スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャンプ】週刊少年ジャンプ2010年10号 感想

新連載が始まらなかった理由はなんだったんだろう。
今週は中堅作品が下位に落ちてきましたが、
これを考えると票数が争われてるのかなぁと。
中位から下位作品で限られた票数を奪い合ってるのかなぁ。
となると、打ち切り作品が決めきれない可能性の方が
新人が見つからない可能性より高いのかもしれませんね。
特別読切はそれぞれが面白い作品でしたし、
新連載が見つからないということはさすがにないでしょう。
しかし、連載作品の入れ替えがなかったのはやっぱり残念ですね。
ジャンプを読む上での楽しみの一つですからねぇ。
さすがに春の改編では入れ替えがあると思いますが、
今回新連載がなかった分、レベルの高い新連載に期待したいです。


では、今週の感想です。
本日はちょっと忙しかったので、長文の方は少なめとなっております。


【巻頭・銀魂】

連載6周年突破!
もう銀魂が連載されてから6年になるんですねぇ。
いまやすでに立派な看板漫画になりましたよ。
連載開始当初はなかなか人気が取れなかったのか、
順位が低迷する時期が続いてましたからねぇ。
いつか打ち切りになるのか?と思ってたら、
ギャグ漫画として欠かせない存在になりましたよ。
ジャンプ系ブログも銀魂メインが多いですから、
その人気の高さが伺えます。
今後もジャンプを支えていって欲しいですね。

バレンタイン
今回の話はいい話でしたねぇ。
結局、みんな神楽のことを想って行動したんだろうなぁ。
なかなかチョコを渡せない神楽を見ての行動なのかな。
神楽には自分たちの分だと思わせといての行動は
正直、意外でしたねぇ。
さっちゃんだけは「さ」って書いてあったのも
彼女らしいというべきでしょうか。
たまにはこういった話もいいですねぇ。
銀さんたちはそれぞれのチョコが誰のか気づいてるのかな?
妙さんのは形からしてわかるかもしれないですが、
ツッキーのはちょっとわかりにくいかもしれない。
さっちゃんのは「さ」でギリギリわかるくらいか?
あぁでも4人って言ってるってことはわかってるのか。


【ONE PIECE】

エース死亡フラグが立ちました
うわぁ・・・・。
エースが助かったかと思ったら死にそうですよ。
まだ安心できるレベルではなかったですが、
白ひげが死を覚悟したってことはエース助かるか?
と勝手に思っていたので予想外でした。
これはもしかすると二人とも死ぬ可能性もありそうです。
今回は完全にサカヅキの作戦勝ちと言ったとこでしょう。
逃がさないためにわざとエースを挑発したのでしょうね。
エースも白ひげを馬鹿にされては抑えられなかったか。
自然系といっても相性が完全に悪い相手でしたからねぇ。
さすがに上位自然系とか下位自然系って話ではないと思う。
相性が悪い上にルフィを狙われてはどうにもならなかったか。
持ち上げるだけ持ち上げてたたき落とす。
まさにそんな気分になった今週の展開です。

持ち上げてから落とす
しかし、エースがここで死んでしまうと、
今後の白ひげ海賊団を継ぐ者がいなくなってしまいます。
個人的にはエースに白ひげ海賊団を継いでもらう展開を
予想していただけに、まだエースは死なないと思っています。
きっと、ギリギリの状態で生きてると思いますよ。
イワさんやジンベエが食い止めたり、
必死に抱えて逃げる可能性もありますからねぇ。
きっと誰かが保護して逃げてくれると思います。
戦争終結後の時間経過が示唆されていることから、
ルフィとともに時間経過中に治療という展開を予想したいです。
エースが死ぬか生きるかまったくわからなくなりましたが、
次週の展開に注目したいですね。


【NARUTO】

ダンゾウは結局普通の人?
けっこういろんな所で噂されてきましたが、
今週の展開を見るとダンゾウは普通の忍びだったようですねぇ。
特に、ダンゾウはうちはイズナなのでは?
と考える人も多かったようで、Google検索にて
「ダンゾウ」と入れると2番目に「シスイ」が予想されます。
しかし、今週の展開では特にうちは一族というわけでもなく、
三代目火影のヒルゼンとライバル関係にあった忍だったようです。
まだ全容が解明されてはいないかもしれませんが、
ダンゾウ=イズナという説は可能性が低くなったようです。
シスイの眼はマダラに回収されたのかな?
最後の技によって死体そのものは消滅していないようなので、
マダラにシスイの眼が渡ったと見ていいのかもしれません。
しかし、ダンゾウも最後まで里のことを考え行動していましたから、
悪役とはいえ里にとって惜しい人物を亡くしたのかもしれません。

サクラの決意は危険?
サイによってサクラの特攻は食い止められましたね。
というより、サスケに挑むことを止めることが目的だったようです。
サクラは自分で解決しようとしてるのかもしれませんが、
そのまま行動していれば香燐同様に殺されてたかもしれません。
しかし、サスケの次なる標的は木の葉そのものですからねぇ。
里に戻ったとしても近いうちに出会うことになるでしょう。
里は現在もまだペイン襲撃による復興は終わっていませんし、
火影も仮にしか決まっていない状況では、
サスケとマダラが攻めこんでくると一溜まりもないかもしれません。
まぁサスケ一人ならナルトが食い止めるかもしれませんがね。
あと気になるのは「根」がどうなるかですね。
トップのダンゾウがいなくなったわけですから、
別の人物が引き継ぐのでしょうけど今後が気になります。


【特別読切第2弾・HACO】

これもレベルが高い方では?
読切としては十分にレベルの高いものではなかったでしょうか。
絵も上手いですし、苦も無く読めたため構成も良さそうです。
物語の設定としては、個人的に先が気になりましたね。
世界がなぜここまで変貌したのか、何年の月日が流れたのか、
などなど読切分では解明されない謎が多々ありましたから、
連載を想定しての読切ということなのでしょう。
連載となるとそれらの謎を解明しながらの旅と
それに伴なうバトルがメインとなりそうです。
あと、最後のページの洸の笑顔は好きですね。
あれだけでも絵は問題ないと思えますよ。
とにかく、連載されたら面白そうなので、
展開によっては人気作になる可能性もあるでしょうね。

連載を前提にした物語
前回の『戦国ARMORS』もそうでしたが、
今回の特別読切は全体的に連載を前提にしているようです。
これまでもそういった作品は少なくないのですが、
露骨に伏線を残しているような気がします。
まぁだからこそ続きが読みたくなるのですがね。
比較的レベルの高そうな読切が揃っていますし、
2作品とも連載されることもあるかもしれません。
次週はギャグのようなのでわかりませんがね。


【PSYREN】

黒宮の正体
黒宮ことアビスは雨宮の心の一部だったんですね。
過酷な戦いの中で封印した心の欠片ってことかぁ。
ようは二重人格のようなものと考えてよさそうです。
処理しきれなくなった負の感情の塊といってるので、
アゲハへの恋心も処理しきれなくなってたのかな?
しかし、アビスも可哀想な境遇だったようで、
深淵に封印されたものの心は心なわけで、
表に出たがってたのでしょうね。
暗い部屋に閉じ込められてるようなものだからなぁ。
ですが、こういった人間らしい感情が残っているということは、
今後も雨宮との共存は可能かもしれませんね。
まぁ無理に抑えこもうとせず共存とはいきませんが、
再び融合できるかもしれません。
いまは昔と違ってアゲハもいますしね。
彼がアビスも含めて雨宮を支えることができるか注目です。

アビスの登場で空気化した
遊坂のことです。先週から空気化してました。
アビスの登場があまりにもインパクトが強くて、
正直、遊坂のことがどうてもよくなってましたよ。
今週もアビスの方にどうしても注目してしまいました。
遊坂もそんなやりとりの中で
「主役を差し置いて何喋ってるんだよ」
とか言ってるのを見ると、やっぱ小物かなぁと思いました。
次週くらいには遊坂との戦いにも決着がつきそうです。
そろそろ、5thステージが始まるかもしれませんし、
遊坂との早期バトルやWISEの早まるメディアへの出演などで
どのように物語が変わるのか気になりますね。



【その他の漫画】

ぬらりひょんの孫
遂に陰陽師と奴良組が結束することになりましたね。目的は羽衣狐討伐ということで一致してますし、なんとか対抗して欲しいと思います。次週は土蜘蛛との戦闘が始まるようですが、案外あっさりと誰かが倒すんじゃないかなぁと思ってます。それにしても、ゆらと雪女のやり取りは面白いですねぇ。ニヤニヤしてしまいますよ。

BLEACH
これって『鏡花水月』による幻覚なのでは?と思ってたのですが、藍染自身の思考も表現されてるってことは現実なのかなぁ。ギンの言っていた想像の域を超える強さってのが来週あたり明らかになりそうです。さすがにこのまま終わることはないでしょうね。幻覚にしろ現実にしろ何かしら生きてると思いますよ。

黒子のバスケ
なるほど。悩みを抱えていたのはむしろ黒子の方だったんですね。読者には火神に問題あり?と思わせといての黒子に問題ありという展開は裏をかかれたようです。火神は黒子へ頼るだけでなく、自分自身で突破する力を手に入れ、黒子はパスだけでなく、自分自身で点を取れる力を手に入れるということでしょうか。しかし、黒子って身体能力が低いからパサーになったわけだから苦労しそうです。シューターにでもなるのか?

SKET DANCE
おおっと!まさかのモモカ→スイッチという構図が見えてきましたよ!これは予想外だったなぁ。てっきりPCのないスイッチをいじる回だと思っていたのに、まさかモモカの恋心の問題に発展するとは。しかし、スイッチは過去のことがありますから、なかなか恋愛とか出来ないんでしょうね。この伏線が今後どのように触れられるか注目です。

家庭教師ヒットマン!REBORN
最後の言葉の意味はなんだろう。久々に「後悔しながら死ぬと復活できる」というリボーン設定が出てくるかもしれませんね。まぁあれはリボーンの弾丸が頭に刺さって発動するものでしたが、物語が複雑になって途中からよくわからなくなったからなんとも言えませんがね。もし、リボーン設定があるとすればツナは死んでも死んでも生き返りそうだなぁ。白蘭倒さないと後悔し続けるでしょうから。

トリコ
うわぁやっぱり3人とも死んでしまったのかぁ。部下たちが生き残る可能性は少ないと思ってましたが、美食會相手に3分も持ちこたえたのは凄いというところか。しかし、今後の物語でシンが登場するたびに部下が現れてやられていくってのはどうかと思うから、そういった展開は避けて欲しいです。

HUNTER×HUNTER
ゴンが凄くキレ者な存在になってきたなぁ。というか、ピトーを見て戦慄してたのが本当に数カ月前か?と思えるほどに成長したような気もします。怒りによるものも大きいでしょうが、かつてのゴンからは予想も出来ないような状態ですよ。ピトーはゴンとの決着を覚悟したようですし、キメラアント編がだんだんと終結に向かってきましたね。

賢い犬リリエンタール
リリエンタールの能力の謎に挑む回でしたねぇ。マリーやゆきが本編で活躍するのはこれが始めてですし、なかなか楽しめた回だったと思います。能力に付いては表面意識ではなく深層意識に反応する可能性が示唆されましたねぇ。しかし、先週の終わりに姿を見せた組織も動くでしょうし、これからが楽しみです。連載終了の可能性もありますが、独特な雰囲気をもつ作品ですのでなんとかガンバッテ欲しいと思います。

保健室の死神
やはりテコ入れが行われたようですね。ギャグ方面への転換がなにかと見て取れるのは私だけでしょうか。病魔も怖い姿ではなく、どちらかと言えば可愛らしい部分があったりしますしね。1話完結型がつづいているのもそのためでしょう。しかし、これはこれで面白くなってきたのでテコ入れで生き残れるかに注目したいです。

べるぜバブ
いやぁまさかのごはんですよーでしたね。しかし、謎の用心棒の正体は分からずのままですし、伏線を残した魔界編になりました。一方で、クラスメイトがすごい事になってますねぇ。いつの間にか校内の実力者が勢揃いしたかのようなクラス編成になってますし、何が起きるんだろうか。そして、次週はついに先生が登場しそうですね。石矢魔の教員たちはほとんど登場してませんが、どういった先生が出てくるのか楽しみです。

バクマン。
福田の保険があるという言い分もわかりますが、エイジの勝ってから文句を言えの方が漫画家にとっては正しいのでしょうね。面白いものが正義というのが漫画界ってことなんでしょう。現実、週刊2本というのは相当大変なことでしょうから有り得ないと思いますが、話題になることは確かですね。まぁ両作ともヒットというのは、比較されることを考えるとよほどの面白さがないと難しいとは思いますが。

めだかボックス
次は阿久根の戦闘が始まるということですかね。もと柔道部の特別ですが、善吉のように兄による訓練を受けてないですし、相手は二人だしこのまま戦えば不利でしょう。誰かが助けに来るのか、それとも一人で勝つのか注目したいです。それにしても、喜界島とめだかの絡みは面白いなぁ。あと、本作のラジオドラマ化が決まってたようです。知らなかった・・・。

ねこわっぱ!
神使たちの活躍だったり、過去の物語だったり、ライバルたちがたまを起こすために立ち上がったりと面白かったのですが、順位は完全に最下位固定になってきましたねぇ。これは次の転換期での打ち切りが確定してきたから、物語も加速してるのかなぁ。たまが立派な神様になったところで終わりそうな気がします。

打ち切りレース考察
ここ最近同じようなことしか書いてないんですよねぇ。まぁ改編が行われなかったから、2クールも同じ予想になりがちなのですが。しかし、『めだかボックス』はラジオドラマ化もあり、とりあえずは生き残りそうな気がします。次の改編では、『ねこわっぱ!』はほぼ確定気味。今週は『PSYREN』、『バクマン』、『べるぜバブ』と順位が低かったですが、これまでのことを考えてもこれは除外。となると、『保健室の死神』、『彼方セブンチェンジ』、『賢い犬リリエンタール』から1~2本になりそうです。う~ん、動きが無いとだんだんと書くことがなくなってくるなぁ。



というわけで、本日の感想は以上です。



では、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!!
拍手&コメントしていただけると嬉しいです。
私のモチベーションが非常に上がります。

ついでに↓のこれも1クリックしてくれると嬉しいです。
クリック数が「にほんブログ村」のランキングに影響されます。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


あまりに記事の上に書く文がなくて先週と同じ内容を繰り返してしまった。そして、この部分も更新し忘れてた。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【WJ】ジャンプ 10号【感想】

ジャンプじゃないけど 【WJ】ジャンプ 10号【感想】

コメント

非公開コメント

No title

読切のhacoおもしろかったですね!
今のところ読切では一番好きな作品です。

連載となればどんどん技も増えていくでしょうしわくわくします。
『芭蕉→旅してた→バイク』はわかるんですが、アウグスティヌスって神学者なのになぜ重力??
みたいにも思いましたが、きっと作者の中では他にも色んな「最期の言葉」とそれに対応した技があるんでしょうね。

アウグスティヌスは時間について思想が有名なんで、時を止める能力に進化するとかだったら、やりすぎで違った意味で面白そうですww

No title

気温が春を思わせる程あるとの報道がありましたが、雪国に住む僕には縁の無い話でしたよ。。瀬戸さんの方はどうでしたか?油断せずに行きましょう!

>ナルト
ダンゾウ普通の人でしたね。。。うちはとは関係無いというそうです
八尾戦では仲間を守りながら戦っていたサスケがカリンを刺すとは意外と言うより悲しかったですね。カリンは死んでしまったのでしょうか?そこは描かれて無いので生きてる可能性もありそうです。
そして生きていたカリンがどんな行動を取るのかも楽しみですね。
サスケに憎しみを覚えるのか?一途に彼を支えるのか?
カリンは出方によってはサスケの目を覚ませる鍵を握る展開を秘めているとも考えています。

にしても、ダンゾウ=悪と言うイメージだけを彼に向けていましたが彼は彼なりに木の葉を守りたいと言う意思を持っていたようで。。。
火影と言う地位に立ち国を掌握しようとしてたのは変わらんでしょうが、愛国心のようなものを感じて同情してしまいそうです

サクラに関しては、サイが一時暴走を止めようとしているようですね
ただサクラの決意は揺るがないようです。
実力は完全にサイが圧倒してますし、真剣に対決する程の事は無いでしょう?同胞ですしね。
この戦いでの最中にナルトがサスケに対する決断みたいなものサクラに告げるとも考えてます。
次週に期待です

Re: あずずさん

コメントありがとうございます!

HACOは連載になっても色々と謎を残しているので、さきを読むのが楽しみな作品になりそうです。特に設定がかぶっているような部分もありませんし、人気次第ではそうそうに連載されるかもしれませんね。最期の言葉による技も新鮮です。「最期の言葉」を絡めながら地球に何が起きたかを解明していく過去編をやったりすると面白いかも。

言葉については、芭蕉のことすら私は気づかなかったですよ。アウグスティヌスなんて始めて聞いたかもしれません^^;

Re: Mさん

コメントありがとうございます!
私の住むところ雪が降ってますよ。というか吹雪で再び車が発進不能の状態になっちゃいました^^;

>NARUTO
サスケはすでにだいぶ変わってしまったということでしょうね。憎しみが優先して香燐を刺したのかなぁ。香燐は生きてる可能性もありますが、倒れた状態からダンゾウの技に巻き込まれたんじゃないか?と心配になります。位置的にそれほどダンゾウが離れてたわけではないですし、最悪の場合ダンゾウに封印された可能性もありそうです。

ダンゾウも暗部ではありましたが、木の葉の忍でしたからねぇ。その辺の裏切り者よりも里のことを考えていたと思います。

サクラの暴走はサイだけでは止められないでしょうね。キバやリーがどちらに判断するかで変わってくるかもしれません。サイは命令で止めるように言われている以上、サクラが独断行動しようとしても力づく(というか一瞬の隙を付いて気絶させる)で止めると思ってます。

お久しぶりでした

先週はお久しぶりでした(笑
書き込みはできませんでしたが毎週見てますー。
瀬戸さんは感想の量が多いのと、いろんな感想を書くってのがすごいですね。少なくとも私より心が純粋な気がします(笑

>ハンター
ゴンはもともと冷静に考えることができ、かつ自分の心に忠実な子でしたよ。対ナックルや対ボマーでも闘いながらきちんと情報を整理していましたし。
完全に静かにキレてる分、容赦ない発言をしているように見えるんだと思います。(キレてあやうい状態)

>サイレン
アゲハは冷静でしたがちょっとアビスがかわいそうでしたね。
これはアビス敵対フラグか?と思いました。バーストの塊として実体化するとか想像してみます(笑

>保健室の死神
言われてみれば確かに病魔もかわいい感じになってますね。
個人的には、ハデス先生に気をつかいはじめる病魔ってのが良かったです。
頼む!生き残ってくれ!

Re: お久しぶりでした

コメントありがとうございます!

私が長文書くようになったのは、あまり長文を書く感想サイトが見当たらなかったからなんですよ。それで、需要がないこともないかなぁと思って始めました。まぁサイト開設後に探したらけっこうありましたけど^^;

>HUNTER×HUNTER
そう言われると確かに冷静に判断してたような気がしますね。このキレてあやうい状態のゴンがピトーとの戦いの中でどうなるのか、キルアがゴンを救えるのかなど今後注目すべき点になりますかね。

>PSYREN
アビスは良い形で残ってくれるのを期待してますね。雨宮とアビスの共存によるパワーアップもありますが、あのキャラを日常やギャグ場面などで活かさない手はないですよ。アビスを見た時のヒリュウやカブト、チルドレンの表情とか見てみたいです。

>保健室の死神
バトル要素を少なめにしてギャグ要素を多くするテコ入れは珍しいですが、これで成功すればいい意味でバトルだけじゃないということを証明する結果になりそうです。テコ入れでバトル展開になることは多いですが、それだけじゃないってことを証明できれば、いろんな漫画が増えるかもしれません。
総訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

瀬戸洋介

Author:瀬戸洋介
職業:大学生

開設:2008年8月末

内容:
週刊少年ジャンプ及び『鋼の錬金術師』など日曜5時アニメの感想をひたすら書きまくるブログ

注意事項:
ジャンプの感想は漫画によって文量に偏りがあります。また、好き嫌いもあるので漫画によっては批判的な感想文になるかもしれません。鋼の錬金術師FAの感想は、他の感想に比べ短くなります。また、鋼の錬金術師FAの感想は内容によっては書かない場合があります。

こんなブログですがそれでも読んでくれる方、有り難う御座います。是非、一読していってください!!!

最近は書いてませんが、漫画やジャンプに関する考察も出来るだけ書いていこうかと考えています。

リンクは基本的にフリーです。一応知らせてくれると助かります。

色々なランキングに参加してますので、↓を1クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。