スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2009年30号 感想

先週の感想文の拍手数が過去最高の16拍手を記録しました!
みなさん、ありがとうございます!
他の感想サイト様に比べればまだまだかもしれませんが、
これからも応援よろしく御願いします。

さて、ジャンプでは『アイシールド21』が改編期前に連載終了したので、
漫画の本数はどうなるんだろう?と考えていたのですが、
先週21本、今週20本ということで特に補充はされませんでしたね。
その分、ジャンプの値段が10円安くなっていました。
というか、このまま雑誌の値段は上がり続けるのでしょうか?
いつの間にか240~250円まで値段が上がっており、
そのうち300円とか行くのかなぁとちょっと心配しております。
値段上がれば小中学生とか買いにくいでしょうからねぇ。


では、今週の感想です。


【巻頭・ONE PIECE】

巻頭の絵が凄くかっこいいです
何気にこういった絵は好きですね。
というか、イナズマの髪はオレンジ、イワさんは紫だったのか・・・。
いや、漫画やアニメでは良くあることだと思うんだが、
さすがにオレンジは珍しいよなぁ。
ジンベエの体の色は・・・まぁ魚人だし仕方ないか。
改めてこの面子の凄さが感じ取れる絵でもありました。
かつての敵だったBWの幹部とルフィが行動を共にする。
アラバスタ編を振り返った時、誰がこれを予想できたことだろうか・・・・。
最新コミックで尾田先生は、
「だれもが読んだ事のない漫画を書き上げてみせる」
とおっしゃってましたから、今後も期待していきましょう。

マゼランって強すぎない?
ここまで来ると、超人系でも最強の部類になるんじゃないか?
ドルドルの実のおかげでなんとかマゼランと戦えるかと思ったら、
毒を感染可能な毒に切り替えて、触れているものに
次々と毒が伝染していくという味方をも巻き込む技。
マゼランも「インペルダウンを破壊し兼ねない」と
おそらくこれまでは使用を禁じてきた最後の手段なんだろうなぁ。
それほどまでに、ルフィたちはマゼランを追い込んだということか。
ですが、これほどの能力を持った超人系も珍しいし、
この技ならクロコダイルすら倒せそうな気がするなぁ。
砂になってもその砂に感染されたらクロコダイルでも適わないだろう。
自然系にも対抗できる超人系がこれからは次々登場しそうです。

イワさん復活!そして、ジンベエ予想以上の活躍!
よかった!本当によかった!
イワさんが復活してくれた!イナズマはまだグロッキーだけど、
ルフィに施したようにホルモン調整で早期回復したのかな。
あと、マゼランも急いでたからダメージも少なかったのかもしれない。
なんにせよ、あのままインペルダウンに残らなくてよかったぁ。
それにしても、ヘルウィンクで階層を突き抜けるとは・・・・。

そして、Mr.3との連携攻撃でマゼランに隙を作り、
その隙に全員をイワさんのヘルウィンクによる衝撃で海へ。
その海にはジンベエが呼び寄せたジンベエザメの大群が!
ジンベエが予想以上に活躍してくれてます。
魚人ってこういったこともできたんだなぁ。
ハチもたこの大群とか呼び寄せることができるんだろうか?
クロコダイルたちも無事船を奪取したようで、
その船まではジンベエザメで運ぶのかぁ。
これは、もうマゼランには手の出しようが無いんじゃないかなぁ。
ジンベエザメが離れていけば、さすがに毒も届かないだろうし、
これにて無事にインペルダウンからの脱出には成功したのかな。

あとは、エースのいる処刑地まで向かうだけなんだけど、
バギーやその他の脱獄囚などエースに関係ないやつらとは、
ここで一旦わかれるんだろうか?
海軍船をもう1隻奪うことが出来ればそれも可能だろうけど、
いまのところ1隻しか奪ってないみたいだし、ちょっともめそうだな。
クロコダイルは白ひげとの対決を望んでいるみたいだったから、
クロコダイルとBW幹部は付いてきそうだけどねぇ。
バギーもルフィたちと一緒に居たほうが安全と考えて付いて来るか、
気絶したまま処刑地に到着していつの間にか巻き込まれてたとかで、
エースを救出する最後までルフィたちと行動を共にしそうだ。
まぁエースとは飲み仲間だし、放って置かないかもしれないけど。
こう考えると、なんだかんだで全員エース救出に向かいそうだ。
各々の思惑はあるだろうけど、はたしてどうなることか。
シリュウや黒ひげの動向も気になるし、目が離せない!



【NARUTO】

ちゃんとしてシステムがあってよかった
火影任命もいまのところ緊急措置みたいなものだったんだなぁ。
このあと、上忍による信任投票が行なわれるようで、
さすがに大名の一言でどうにかなるようなシステムではなかったか。
そして、カカシ先生も火影候補だけあって冷静な目を持ってて良かった。
感情的なナルトやサクラを静止して、事態をまとめてくれそうだ。
今回のダンゾウの指示は決して間違ったものじゃないしなぁ。
それだけに、ナルトの暴走が気になってたが、
カカシ先生が居てくれたからなんとかそれは防げそうだ。

ダンゾウとしてもナルトをどうこうするつもりはないけど、
木の葉にとっても、世界にとっても重要な九尾だけに、
それなりの監視を付けるようですね。
確かにナルトが勝手な行動をとるのを防ぐのは大切だよなぁ。
感情的なナルトだし、いつ勝手な行動をして敵に捕まってもおかしくない。
ならば、監視をすると同時にいざと言う時の護衛にする。
きっと、少なくともそんな考えがあると思うんだ。
逆に綱手が甘すぎたんだなぁ。
火影としてその判断どうなの?ってのは結構つっ込まれてた気がする。
個人的には、ダンゾウ火影ってのは今のところは問題ないと思う。
まぁ色々と暗躍しそうですけどねぇ。



【バクマン】

セリフと笑い
どんな漫画でも、この二つがしっかりしないと人気は取れない。
なんとなく、そんな印象を受けてしまったのは私だけだろうか?
というか、あからさまに『ONE PIECE』を思い浮かべてしまった。
誰もが燃えるようなバトル展開があり、
それに負けずのギャクパートがしっかり取り入れられ、
決めセリフには重みのあるセリフが多い。
最近では、ボンちゃんやイワさんの名言が印象深いですね。
なんとなくですが、センスのあるセリフってのは、
ああいった意味の深いようなセリフのことを言うのかなぁって思いました。

そして、『擬探偵TRAP』の順位はだんだんと落ち着いてきたようで、
徐々に人気も上がり調子になり、高位をキープしている。
おそらく、一つの解決編を迎えたことで漫画に対する評価が
だんだんと確定されてきたいんだろうなぁ。
『CROW』もいまだに3位と上位を保ち続けているようで、
『ラッコ11号』も4位、『hideout door』が5位、『KIYOSHI騎士』が7位、
と3位~7位までを若手作家陣が軒並み獲得してますね。
ってことは『ONE PIECE』、『NARUTO』、『BLEACH』の3本柱のうち
一つは8位以下に後退してしまっているということなのか!
案外、3本柱といっても新連載組が頑張ると、
こういった事態も起きるのかもしれないですね。
まぁ『hideout door』も『KIYOSHI騎士』も連載始まって間もないですし、
これからの動向によっては打ち切りも十分に考えられる。
10週ロケットはないにしても、短期打ち切りはありえそうです。
平丸先生はなんか旅に出ちゃったみたいだし、
『ラッコ11号』は作者体調不良のため連載中断とかになりそうだなぁ。
連載開始11話で体調不良による中断はちょっときつそうだ。
下手すると、そのまま編集部の意向で連載打ち切りになりかねん。
けどまぁ、吉田がきっと頑張って探し出すんだろうなぁ。

それにしても、『hideout door』の絵ってけっこうきわどくない?
あれがサブキャラならまだしも主人公だろうし、
何気にエロ枠でも狙ってるかのような絵だぞ。
いったい、『hideout door』はどんな物語なんだろうか?
バクマンオリジナルの漫画の中では一番読みたかったりする。



【べるぜバブ】

邦枝の強さ
ヒルダと直接対決をしてもまったく引けをとらない邦枝。
ヒルダも全力とまではいかないかもしれないが、
仕込み刀を使うあたりこれまでで一番の実力を見せてます。
ですが、男鹿の願いもむなしくヒルダによる判定では、
邦枝では男鹿には及ばないと。
最終的には、ベル坊の気分にもよるんでしょうけど、
これで男鹿の願いの一つははかなく消えてしまったわけですね。

一方で、男鹿に戦いを挑んだはずの寧々と千秋。
なぜかはわからないけど、傷だらけで倒れこんでいましたね。
まぁ男鹿が女性に手を上げるとは思いにくいし、
他の誰かが割り込んできたのか、何かの衝撃で二人が倒れたのか。
たぶん、誤解によるものだとは思うんですけどねぇ。
案外、ベル坊が泣き出して電撃に巻き込まれたとか、
ヒルダVS邦枝の衝撃で怪我したとかありそうだな。
なんか、名前忘れたけど神崎の側近だった奴が何か知ってそうです。
あと弁当食ってたのっておそらく東条だろうなぁ。
東条がここに絡んでくるとなると、おもしろいんだけどどうなることか。



【連続読切第4弾・ULTIMATE CHASER】

絵は凄く上手だと思った
う~ん、物語としてはキライではないんだけどなぁ。
なんというか、読んでて疲れました・・・・。
文字数がちょっと多くないですか?
1つのセリフ枠に対する文字数が多いから読みにくかった。
他の人がどう感じたかはわからないけど、少なくとも私には多かった。
確かにカートというあまり数の多くない漫画なだけに、
それなりの説明が必要だとは思うんですけど、
序盤の日常部分から文字数が多くて、後半部分は疲れてしまいました。
文字数の多い漫画がダメとは言わないんですけど、
『DEATH NOTE』や『バクマン』はセリフを理解することに
面白さがあるから、文字数が多くても本筋から離れすぎない。
けど、これはあくまでスポーツ漫画なんだから、もう少し少なめにしないと、
セリフの理解に集中してしまい、本筋のレースから考えが離れてしまい、
スポーツの展開の繋がる面白さが途絶えてしまうんじゃないかなぁ。
まぁ素人目線での指摘ですが、私はそう感じましたね。

ですが、ストーリーは悪くないと思います。
体が大きくモーションチャプターという天性の才能を持ちつつも、
周囲の環境の問題もあるでしょうが、非難を受けることが多かった。
あくまで小学生だから精神面も弱いだろうし、
そんな小学生があれだけの非難を受ければ、
そりゃぁスポーツする気も失せてしまうでしょうね。
というか、非難する方が悪いとは思うんですけどね。
スポーツやってるんだから、卑怯だの役に立たないなど
正々堂々戦って負けたんなら潔く認めろよ!とも思いましたが、
まぁその辺は敵も小学生ってことだし、仕方ないんでしょうかね。
あと、ああいった非難が起きた時は監督とか大人が止めるべきだと思った。

とにかく、絵は非常に上手だと思うんで、
あとは、どれだけコンパクトな漫画が書けるかじゃないかなぁ。
個人的にはセリフの量や文字数を減らしてくれると面白くなると思います。



【めだかボックス】

もしかしてラッコ11号のモデル?
今週の『バクマン』で『ラッコ11号』にはセリフにセンスがある
と言っていたけど、もしかしてモデルとなっているのはこの作品か?
とちょっと思ってしまいました。
思えば、毎週なんらかの形で名言を残している本作。
先週の話で言えば、めだかちゃんが言った
「綺麗も汚いもないし、天才も凡才もいない。いるのは懸命な人間だけだ」
今週で言えば、阿久根の言った
「できないんだったら、途中からでもそうしろよ」
といったセリフ一つ一つに深いものを感じてしまう。
こういったのがセリフのセンスなんじゃないかなぁって思うなぁ。
『ラッコ11号』とは趣向が異なる漫画かも知れないですけど、
何かに通っているものを感じてしまった。

阿久根の初仕事
ということで、今回の仕事は阿久根に一任されてましたね。
最初は、依頼人の言うとおりに自分で書いた阿久根ですが、
めだかの目指す生徒会とは違ったものだった。
「困っている奴は助けても、弱い奴を救いはしない」
つまり、自分で努力もせずに他人に頼って
物事を解決しようとするだけの人間は助けないってことなのかな?
本当に困っているわけでもないのに、困ったように自分を偽り、
そして、他人の力を借りて解決しようとする。
これまでの依頼は、その人だけではどうしようもない問題だった。
だけど、今回の依頼は八代が努力したわけでもなく、
生徒会にラブレターを書くことを一任してしまった。
文字だけでなく文面すらも一任し、そこには彼女の想いはない。
彼女は困っているのではなく、
綺麗な字でラブレターを書きたいとただ願っているだけだった。
本当に気持ちを伝えたければ、努力してでも自分で書かせる。
それがめだか流のやり方なんだろうなぁ。
なにはともあれ、阿久根の初仕事は無事完了!
きっと、こんな形で名言を交えながら物語が進んでいくんだろうなぁ。



【AKABOSHI -異聞水滸伝-】
※水滸伝に関するネタバレを含みます。
ネタバレをされたくない方は、読み飛ばしてください。

いろいろ登場しました
やっと、他の替天行道の仲間が登場しましたね。
酒場を隠れ家にしていたのは史実通りみたいで、
替天行道内の役職には、酒場店主という役職もあるくらい。
史実で言えば、今週登場した孫二娘や王定六、張青も
本来の役職は酒場店主になってました。
このほかにも、蒋敬、公孫勝、劉唐などなどが登場。
特に、公孫勝は百八星の中でも第4席に連なる強者。
機密担当軍師という役職をもつ重要人物っぽいです。
ちなみに、孫二娘は第103席で西山酒店、
張青は第102席で役職・西山酒店、
蒋敬は第53席で金銭糧食会計、
王定六は第104席で北山酒店、
劉唐は第21席で歩兵軍頭領となっています。
役職・○○酒店ってのは、その店の防衛ってことなのかな。
こう見ると、重要そうなのは公孫勝と劉唐くらいか?
他の面子もそれなりに出てきそうだけど、108人もいるしどうなることか。

そして、案の定、禁軍が王進を討伐しに来ましたね。
きっと、上のほうに色々と余計なこと言ってたんだろうなぁ。
そのために、粛清されてしまうんだろうな。
これで、王進と淋仲は逃げざるを得なくなり、
王進は替天行道には入らないけど淋中は入ることになりそうです。
だんだんと面白くなってきましたが、今後増え続ける人物を
どのように調理して展開していくのか楽しみです。



【PSYREN】

いざ、夢喰島!
ということで、あっさりと夢喰島に到着。
なにやら、ネメシスQの小型が道案内をしてくれるようで、
アゲハたちはそれに付いていくことに。
このネメシスQジュニアはなんか可愛いな。
なんというか、凄く和みますね。
それよりも気になったのは、自然が生き残っていたこと。
九州の南部では、まだ自然が生きており、
ネメシスQの操者もW.I.S.Eから自然を守るために隠れてたんだろうな。
どうやって自然が生き残ったのかはわからないけどね。

そして、碓氷は二人のサイキッカーと共に夢喰島へ。
億号の方は、報酬さえあればどんなことでもやる傭兵っぽいが、
大河は意外とW.I.S.E討伐のために碓氷に味方したやつかもしれません。
W.I.S.Eを放っておいていいのか?と聞いてたり、
碓氷の行動には何かと不信感を抱いているようです。
ちょっと狂信者っぽいイメージはありますが、
話し合いによっては、今後協力してくれるかもしれませんね。
確かに、九州付近で生き残ったサイキッカーは、
一番近い碓氷のところに身を寄せるでしょうし、
今後のW.I.S.Eとの戦いに協力してくれる人もいるかもしれません。

で、ネメシスQの操者まで後一歩というところで、碓氷たちの奇襲を受ける。
億号、大河共に楽に勝てる相手ではなさそうだし、
アゲハの"暴王の月"だと命まで奪ってしまうだろうから躊躇しそうだし、
なんとかカイルたちと協力して無力化するしかないんかなぁ。
おそらく、億号は召還タイプ、大河はチャクラムを操るのか。
きっと、三宅もバトルに参加してくるだろうし、
人数的に有利だとしても油断できそうにないですね。
このバトルの最中に操者が現れる可能性も高そうです。



【ぬらりひょんの孫】

大阪城の戦い
妖怪VS妖怪の一大決戦。
ぬら組のかつての姿が見れましたね。
特に、大幹部・狒々の本当の顔であったり、
まだ綺麗なころの一つ目であったりと、
ぬらりひょんを信望している彼らの姿を見ることができます。
特に、一つ目にもぬら組のために戦おうとする覚悟があった
という事実は個人的に嬉しかったなぁ。
そのうち、リクオのために命を懸けて戦ってくれるかもしれません。

決戦では、各幹部候補が直接対決。
木魚達磨VSしょうけら、狒々VS鬼道丸、鴉天狗VS狂骨、
雪女VS茨樟子、牛鬼VS大天狗などなど
おそらく他の場所では一つ目も戦っていること祈りたい。
で、ぬらりひょんはその隙をついて羽衣狐と対峙する。
が、圧倒的な力で押され続ける。
タイトルが妖刀・祢々切丸なだけにあの刀が活躍するんだろうけど、
いったいどのタイミングで使うことになるんだろうか?
祢々切丸で羽衣狐を滅ぼせるのかどうかだなぁ。
そして、花開院家の当主・花開院秀元も大阪城へ向かう。
見学するだけと言ってはいたが、なんらかの行動は起こすでしょうね。

というか、生き残っていたはずの真珠姫はどうなった?
今週は影すら見ることができなかったんだが、
真珠姫の安否が何気に気になっています。
この乱戦の中、無事に生き延びてくれればいいんだけどなぁ。



【総括】
ちょっと大丈夫か!ジャンプよ!
ここにきて『黒子のバスケ』の順位が急降下。
『フープメン』は完全に物語の締めに入っているだけに、
スポーツ枠が生き残ることができるのか心配だ。
『アイシールド21』が連載終了したいま、確立したスポーツ枠は必要だろうに。
まぁ次の新連載で一気に二つほど入れるのかもしれませんが、
もしかすると、スポーツ枠が1つもないジャンプが
近いうちに発売されるかもしれません。
スポーツ漫画家よ!頑張れ!!!


というわけで、今週の感想はここまでです。


拍手&コメントしていただけると非常に嬉しいです。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

リボーンは典型的なテコ入れ成功例だけど、
ちょっと最近の展開はついていくことはできないなぁ
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。