を引き連れてくるだろう。
そうなると、結局、今回と似たような展開になってしまい、
焼き増しな展開になってしまうんじゃないかと思うんですよ。
このシリーズだけでどれだけの月日が流れたかわからないけど、
まだやるか!と思ってしまいました。

せめて、東仙かギンのどちらかを倒し、
さらに言えば、ある程度、藍染の力を見せ付けるなり、
撤退させるだけの理由を与えるだけの展開が欲しいです。
藍染にしても部下が負けそうだから逃げる。
というのはどうなのだろう?
3人では勝てないと踏んだだけなのだろうか?
まぁ護廷十三隊も仮面の軍勢もみすみす見逃すとは思わないから、
なんらかの打撃を与える(もしくは受ける)ような展開を期待したい。
さすがにこのまま帰って、のちのち、
別の部下を引き連れてくるだけのような展開は萎える。
これが久保クオリティと言えばそうなのかもしれないですが・・・。


【ONE PIECE】

革命軍のスパイ?
今週は脱獄組が戦線に加わったことで
色々と細かいことですが気になることがでてきましたよ。
まずは、バーソロミュー・くまの正体について。
イワンコフの発言から、くまとイワンコフと顔見知りらしく、
さらに言えば、それなりに深い関係にあるということが分かりました。
となると、シャボンティ諸島から何かと行動が怪しかったくまですが、
革命軍となんらかのつながりがあることが示唆されますね。
考えられるとすれば、海軍及び世界政府へのスパイでしょうか。

しかし、くまは政府に製作されたパシフィスタという人間兵器。
そして、それを開発・製作したのはDr.ベガパンク。
となると、Dr.ベガパンクすらも革命軍のスパイ
ということは考えられないだろうか?
ベガパンクがパシフィスタを作ったのも革命軍のため。
いづれは量産されたパシフィスタを海軍内部で裏切らせる。
『スターウォーズ』のクローン兵と言えばわかりやすいだろうか?
パシフィスタを海軍内部から反乱させ混乱を起こすと同時に、
世界各地の革命軍が決起し宣戦布告。
同時にイワンコフがインペルダウンを解放しさらなる混乱を起こす。
これが革命軍の考える革命作戦だったのではないのか?
ベガパンクが革命軍だとすると、今後が非常に面白くなりそうだ。

知られる真実
おそらく、『ONE PIECE』の一般世界において、
この日ほど驚愕の事実が連続で報道される日はないだろうな。
海賊王、ゴール・D・ロジャーの息子と
革命家、モンキー・D・ドラゴンの息子が
生きていることは発表された日になるわけだからな。
ロジャーの息子が生きていただけでも驚きの事実なのに、
ドラゴンの息子まで居たことが判明したわけだからなぁ。
これで世界中にルフィの存在が知られることとなり、
今後のルフィの行動に大きく影響を及ぼしそうですね。
一般人のルフィに対する行動も変わってくるでしょうし、
これまで協力的だった人物でも敵対するかもしれません。
もちろん、イワンコフのように各地で影ながらに
革命軍の支援を受ける可能性もありますがね。
特に、この戦争が終わった後はどうなるかわかりませんが、
革命軍の支援を受ける可能性は高そうです。

弟として
『ONE PIECE』の面白さはここにあるんだろうな。
エースにいくら来るなと言われようとも、
ルフィがエースを助ける理由はただ一つ。
「弟」だからというそれだけの理由。
他の多くのストーリー物と違い余計な理由はないんですよ。
ルフィの思考表現が描かれていないことも含めてですが、
こういった素直な部分が面白さとして現れてるのでしょうね。


【NARUTO】

ダンゾウ逃亡
サスケはスサノオを使ってダンゾウの元に向かったのか。
確かにあのまま戦っているよりは、
本来の目的であるダンゾウを追ったほうがよさそうだ。
そのダンゾウはサスケの襲撃を利用して逃亡開始。
逃げるだろうなぁとは思っていたけど、
その逃亡を助けたのがサスケというのもまた皮肉な話だな。
それを青が一人で追っていたんだけど、死にそうだ。
この状況、一人でダンゾウを追うってのはどうも怖いぞ。
下手すると、ダンゾウに殺害され百眼を奪われるかもしれん。
ダンゾウにとって青の存在は邪魔だろうからなぁ。
まぁそうなると戦争のきっかけになりえないんだけどね。

雷影の次は水影
サスケも強敵相手に連戦状態ですね。
雷影を引き離したと思ったら水影が相手ですから。
雷影にはキラービーの仇があるように、
水影には暁に先代を玩具にされた恨みがあったんですよね。
四代目水影はやはり暁に利用されてたんだなぁ。
しかし、サスケにしてみれば早々に逃げなければまずいだろう。
水影だけでなく、他の忍者相手に戦ってる暇はないし、
雷影たちも追ってきている以上、長居するだけ危険な状況だ。
重吾や水月がどう行動するのかによっても変わってくるかもしれないが、
これだけ実力者が揃っている中どうやって脱出するか注目です。
それにしても、水影はドSなのか?
文字の文体が変わってたり仕草がSっぽいですよねぇ。


【べるぜバブ】

陣野かおるが黒幕?
なんとなく、こいつの言動が怪しくなってきたなぁ。
神崎と姫川の部下を東条側に扇動したのもこいつじゃないのか?
思った以上にペラペラしゃべりだすからなんか怪しかったなぁ。
ですが、部下たちにも「神崎は終わりだな」とか話してた奴いたし、
普通に神崎や姫川を裏切って離れて言った可能性は十分ありますが。
で、なんだかんだで神崎、姫川と共同戦線を張ることになった男鹿。
おそらく、神崎、姫川が庄司、陣野と戦うことになり、
男鹿と東条がタイマンで戦うことになるんだろうか?
少なくとも男鹿と東条のタイマンだけは確実だろうね。

で、自称東条派に囲まれた3人組+1。
なんというか、最凶3人組の中に城山の存在が忘れ去れてたな。
雰囲気で行けば、この4人で全員倒せるんだろうけど。
ちょっとしたオールスター感が出てきたので、
まぁないとは思うんだが、
この4人に邦枝達も加わればなかなか面白くなりそうだ。
夏目なんかも、絡んでくると楽しそうだな。
この東条編である程度区切りがつくと思うし、
将来的には東邦神姫全員と共同戦線を張る日も来るだろうな。


【バクマン】

中井さん今にも死にそうだよ・・・・
長年苦労してきた上での連載の打ち切り。
さらに、蒼樹さんとのコンビ決裂に加え、
一世一代の告白も振られてしまうという結末。
なんか、新聞紙が溜まっているシーンは悲しくなるよなぁ。
この上、ジャンプで描かないと言っていた蒼樹さんが、
エッチ系漫画で連載したことを知った日にはショックが大きそうだ。
雪の中漫画を書き続けた中井さんにまた戻って欲しいものです。
ですが、なんだかんだで蒼樹・中井コンビは続きそうな気がするんだよなぁ。
今回のエッチ系への引き抜きもそうですが、S.Qへの引き抜きの際にも、
それを知った中井さんは全力で再び仕事できるように頑張った。
今回も中井さんが感動するような話で蒼樹さんを引き止めそうだ。

ただ、蒼樹さんの描くキャラでエッチ系って出来るか?
『hideout door』のキャラクターは確か蒼樹さんが書いてたので、
蒼樹さんの描くキャラがどういったものかはなんとなくわかる。
けど、あのキャラでエッチ系は若干無理がないかと
真剣に考えてしまったのは私だけだろうか?
全体的に丸みを帯びた小さいキャラだったと思うし、
子供っぽいキャラだったのが印象的なんだけどなぁ。

担当との対立
港浦さんも焦ってるでしょうが遂に対立に発展しましたね。
港浦さんの言ってることに反逆するかのように、
自分達の描きたい漫画を描こうと決めた以上、
おそらく何があっても描ききろうとするだろうなぁ。
そのために、トレジャー杯に出すことも厭わないだろう。
最終的には、トレジャー用1本と連載用2本を書いて
なんとか再起を図ることで決まったようですが、
この調子でいけば港浦さんとの対立は続きそうだ。
高浜も港浦のアドバイスに対して苦悩しているようだし、
下手すると港浦さんのクビに繋がる可能性もありそうだな。

----------以下、追加分-------------

【ぬらりひょんの孫】

遠野勢が予想以上に協力
陰陽師の実力者たちが壊滅したってことだから、
あの3人は結局やられてしまったってことか。
全滅ではないから、ゆらやマミルたちは生きてて、
これから反撃を開始するといったところだろう。
で、それを聞いたリクオが遠野勢を思ったよりも大勢仲間にしましたね。
イタクは来るだろうなぁと思ってはいたんですが、
河童や座敷童子、あまり目立ってなかったなまはげも仲間になり、
戦力としては十分なところまで達したのではないでしょうか。
イタクの言うとおり、現在のリクオの配下たちは
おそらく畏を使いこなせていないので戦力的に物足りなさそうですし。
雪女や黒田坊といった配下たちはいつ畏を習得するのかな?
京都勢との戦いの中で習得するのか、遠野勢から教えてもらうのか。

いよいよ、京都勢との戦いになるわけですが、
個人的に期待したいのは一つ目を含めた重鎮達の動き。
かつて倒した羽衣狐とその配下が暴れていると聞けば、
もしかしたら重たい腰を上げてくれるかもしれない。
特に、リクオの父親、二代目も羽衣狐に殺されていたようだし、
過去編見てから一つ目のことはかなり好きになったので、
リクオ父の仇を取る為にも今回は協力して欲しいものだ。

なぜ生かした?
かつて、リクオの父親が羽衣狐に殺されたことが判明したが、
その場に居合わせたリクオをなぜ羽衣狐は生かしたのだろう?
単純に情けをかけただけかもしれないけど、
江戸時代での呪いを初代ぬらりひょんに見せ付けるための
生贄として生かされた可能性も考えられる。

また、二代目を倒したことで"宿願"が「復活」したと言った。
"宿願"が叶う。ではなく、「復活」した。という表現なのが謎である。
つまり、リクオの父親が生きていることで
羽衣狐の"宿願"は封印されていたと考えられる。
で、その"宿願"とは何か?と考えると、
やはり江戸時代にかけた呪いではないだろうか。
もしくは、羽衣狐が復活するための鍵か。
この"宿願"が復活した直後からぬら組の弱体が始まったと言うし、
二代目が死亡したことと羽衣狐の復活が重なり、
劇的に勢力図が代わって言ったのかもしれないですね。


【PSYREN】

アスカには何かと秘密がありそうだ
アゲハの父親は予想以上に強いですね。
アゲハだっていくつも死線をくぐりぬけてきたはずですし、
PSYのために多くの訓練を重ねてきたわけですから、
通信空手程度であそこまで強くなれるとは思えないんだけどなぁ。
先週は、父親ドリフト説をあげてみたけどドリフトでないにしても、
PSY能力者ということもありえるかもしれないですね。
また、天文学の研究者と言うことで、
世界を崩壊に招いたW.I.S.Eが回収した隕石"ウロボロス"に関して何か知ってるようです。
今後、ウロボロスに関することで色々関わってくるでしょうね。
最悪、父親がW.I.S.Eのメンバーという可能性すら出てきそうです。
ただ、雨宮の質問に対して研究室に来いと言ってるため、
特に隠すつもりはないようですし、W.I.S.Eメンバーということはないかな。

※ウロボロスについて拍手コメントによる指摘を受けました。ウロボロスは世界を崩壊に招いた要因でW.I.S.Eが回収したものとは別物でした。

現代での行動
ネメシスQの操者ことグリゴリ07とミロクが捕らえられた施設を追い、
なんらかの事実を掴もうという展開になるようですね。
この過程で現代におけるグリゴリ07と接触する機会もありそうですし、
PSYを研究する機関についても何かしらの事実がわかるかもしれません。
もしかすると、現代におけるW.I.S.Eメンバーとの接触もありそうです。
特に、第四星将のカプリコは研究者と言うこともあり、
PSYを研究する機関の研究員だった可能性もあります。
現代を変えることで未来は変わりますし、
今後の動向に注目していきたいところです。
だけど、この低順位が気になるなぁ。
面白くなっているだけに打ち切りだけは回避してほしいものです。


【賢い犬 リリエンタール】

もうなんでもありの世界
リリエンタールの能力って制限なしなんですかね?
単純に近くに居る人の願いを叶えてしまう能力で、
それがどういった形になるかはわからないけど、
何らかの結果が非常識に起こってしまう。
これまでの話を見ている限りでは大きな制限もなく、
リリエンタールが叶える事の出来ない願いはないのかもしれない。
よく漫画における能力では回数制限だったり、状況条件だったり
なにかしらの制限があるものなんだけどなぁ。
これまではある程度親しくなった人の願いをかなえることが多かったけど、
リリエンタールが嫌悪感を持つ人の願いを叶える事ができるのかが気になりますね。
それにしても、日野父や母はなぜリリエンタールを
二人のもとに弟として送ってきたんだろうなぁ。
日野兄妹と一緒にいることが何かしらの条件になっているのかもしれません。

次週は近所トラブルになるようですが、
普通にしゃべる犬と言う存在のリリエンタールをどう扱うかだな。
犬マネをさせてしゃべらせないのが一番なんだろうけど、
それだけで終わることはなさそうだし。
あと、そろそろリリエンタールを追ってきた組織を
ちょっとでいいから登場させたほうがいいような気がしてきました。
まぁまだ3話で様子見状態ですが面白くなりそうなので期待したいです。


【その他気になる漫画】

家庭教師ヒットマン!REBORN
前々から思ってたんですが、なにかと過去のギャグ時代の話から新しい展開を作り出してますよね。セリフにしか登場してなかった川平のおじさんが出てくるとは思わなかった。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
すれ違い通信の地域格差はびっくりしますよ。1日デパート周りをしても3人集まれば良い方でしたし、1000人なんてどうやっても集まらない人数だと感じましたね。

SKET DANCE
強くなく器用で集中力あり武器はパチンコ。作品内でもつっこまれてましたが、主人公らしくない主人公なのは面白いですよね。それにしても、このペガサスの折り紙は一度でいいから現実世界で見てみたいものだ。

黒子のバスケ
青峰はなんだかんだで悪いキャラではなさそうです。ただ、素直になれないだけだと思いますね。火神と黒子がどうやって青峰を倒すのか楽しみです(負けるかもしれませんが)。

保健室の死神
1話完結しませんでしたね。初の続きものになるので、なにかしらの動きがあるんじゃないかなぁと思ってます。あの高校だけに病魔が多い理由とかあるかもしれませんし。

AKABOSHI -異聞水滸伝-
なんか息を吹き返してきましたね。打ち切り確定ラインだった漫画がなかなか順位を上げてますよ。物語が盛り上がってきたのが功をそうしてるのでしょうか。このまま人気を上げ続けることができるのかが注目したいです。

あねどきっ
洸太の中でなつきへの想いが強くなった時での告白だったからなぁ。桜井の気持ちを知ったこととなつきへの想いが強くなってることに気づいた洸太が今後どうするのか楽しみです。これに、ちあきや他の女子とかも関わってくるのかなぁ。

めだかボックス
めだかちゃんがかつて暴走した相手、球磨川。この球磨川の設定は本作の最後の最後に展開するはずだった物語なのかもしれません。AKABOSHIが打ち切りラインから健闘してるから、本作にも頑張って欲しいと思ってるのは私だけか?このまま打ち切りは惜しい気がするなぁ。


----------以上、追加分-------------


というわけで、本日の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


そういえば、『HUNTER×HUNTER』はどうなったのだろう?いつから連載休止続いてるんだ?はやく復活して欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

はじめま~

初めまして~
blog拝見させて貰ってます。
こういう感想blogは自分で読んだだけじゃ判らない別のアングルからもう一回漫画を読めるからいいですね(^ω^)

はじめまして!!!

コメントありがとうございます!!

私も他の感想ブログさんを拝見してましたから、その気持ちは凄くわかりますよ!この展開にこういった見解を持つのかぁと感心することもしばしば。私も頑張って書いていきますので、これからも応援よろしくお願いします!!!

No title

30000アクセスおめでとうございますー
最近忙しくて書き込みがあまりできていませんでしたが、毎週かかさずみていますー。
いろんな感想サイトを巡回しているのですが、ここしかみられないような感想もけっこう多く、「なるほど、そう考えるとしっくりくる」というような発見があって楽しいです。

分割されても一向に構わないので、感想書き頑張ってくださいー


>ワンピ
ルフィのよさ、というかワンピースの面白さは自分も素直さだと思います。 いろいろあって素直さが貫けない現代の中で、自分の素直な考えに忠実に行動できるルフィが、それこそ夢のある「少年漫画」なんだと思います。

>サイレン
掲載位置が少々怪しいですよねぇ(汗
父親もただ登場しただけでなく、物語に関わってくるような形をとられていて、先が気になるのですが・・・いかんせん掲載位置が。
派手な戦闘や、絶望的な敵キャラが最近不足していたからかなぁ・・・。

>ブリーチ
他の感想サイトの情報ですが
先々週の「ジャンBANG!」でのBLEACH特集で久保先生は
一護のお父さんの活躍を次の次のシリーズで描くということを言っています。最強の敵キャラをさらに出すということはあまり考えにくいので、これは本当に逃げるのか・・・?

>新連載二つ
保健の先生の話は個人的にはそこそこですね。どうしてもぬーべーと比べてしまいますが、キャラの魅力がぬーべーに比べて乏しいのでちぃと生き残るのは難しいかなぁ・・・。
リリエンタールはちょこっと面白い感じです。今週の最後の風船の敵キャラが仲間?に加わるシーンとかちょこっと笑いました。ただ、この のほほんさが一般受けするのかがわからないですね。

尊敬ですわ

急ぎで書いてるので誤字・脱字はご愛嬌でよろしくお願いします。

>ブリーチ
愛染引いてしまうのか・・・!?と心で衝撃で表じゃ開いた口が閉じませんでしたよ・・・。で?退いてどうする?新手を引き連れまだ戦うのか?次号の展開が楽しみですね?場合によって生き残りのエスパーダ諸々が死神達と協力するって事があるかもしれませんね?スタークやなんかだって生きてる可能性もゼロとは言えませんし、敵同士であっても目的が一致して一つの目的を成し遂げる為協力し合うって言う展開は個人的に嫌いじゃないのでね

>ナルト
雷影の次は水影ですか。サスケは人気があるようですね?文字が変わったあたり、水影はSな顔をありそうですね?ナルトにこう言うキャラっていなかったので新鮮な感じでしたが個人的な感想としてはーー。いい!。話を戻してこの展開はまずい気がしますわサスケ自身連戦のおかげでチャクラがないんじゃないですかね?水影に倒され掛けてるところにマダラが登場し、四影と顔あわせし、多少のトークを繰り広げるかも知れませんね?次号に期待します

>willさん

ここでしか見られないような感想があるというのは嬉しいですね。
感想ブログを始めるにあたり、独自性を出したいとは思っていたんですが、
実際にそういう言葉を聞くことができる日が来るとは思ってませんでした。
その分、「なんだそれ?」と思うような妄想的な部分も多いかもしれませんが、
これからも応援よろしくお願いします。

>ONE PIECE
尾田先生もコミックのSBSにて、ルフィの心情表現は一切しないことにしているとおっしゃってましたが、心情表現がないことで読者にルフィの考えてることがわかりにくいにも関わらず、その行動は自分の思いに偽らず良くも悪くも自分の心に素直なところが非常に魅力的なんだと思いますね。あれだけ自分に素直に生きれるルフィに読者は憧れにも似た感情を持つのかもしれません。「少年漫画」はこの作品をおいて語れないですよ。

>PSYREN
確かに順位位置が凄く不安になってきました。ただ、現在は新連載が始まって3週目になるので新連載組に対して順位が有利に働いているということもありますので、若干下がり気味にはなるのかもしれません。まぁ、それを差し引いても微妙な順位にあることは確かなんですけどね。
派手な戦闘については、今回の現代編でやってくれるでしょう。碓氷編、グリゴリ07編ともに戦闘が微妙でしたからね。現代W.I.S.Eとの戦いが起きてもいいかもしれません。また、父親登場が今後のための顔出し程度なのか、今回の現代編における重要ポイントになるのかも気になりますね。

>BLEACH
マジですか!父親の活躍って次の次のシリーズなんですか!本作って1回のシリーズに1年くらいかけるんで、最悪の場合、父親の活躍は再来年になる可能性もありそうですね。これで藍染が逃げた後、手下をどうするのかや次の作戦をどうするのかによって、漫画としての評価がわかれそうな気がします。個人的には、あまり話を伸ばされ過ぎてもと思う部分はありますが。

>新連載について
今回の2作品は、一般受けするかどうかが鍵となりそうです。特にリリエンタールに関しては、不思議世界の表現になるので、面白くない人ははっきりと面白くないと言うでしょうね(私の友人もなにこれ?と言ってる人もいます)。保健室の死神はどうしても「ぬ~べ~」と比較されるでしょうね。特に20代の世代はぬ~べ~に触れて育った人も多いでしょう。また、おっしゃるように、画力にしてもキャラの魅力にしてもやや物足りない部分はあります。ぬ~べ~を知らない世代がどう評価するかが鍵になってくるかも知れません。


> >サイレン
> 掲載位置が少々怪しいですよねぇ(汗
> 父親もただ登場しただけでなく、物語に関わってくるような形をとられていて、先が気になるのですが・・・いかんせん掲載位置が。
> 派手な戦闘や、絶望的な敵キャラが最近不足していたからかなぁ・・・。
>
> >ブリーチ
> 他の感想サイトの情報ですが
> 先々週の「ジャンBANG!」でのBLEACH特集で久保先生は
> 一護のお父さんの活躍を次の次のシリーズで描くということを言っています。最強の敵キャラをさらに出すということはあまり考えにくいので、これは本当に逃げるのか・・・?
>
> >新連載二つ
> 保健の先生の話は個人的にはそこそこですね。どうしてもぬーべーと比べてしまいますが、キャラの魅力がぬーべーに比べて乏しいのでちぃと生き残るのは難しいかなぁ・・・。
> リリエンタールはちょこっと面白い感じです。今週の最後の風船の敵キャラが仲間?に加わるシーンとかちょこっと笑いました。ただ、この のほほんさが一般受けするのかがわからないですね。

>Mさん

いつもコメントありがとうございます!

>BLEACH
ここで撤退したとして本当にどうするんでしょうね。まだ、ワンダーワイスが生きてますし、ヤミーも戦ってたような気がしますので、この二人(特にワンダーワイス)だけは残すのかもしれません。ただ、藍染が新しい仲間を連れてまたやってくるというのは、どうも今回と似たような展開になりそうで怖いです。焼き増し展開だけは勘弁してもらいたい。
生き残ったエスパーダと協力することはあるかもしれません。スタークとハリベルはまだ生きてそうですし、他にも今回の戦いでネルや仮面の軍勢など協力者も現れました。これだけの戦力と藍染は如何にして戦うのかも気になりますので、今後に注目したいです。

>NARUTO
サスケにしてみれば、本当にピンチではありますよね。五影との連戦になるわけですし、何らかの援護がなければ突破は厳しいでしょう。案外、このタイミングでマダラが登場してサスケを助けるのかもしれません。マダラもこの状況でサスケが倒れるのを望んではないでしょうから。ダンゾウの行方のことも気になりますし、次号を待つしかないですかね。

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。