スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2008年40号

今期の打ち切り作品は『どがしかでん』となんだろう?
順位的には『バリハケン』か『ダブルアーツ』だろうけど。
もしかして二つともアウトって可能性もあるなぁ。

では、以下感想です。

【巻頭・BLEACH】
吉良君が活躍する話。
十一番隊と同じく三番隊にも信念があったということか。
三番隊は絶望を矜持としているようです。
ギンが3番隊隊長になっていたのも納得ですね。
彼ほど絶望が似合う男はBLEACHにはいないでしょう。

「戦いは英雄的であってはならない」
「戦いは爽快なものであってはならない」

今週の吉良君の言葉ですが、ある意味一番現実に近い考え方をしていると思う。
ジャンプの作品に限らず、バトル漫画はどうしても英雄的、爽快な展開になりがちです。一護もどちらかというと英雄的な戦いをします。しかし、現実はそうはいきません。

「戦いは絶望に満ち、暗く、恐ろしく、陰惨なものでなければならない」
「それでこそ人は戦いを恐れ、戦いを避ける道を選択する」

確かにその通りだと思うんですよ。戦いを否定することは、バトル漫画の世界ではほとんど扱われることのないテーマだと思ってましたが、まさか吉良君から聞くことになるとは。

私はBLEACHのバトル部分を批判することが多いんですけど、今週はこの言葉だけで十分面白く感じましたね。

それにしても、侘介って絶対に戦いにくい形状だよな。どうやって斬り付けたんだろう?

というか卍解していない副隊長格に負ける破面ってどうなんだろう?よっぽど弱いんだろうか?それとも吉良君が強いんだろうか?十番隊隊長だって卍解してやっとだったのになぁ。


【ONE PIECE】
ルフィが船長の役目をしっかりと果たしている。勝てない相手と分かれば逃げる。
状況判断能力が上がっているということか。しっかり成長してるんだなぁ。

で、黄猿はレイリーがしっかりと足止めしてる。
なんでだ?海楼石かと思ったが、剣で光の剣を止めてるとこを見ると違うみたいだな。

場は大混乱だな。
ゾロは瀕死でフランキーがPX-1を怯ませるが、追いつかれる。
ブルックの足止めも無駄に終わり、サンジの蹴りも限界が近い。
ルフィは戦桃丸に倒され、サンジたちがPX-1に撃たれてしまう。
その現状に耐えかねたチョッパーはランブルボールで暴走。
そんな中に本物のくまが登場して、ゾロ消滅。

つい最近までルーキー達が散々黄猿にやられたばっかなのに、
もうルフィ達がピンチだよ。大将は圧倒的だなぁ。

来週にはくまの能力が明らかになりそうだが、
その能力によってはゾロはしばらく退場しそうだな。

それにしても最近のONEPIECEは面白いなぁ。バトルがさくさく進むだけでこんなにも作品のイメージが違うんだなぁ。


【バクマン】
今週最も興味深い話をしていた漫画。
大場つぐみ先生もといガモウひろし先生の部屋が公開された感じだな。
でも何か色んなとこに喧嘩売ってる感じだったな。

ガモウ先生は『恋空』が嫌いみたいで。
『恋空』は噂程度にしか話を知らないんだが、セックス、レイプ、妊娠、中絶、不治の病のいずれも当てはまる作品と聞いたことある。それとも、最近の少女マンガはこんなのが多いんだろうか?そうなると、なんか悲しいな。
※追記
いま調べたら、セックス、レイプ、妊娠、中絶、不治の病は『恋空』に限らず最近の携帯小説によくある内容らしいです。

『あしたのジョー』は確かに面白い。本当の天才が描く漫画ともいえる。読んだことのない人は一度は読んでおいて欲しい漫画といえるだろう。

で、週刊連載5本の話。
最近では週刊5本+月刊2本を抱える漫画家もいるとかいないとか。
個人的には、『金田一少年の事件簿』、『GETBACKERS』、『エリアの騎士』などの原作を手掛ている亜樹直先生が凄いと思っている。興味のある方は、Wikipediaで調べてみて欲しい。

そして、最近のジャンプヒット作品の共通点。
「刀」
これは気づかなかったなぁ。凄く自然なものとして捉えていたけど、確かに刀の出てくる作品は多い。とういかこれはバトル漫画が多いだけかな^^;

天才の話になったけど、鳥山先生は一発屋の天才らしい。
確かに鳥山先生は『ドラゴンボール』の後にヒット作を出していないのは事実だが、それだけで食っていけるほどの人気がある。やはり天才ということになる。
でも、『アラレちゃん』は?ヒット作じゃなかったのだろうか?

それにしても、漫画家が描く漫画家漫画がこれほど面白く興味深いものだとは思わなかったなぁ。感想を書く身としては、特に興味深い。

だが、やはり編集部の「若手漫画家を増やそう作戦」が見え隠れしてしまう。
でも、それで天才漫画家が生まれれば素晴らしいことだよなぁ。
若手の育成に力を入れ始めたってことなのかな。
この漫画はアンケート悪くても、しばらく続きそうだな。


【トリコ】
伝説の男・ノッキングマスター次郎の回。
四天王よりも圧倒的に上の存在みたいだな。
これから彼がどう関わってくるのか、気になるところだねぇ。


【ぬらりひょんの孫】
やっぱり総大将強いなぁ。
真・明鏡止水ってのはいづれリクオが継ぐんだろうなぁ。
それにしてもムチはいいかませ犬だったなぁ。


【SKET DANCE】
作中最強キャラ浪漫ちゃんの回。
で、内容はバクマンを意識したのか、編集部から何か言われて書いたのかわからないけど、漫画家の話をギャグにした内容。
いまいち浪漫ちゃんらしさが出てなかった気がするなぁ。
やっぱり浪漫ちゃんは動いてこそだよなぁ。
止まっている浪漫ちゃんは微妙だったよ。


【金未来杯・格闘王子】
う~ん。プロレスで最強を目指すかぁ。
かつての打ち切り作品『A・O・N』を思い出すなぁ。
絵は見やすくていいと思うんだけど、
最近はどうも格闘技漫画は受け付けないんだよなぁ。
というか打ち切り臭がどうしてもしてしまうんですよ。これまでの経験からして。

今の個人的順位
べるぜばぶ>>アルバイター金太郎>格闘王子


【PSYREN】
先週の感想で、エルモア・チルドレンはワイズに利用されてると思ってたけど、
彼らを止めに現れたんだね。味方だったよ。良かった良かった。

エルモアが死んだらしく、チルドレンを静止する存在がいなくなった。
そして、突撃をしたチルドレンはワイズによって瞬殺されてしまう。
最後にフーちゃんに寄り添うマリーの姿が悲しいよ。

では一体誰がワイズ?ってことになるんだが、
可能性としては、
1.サイレン世界のことを探している組織の人間説
2.ネメシスQおよびその関係者説
3.未来世界でのアゲハ説
だろうか。全てはずれていそうだけど。

ちなみに、3の説はワイズの一人が使った技『生命の樹』の能力がアゲハの『暴虐の月』に似ていたから。それだけの理由です。

今後、凄く面白そうな展開が期待できるなぁ。PSYRENにはこれからもがんばってほしいよ。来週はいよいよワイズとの接触になるわけだが、何かの謎が解けそうだな。彼らの正体は分からないにしても、何らかの情報は得られそうだ。


【ダブルアーツ】
なんだ?
打ち切りが決まってヤケになってしまったのだろうか?
いくらなんでも、あれだけの小矢の嵐を二人のダンスで避けきるのは不可能に近いんだぜ。こんなことしてるから、ネット上での批判が止まないんだよ!

手を繋いだ旅も斬新で、ダンスで戦うってのは凄く良いアイディアだと思う。
だけど、細かいところでぼろを出している。出しすぎている。
コミック1巻の修正もそうだ。ちょっと力量不足が顕著になってきている。

そもそも、古見先生が評価を得たのは読み切りの
『island』と『ウィリアムス』の2作品である。
この2作品は主に冒険を主体にしていて、決してバトル漫画ではなかった。
古見先生が小学生のころから温めていた案というだけあって、バトル路線になるのも仕方がないだろう。だが、古見先生の良い所が出しにくい設定なのではないだろうか?

好きな漫画家だけに、最近の展開はちょっとないんじゃないかぁと思わざるを得ない。打ち切り漫画臭が漂い始めている。たぶん近いうちに打ち切りが決定したんだろうなぁ。

しかし、私は古見先生の漫画が好きなので、『ダブルアーツ』が駄目だったとしても、次の作品ではもっと力をつけて、本当に面白いと思える作品を描いてほしいと思う。


【どがしかでん】
終わりましたね。典型的なロケットでした。
最後の方は少し面白かったけど、全体としてみるとちょっとなぁって感じです。
でも、これから成長して帰ってきてくれることを楽しみに待っていたいと思います。
頑張れ!濱田先生!


【総括】
長くなってしまった。
今週はバクマン、ONEPIECE、BLEACH、PSYRENが面白かったね。
残念だけど、『バリハケン』と『ダブルアーツ』はもうだめだろう。
今後の新人漫画家の活躍に期待していきたいですね。
バクマンで『ONE PIECE』を超えることは出来ないって言ってたけど、
『ドラゴンボール』、『ONE PIECE』に続く大ヒット作品を書く漫画家は
必ず居ると私は信じてますよ!

以上。感想終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。